小室哲哉さんが浮気疑惑の報道を受け、引退することが分かりました。

 

しかし、小室哲哉さんは現在も手がけている芸能活動があり、ラストアイドルもその1つです。

 

そんな小室哲哉さんのラストアイドルを含めた活動はどうするのでしょうか?

 

ということで今回は、小室哲哉さんの引退を受けて、音楽活動はどうなるのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

小室哲哉引退でラストアイドルは?音楽終了?

小室哲哉 プロフィール

小室哲哉 引退
(画像引用元:http://bunshun.jp

生年月日    1958年11月27日
出身地     東京都府中市
活動期間    1975年 ~
職業      音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、編曲家等

 

1974年ニューミュージックのアマチュアバンド「哀婉」で活動を開始し、1983年に「TM NETWORK」を結成し、リーダー、作曲・編曲・シンセサイザー演奏を担当していました。

 

「TM NETWORK」としては1987年に発表した「Get Wild」で一躍人気バンドとして名乗りを上げました。

 

それと並行し、渡辺美里、荻野目洋子、おニャン子クラブの福永恵規、堀ちえみ、中山美穂、松田聖子、小泉今日子、宮沢りえ、観月ありさ、牧瀬里穂、中森明菜等と楽曲を提供して作曲家としても活躍を果たします。

 

1994年からは観月ありさ、篠原涼子、trf、hitomi、内田有紀、H Jungle with t、dos、globe、華原朋美、安室奈美恵等と、多数の作詞、作曲、編曲と音楽プロデュースを兼任。

 

更に作詞、作曲、編曲と音楽プロデュースした曲は、1994~1999年の間に数々のミリオンセラーやヒット曲を打ち出し、小室ブームという社会現象を起こすほどでした。

 

ところが、1990年代後半になると勢いが失速し、つんく♂・宇多田ヒカルの台頭には衝撃を受けて感覚の相違・引退を意識させられるほどでした。

 

それだけでなく、5億円詐欺事件により懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を下されたりと苦難が続きます。

 

しかし、2010年から音楽プロデューサーとして復帰し、AAA、超新星、SMAP、北乃きい、浜崎あゆみ等と楽曲を提供し、音楽プロデューサーとして活動と挑戦を続けていました。

小室哲哉が浮気報道で引退?

2018年1月17日に週刊文春にて、看護師と浮気していたことが報道されました。

 

この報道受け、2018年1月19日に記者会見を開きましたが、不倫を否定するとともに、引退を宣言しました。

「僕なりのけじめとして引退を決意しました」

「僕から音楽の道を退くことが、私の罪であると思いました」

「自発的な音楽活動は本日をもって終了させて頂きます。35年近く、本当にありがとうございました。心から感謝します」

 

そして、引退は週刊文春が後押しして引退を決めたようでした。

「週刊文春さんが起爆剤になったというのはおかしいですが、頭をもたげていたものが急に突発的に出てきた。考えていたのは人生60年…これから、どうやって生きていくか自問自答していたので、ある種の引き金にはなった。(引退は)たった1人の判断です。誰にも相談していません。」

 

また、休止ではなく引退を決めたことも理由を述べていました。

「自粛をする、休止すればいいんじゃないか…みたいな償い方より、やっぱり、いけないことをし、お騒がせしてしまった時は自分が出来る最大限をしなければいけないんだなというのが重なった。
僕の中での最大の結論になっちゃったのかなと思います。」

 

小室哲哉さんに曰く、自分ができる最大限の償いが”引退”しかなく、相談せずに自分で決めて引退をしました。

 

とうぜんのごとく、この小室哲哉さん引退への反対が多く寄せられており、「安室奈美恵より先とは…」とプロデュースした引退宣言している安室奈美恵さんを引き合いにもしていました。

スポンサーリンク

小室哲哉プロデュースのラストアイドルは?自発的な音楽活動だけ?

小室哲哉さんは引退を決めましたが、勝ち抜きアイドルオーディション番組「ラストアイドル」に参加中で「ラストアイドル」のプロデュースを担当することが決定しています。

小室哲哉 引退
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

そのため、現在は「ラストアイドル」について対応中で、プロデュースを継続するかは、現時点で未定とのことです。

 

そんな小室哲哉さんは「自発的な音楽活動を終了」と発言しました。

 

つまり”自発的”でなければ続ける可能性があり、ラストアイドルも最低でも区切りができるまで続けると思います。

 

なにより、これだけ引退に否定的な声が多く需要があるため、自発的にはできないが、音楽関係者からの依頼で続けていくのかもしれません。

追記:ラストアイドルは継続

引退を発表した小室哲哉さんですが、「ラストアイドル」のプロデュース企画を継続することが分かりました。

 

そのため、予定の変更もなく、番組が続き、小室サイドもこれを了承しているとのことです。

小室哲哉引退でラストアイドルは?自発的な音楽終了で依頼があれば続ける?

小室哲哉さんは引退宣言し、「自発的な音楽活動を終了」と言いました。

 

しかし、言葉遊びになってしまいますが、「自発的」ではなく、相手からの依頼なら行う可能性があり、ラストアイドルも出来れば続けてもらいたいですね。

 

そして、できればファンの期待に応えて、KEIKOさんの事も含めて落ち着いたら、自発的な音楽活動も復活させてもらいたいです。

小室哲哉引退にエハラマサヒロ文春批判?堀江貴文に舛添も?反応は?

せばな~