100回目の記念となる甲子園高校野球大会が行われていますが、熱中症被害が各都道府県で報告されていて問題となっています。

 

いったい、どんな熱中症被害が報告されているのでしょうか?

また、熱中症・暑さ対策のグッズや方法はないのでしょうか?

 

ということで今回は、高校野球での熱中症について、

  • 高校野球で熱中症被害まとめ!
  • 暑さ対策や熱中症対策グッズは?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

高校野球で熱中症被害!暑さ対策は?グッズや水分補給方法は?

甲子園高校野球で熱中症被害・対策

熊本市の野球場で応援で22人が熱中症

熊本市の野球場で高校野球の試合をスタンドで応援していた22人が、吐き気やめまいといった熱中症とみられる症状を訴えました

 

2018年7月19日午前11時20分ごろ、熊本市中央区のリブワーク藤崎台球場から、「野球観戦中に複数の人が熱中症の症状を訴えている」と消防に通報。

 

当時、高校野球熊本大会の準々決勝の東海大星翔高校と熊本国府高校の試合が行われ、スタンドで応援していた22人が、吐き気やめまいなど熱中症とみられる症状を訴えたのでした。

 

このうち、11人が病院に搬送され、いずれも意識ははっきりしていると、命に関わるほどではなかったようです。

 

気象台によると、熊本市中央区では19日は朝から晴れて気温が上がり、午前11時半の気温は36度だったとのことです。

岡山の野球場が暑すぎてスタンドでテントOK

高校野球岡山大会が開催されているエイコンスタジアム(岡山県美咲町)では、暑すぎるためテントの持ち込みを呼びかけて熱中症対策をしていました。

熱中症対策 野球
(画像引用元:https://giwiz-tpc.c.yimg.jp

そのため、エイコンスタジアムの観客席は色とりどりのテントが並んだのでした。

 

エイコンスタジアムは連日気温が35度前後まで上がるが日を遮る屋根がありませんでした。

 

あまりの暑さのため、県高野連が応援団や保護者に対しテントの持ち込みを呼びかけ、球場外には選手や応援団が炎天下で倒れないようマイクロバス2台を待機場所もしていました。

 

しかし、それでも、試合中に熱中症で選手たちの足や指がつり、主審が熱中症とみられる症状で倒れて救急車が呼ばれました。

三重県の野球場も熱中症で中断

三重県でもツイッターにて熱中症でランナーが塁上でへたりこんだり、キャッチャーが守備中に倒れて中断していたことを報告されています。

 

そして、このツイートに真夏の炎天下で行う高校野球大会に疑問視と批判が募っていました。

確かに高校の野球部はプロ野球のように代わりもいなく、ぶっ続けでやるので凄く辛く、本当にこのままで熱中症で最悪の事態が起きそうで怖いですね…

高校野球では熱中症になりやすい?

熱中症は暑いだけでなく、体が暑さに慣れていないと熱中症を発症しやすく、梅雨明けで気温が一気に上がって慣れてないのも原因のようです。

 

また、野球は練習・試合時間が長い上に全身をユニフォームで包み込み、防具の装着などによって、汗が体外へ逃げにくいです。

 

そのため、汗での体温調節が出来なかったりと熱中症になったり、暑くて汗を流しすぎて、しかも水分補給ができなくて脱水症状を招いてしまうのです。

熱中症・暑さ対策は?グッズは?

水分補給

まず、兎にも角にも水分補給をきっちりと行うことが大切です。

 

汗がしっかりかけないと体温はどんどん上昇して、熱をカラダに閉じ込めてしまったりと体温調節ができなくて熱中症を発症します。

 

そのため、しっかり汗をかくためにも水分補給は大切です。

練習前から水分補給

練習前から飲むことで脱水を遅らせることが出来ます。

 

練習開始の30分~1時間前に、ペットボトル半分~1本(250~500ミリリットル)の水分補給をしてください。

こまめに少しずつ水分補給

間隔を開けすぎて水分補給をしても、間に合わずに脱水症状になってしまう可能性もあります。

 

一気飲みせずに、少なくとも15~30分間隔で、コップ1杯程度(200~250ミリリットル)は飲んでください。

スポーツドリンクで水分補給

運動中だったりと、発汗により失われたミネラル不足の場合はスポーツドリンクを飲んで水分補給をすると熱中症対策になります。

 

特にハイポトニック(低浸透圧)と記載されているスポーツドリンクがおすすめです。

しっかり睡眠時間の確保

疲れたりすると熱中症を引き起こしやすくなります。

 

しっかり夜更かしをせず、1日7~8時間睡眠をとることで疲れを無くして熱中症対策になります。

スポンサーリンク

しっかり食事を摂る

しっかり食事を取らないと栄養不足で体力が奪われ、夏バテや熱中症になりやすいです。

 

そのため、運動する応援する方は食事を3食しっかり食べて栄養を補給してください。

体を冷やす

冷水タオルだったりと、首の後ろ、脇の下、脚の付け根などを道具を用いて冷やすことで、体温を下げて熱中症対策をします。

 

今は冷水タオルだけでなく、様々な長く体を冷やす便利なグッズが多いので下記のグッズを購入して活用してください。

こまめに着替える

汗をかいたままの服だと、体の熱が放熱されずに熱がこもり、熱中症になってしまいます。

 

そのため、汗をかいたらこまめに着替え、服もなるべく吸収性の良い素材、白っぽいものを着用してください。

高校野球で熱中症被害まとめ!暑さ対策でグッズや水分補給をしっかり!

高校野球で球児や応援する方だったりと熱中症が起きております。

 

一番良いのは暑い時間帯を避けたりすればいいのですが、なかなかしてくれないと思います。

 

そのため、自分の身を守れるのは自分だけと、水分補給をしっかり取り、様々な便利な熱中症対策グッズを駆使して自分で対策してみてください。

ヨシコヨシコ

高野連は重い腰なので期待しないで、
過剰なくらい自分で対策するしか無いのが今の現実的かと。
せばな~