コロナが空気感染だとデマ記事が出て、エアロゾル感染とのことですが、空気感染とエアロゾル感染の違いは何なのでしょうか?

また、空気感染とエアロゾル感染で感染を予防するのに違いはあるのでしょうか?

 

ということで今回は、コロナで話題になった、空気感染とエアロゾル感染の違いを紹介します。

スポンサーリンク

コロナで空気感染とエアロゾル感染の違いとは!予防策の差や結核との違いは?

空気感染とエアロゾル感染の違いは?

空気感染(飛沫核感染)は水分が蒸発した空気中に漂う粒子を吸ったことで感染する事、エアロゾル感染は空気中に浮遊した粒子で感染すれば総じて使われる曖昧な表現です。

 

感染には空気感染咳(飛沫核感染)や、くしゃみで飛んだ水滴で感染(飛沫感染)というのがあります。

 

空気感染

水分が蒸発した小さな粒子(飛沫核)を吸い込むことで感染すること。

この飛沫核は長時間空気中に浮遊して遠くまで飛んだりと空気中に漂うので、そのまま空気感染する恐れがある。

 

飛沫感染

咳やくしゃみで発生する口から細かい水滴(飛沫)で感染すること。

空気中に漂わずに、すぐに地面に落ちる

この飛沫に病気の原因となる細菌やウイルスが含まれていた場合に、吸い込むことで感染する恐れがある

空気感染 エアロゾル感染
(画像引用元:https://cdn-ak.f.st-hatena.com

 

エアロゾル感染は空気中に漂っている粒子から感染することを指すので、上記の空気感染咳(飛沫核感染)やくしゃみで飛んだ水滴で感染(飛沫感染)も全て当てはまる曖昧な表現だったのです。

 

そして、コロナウイルスはエアロゾル感染とまだ曖昧な表現がされていますが、少なくとも空気感染のような拡散力が高いものではないようです。

エアロゾル感染のエアロゾルとは?

エアロゾル感染の「エアロゾル」とは、空気中に存在する様々な直径の粒子のことを指し、空気中に漂う細かい粒子だろうと、くしゃみで飛んだ水滴で感染(飛沫感染)だろうとエアロゾルに該当します。

 

エアロゾルはWHOでも空気感染(飛沫核感染)もくしゃみで飛んだ水滴で感染(飛沫感染)もどちらも「エアロゾル」と定義しています。

 

そのため、エアロゾルはとにかく空気中に存在する様々な直径の粒子のことを指すという曖昧な表現となっているのです。

スポンサーリンク

コロナと結核の違いは?

結核や麻疹は水分が蒸発した空気中に漂う粒子により感染する空気感染(飛沫核感染)、コロナはエアロゾル感染ですが、空気感染ほどの拡散力はないとされています。

 

 

ちなみに、インフルエンザ等はくしゃみで飛んだ水滴で感染するので、結核や麻疹はウイルスが空気中に漂うのとは違ってマスク等で防ぐことが出来ます。

コロナのエアロゾル感染と空気感染の予防策の方法と違いは?

空気感染はマスクをしても空気に漂っているので空気を清浄化する必要がありますが、コロナのエアロゾル感染はそこまでやらなくともマスクや手洗いやうがいなどで防げると言われています。

 

感染には空気感染咳(飛沫核感染)や、くしゃみで飛んだ水滴で感染(飛沫感染)というのがあり、それによって予防策が変わります。

 

空気感染の予防策

飛沫核の拡散を防止のため、室内環境を減圧したり、高機能のフィルターで空気を清浄化

マスクだけでは防げない

 

くしゃみで飛んだ水滴で感染(飛沫感染)の予防策
マスクや手洗いやうがい等を行う

 

そして、エアロゾル感染は空気感染咳(飛沫核感染)やくしゃみで飛んだ水滴で感染(飛沫感染)も指す曖昧な表現となってるのですが、少なくとも空気感染のような空気を清浄化までは対策をしなくても良いと言われています。

 

そのため、いつもどおり混乱せずに、マスクや手洗いやうがい等を行って感染予防をするのが一番だと思います。

空気感染とエアロゾル感染の違いとは!予防策の差やコロナは結核と違った拡散されない?

空気感染とエアロゾル感染の違いですが、空気感染は空気中にウイルスの粒子が漂って感染するのでかなり拡散される。

エアロゾル感染は空気中に漂う粒子で感染すれば全て当てはまる曖昧な定義なので、空気感染とくしゃみで飛んだ水滴で感染(飛沫感染)も指してしまっているのです。

 

ただ、コロナは結核のような空気感染ほどの拡散力は無いとのことなので、今まで通りマスクや手洗いやうがい等を行って感染予防をするのが一番だと思います。

 

みなさんも、エアロゾル感染という曖昧な表現で混乱していると思いますが、とりあえず今まで通りマスクや手洗いやうがい等を行って冷静に感染予防をしましょう

 

せばな~

スポンサーリンク