以前に高速道路で停車して大変な事故が起きて話題になりましたが、現在も新東名下り静岡県内の高速道路で煽り運転で停車するDQNが話題になっているようです。

 

そんな、高速トンネル煽り運転・停車DQNはどんな方なのでしょうか?

 

ということで今回は、高速トンネル煽り運転・停車DQNについて、

  • 高速トンネル煽り運転・停車DQNの動画がヤバイ!
  • 高速トンネル煽り運転・停車DQNの対策・対処法は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

高速トンネル煽り運転・停車DQNの動画!対策・対処法は?

2018年8月4日に新東名下り静岡県内にて高速道路で煽り運転をした挙げ句、高速トンネル内で停車するDQNがいたようです。

動画を見れば分かりますが、DQN煽りに煽りまくったあげく、最後は高速トンネルで停車して降りてくるという暴挙に出たのです。

 

しかし、賢い被害者は証拠となる動画を残し、外に出れば轢き殺される、絡まれることを考慮してドアを締めて対処していたのです。

 

そのため、DQNは証拠の動画を撮られて焦り、被害者の車に傷をつけて逃げ帰ったのでした。

犯人は常習犯?ナンバーモロバレでおもちゃにされる

そんなDQNのナンバーはモロバレで、しかもナンバーから連続で絡んでいた常習犯だったことが判明します。

やはりこうゆう輩は、同じことをしていろんな方々に迷惑をかけているようです。

 

そしてこのDQNはネットのおもちゃにされるのでした…

スポンサーリンク

煽り運転DQNに絡まれた時の対処法は?

あのような煽り運転DQNに絡まれた時は、上記の動画のように不全とした態度で絡まれないようにして、証拠を残すのが効果的のようです。

 

また下記の対策をするのが有効そうです。

 

確かにまずは安全な所に停車し、相手に絡まれないように、しかも高速道路で外に出るのはかなり危険なので窓を閉めドアロックで、不全とした態度で証拠を撮るのは効果的です。

 

そして、イキっている、調子に乗っているだけなので、これ以上相手を調子に乗らせないようにクラクションだったりと威嚇すればすぐに負け犬のように立ち去るようですね。

高速トンネル煽り運転・停車DQNの動画!常習犯で対策・対処法は証拠を残して争わない!

あれだけの事件があったにも関わらず、またしても高速道路で煽り、停車して何度も絡んでくるDQN。

 

そして、証拠を残しまくって逃げ帰り、ネットのおもちゃにされる始末でした。

 

そんな輩は争いは同じレベルの者同士でしか発生しないと考え、車を安全な所に止めて絶対に降りずにドアをロックし、証拠を残して毅然とした態度を取りましょう!

 

せばな~