コインチェックのNEM約580億円分が不正に外部送金問題が話題となっています。

 

そんな被害を被った方々への返金は出来るのでしょうか?

そもそも、なぜ流出してしまったのでしょうか?

 

ということで今回は、コインチェック問題で返金可能か、なぜ流出したのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

コインチェック返金はホワイトハッカーが救済?流出理由は?

コインチェックは約580億円の仮想通貨を不正出金されてしまいました。

そのため、コインチェックは利用者の一部入金、出金、売買を停止したのです。

 

その影響で、コインチェックで不正流出した仮想通貨「NEM」だけでなく、よく知られるビットコインも大暴落してしまいます。

 

また、一部入金、出金、売買を停止したため、コインチェックで他の仮想通貨を取引していた方々も取引が出来ずにお金はどうなるのかと困っている状況なのです。

コインチェック約580億円流出理由は人材・技術不足?

常時ネットにつながっている状態で管理

通常は仮想通貨を扱う取引所では不正アクセス対策として、顧客の口座に当たる「ウォレット」をインターネットに接続していないコンピューターで管理する事が多いです。

 

しかし、コインチェックでは技術的に難しく対応できる人材が不足していたため、常時ネットにつながっている状態だったのでした。

マルチシグを使っていなかった

不正アクセス対策として、アクセスに必要な鍵を複数に分割させて、 一定数以上の鍵を合わせないとアクセスできない「マルチシグ」という方法があります。

 

このマルチシグで鍵を分割させればパスワードが一つ流出したりしても、ビットコインの盗難を防ぐことができ、ハッカーも複数あると同時に攻撃する必要があるのでセキュリティが何倍も上がるのです。

 

そんな、仮想通貨業界では当たり前の不正アクセス対策「マルチシグ」をコインチェックは使わなかったのです。

 

そのため、技術的に難しく対応できる人材が不足でずさんな管理実態に、仮想通貨業界では「通常では考えられない」と批判されているほどです。

コインチェック返金は?

返金は絶望的?

コインチェックの利用規約には「登録ユーザーが被った損害の賠償責任をいっさい負わない」という内容の一文が17条5項にハッキリと書かれています。

 

そのため、たとえコインチェックのミスでサービスが停止したり削除されり、データが消失したり盗難に遭っても、泣き寝入りするしかないのです。

 

実際に記者会見もほとんどの質問に「検討中です」で返答しており、そのまま倒産して終わってしまう可能性も大いにあるとのことです。

 

また、コインチェックの和田社長は、6億ですら補填は無理と言っていることから、土台580億円も補填出来るわけがありませんでした。

コインチェック 返金
(画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp

ホワイトハッカーやネム財団がハッカーを追跡!

コインチェック会社自体には期待ができませんが、代わりにホワイトハッカーが現在犯人を追跡・包囲網を敷いているのです。

 

ホワイトハッカーはNEMコミュニティの日本人開発者で、仮想通貨「NEM(ネム)」流出事件を受け、ネム技術の発展を推進する「ネム財団」が立ち上がったのです。

 

そして、流出資金の自動追跡プログラムの開発を開始し、24~48時間以内に稼働開始可能とのことです。

 

さらに、取引所に対して犯人のアカウントを判別する方法を伝えており、犯人は換金が出来ないように処置して包囲網を張り巡らせています。

 

そのため、身代金を支払うことを条件に盗難分を返金したりと、被害を被った方への返金の可能性が出てきたのです。

「コインチェックの事件は仮想通貨を破壊する可能性がありました。
しかしコミュニティとコインチェックのチームは最初から最後まで完全な透明性を担保し、このような恐怖に打ち勝ちました。勝者はハッカーではなく我々です。」

コインチェックは技術不足でダメダメが露呈しましたが、仮想通貨の「NEM」の技術力の強さ・凄さを知らしめることになったのです。

スポンサーリンク

コインチェック、盗まれたお金を返金?実は罠だった!

コインチェックは盗まれた対象となる約26万人のNEMの保有者に対し、以下の通り、盗まれたお金を返金すると報告しました。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

引用:不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について

 

ところがこの返金ですが、返金されたとしても大損+人によっては莫大な税金を取られてしまう最悪な罠がしかれていたのでした。

 

そのため、この発表に盗まれて返金保証された方々が激怒していいるのでした。

コインチェック返金はホワイトハッカーが救済で戻る?流出理由は技術・人材不足

コインチェックは技術・人材不足により、仮想通貨業界では当たり前の不正アクセス対策をしないずさんな管理のせいでした。

 

そして、規約にも書いているのでコインチェックからの返金は絶望的です。

 

しかし、盗まれたNEMの団体が立ち上がり、現在犯人の包囲網を巡らせて返金は出来る可能性があるようです!

 

そのため、現状はコインチェックによる期待はできませんが、NEM団体を期待を寄せましょう。

 

せばな~

和田晃一良社長の性格悪ツイッターまとめ!鬼畜でカイジ?人を見下す?