コロプラが自社ゲーム「最果てのバベル」で、自社課金・循環取引をしたことでアップル除名で全配信停止になる噂が出ています。

 

そんな、コロプラが循環取引の理由や、自社課金でアップル除名で全配信停止になる理由は?

 

ということで今回は、コロプラ自社課金について、

  • コロプラ自社課金でアップル除名で全配信停止になる理由は?
  • コロプラが循環取引の理由は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コロプラ循環取引でアップル除名と全配信停止?最果てのバベル自社買い!

コロプラ循環取引でアップル除名で全配信停止になる理由は?

コロプラは自社課金・循環取引でアップルの規約を違反していると、アップルデベロッパープログラム除名でアプリ自体を配信できなくなる可能性が出ました。

 

コロプラが行った自社課金をするのは法律に違反しているかは置いといて、ランキングを操作してアップルの信頼性を損なわせた規約違反になる可能性があります。

 

そして、アップルの規約違反でアップルデベロッパープログラム除名となると、アップルで開発・配信がそもそも出来なくなるのです。

コロプラ アップル 除名
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

 

実際にコロプラ自身も法律違反は確認中で、アップルの規約違反の可能性があると語っています。

コロプラによると法律に違反しているかは確認中とした上で「アップルの規約に違反する可能性がある」(広報担当)という。規約違反で配信できなくなる可能性もあるが、コロプラは「現時点では配信は継続しており、中止するといった措置は考えていない」という。

引用:コロプラ、従業員が取引先にゲーム課金を依頼 順位操作目的で

 

このように、コロプラはランキング操作でアップルの信頼を損なわせた罪があり、アップル除名ですべての配信が出来なくなる可能性があるのです。

スポンサーリンク

コロプラ「最果てのバベル」自社課金・自社買いで炎上!

コロプラが自社ゲーム「最果てのバベル」を自社買い・自社課金してセールスランキングを操作する不適切な取引をして炎上しました。

コロプラ(3668)は21日、同社の従業員が自社ゲームのセールスランキングを操作するため、不適切な取引をしていたと発表した。役職者を含む従業員2人が自社の費用850万円を使って自社ゲーム「最果てのバベル」に課金するよう取引先に依頼し、取引先は13日に課金を実施した疑いが判明したという。

現時点で同様の取引はほかに確認できていないというが、第三者を含めた調査委員会を立ち上げるとしている。業績への影響は現時点で軽微だが、調査を踏まえて確定し次第、速やかに開示するという。

引用:コロプラ、従業員が取引先にゲーム課金を依頼 順位操作目的

コロプラ 自社課金
(画像引用元:https://livedoor.blogimg.jp

コロプラ自社課金で循環取引の理由?

コロプラは自社課金して課金した何割のお金が戻って売上を操作し、戻ったお金で自社課金する「循環取引」していると言われたのでした。

 

循環取引とは複数の企業・当事者が共謀し、商品の転売や業務委託などの相互発注を繰り返して架空の売上高を計上する取引手法です。

 

この循環取引をすれば架空の売上高を作り、その売上高で企業の成長性を高いように見せつけて金融機関の融資できたり、債券や株式の新規発行を有利に出来たりと色々出来て問題・不正になる場合があります。

 

そのため、コロプラは自社課金してストアランキングを上げてよく見せ、課金した何割のお金が戻って循環させ、売上高を操作する「循環取引」と言われているのでした。

 

ただ、課金した何割かしかお金が戻ってきていないので完全な「循環取引」とは言えないですが、売上高を操作、ストアランキングで印象操作をしていますね…

スポンサーリンク

コロプラの自社課金は当たり前の理由?

実はコロプラのように自社課金してストアランキングを上げる印象操作や循環取引のような行いは、当たり前という認識もあるようです。

 

なんでも、中国ではかなり自社課金が蔓延しているらしく、このような手法を少なからずやっているとのことです。

 

確かに個人で自社のアプリを数十万円課金ならやるかもしれませんが、今回のコロプラは組織的に会社の金を使っていますからね。

 

なにより、自社課金をしたとしても、他の会社がそれを暴露するはずもないので、本当に当たり前のように自社課金しているかは分かりません。

コロプラ循環取引でアップル規約違反の除名?最果てのバベル自社買い配信停止?

コロプラの「最果てのバベル」自社課金・循環取引は法律違反にならずとも、アップルの規約違反になる可能性が大いにあります。

 

そのため、「最果てのバベル」どころか、他の自社ゲーム配信ができなくなるヤバイこととなるのです。

 

確かにアップルの信頼を損なわせることなので、致し方ないかと…

 

果たしてコロプラは、法律違反に加えてアップル規約違反と、2つの違反をうまく乗り越えることができるのか注目ですね…

 

せばな~

スポンサーリンク