山尾志桜里議員と倉持麟太郎さんの不倫ですが、これに漫画家の小林よしのりさんも関係していると噂が出ているようです。

 

いったい、なぜ漫画家の小林よしのりさんが山尾志桜里議員の不倫に関与していると噂が出たのでしょうか?

 

ということで今回は、小林よしのりさんと山尾志桜里議員、さらに不倫相手である倉持麟太郎さんとの関係を調査したいと思います。


スポンサーリンク

小林よしのり プロフィール

小林よしのり 山尾志桜里
(画像引用元:http://static.blogos.com

本名      小林善範(読み同じ)
生年月日    1953年8月31日
出身地     福岡県福岡市
職業      漫画家
活動期間    1976年~
ジャンル    ギャグ漫画、風刺漫画、時事漫画

 

1976年に「ああ勉強一直線」を投稿しデビューし、「めざせ東大!」「ああ東大一直線」と掲載されて、4作目の「東大一直線」で連載されるようになりました。

 

それから打ち切りに合ったりしますが、「いろはにほう作」で週刊少年チャンピオンで連載を行っています。

 

そして、1986年からコロコロコミックで連載された「おぼっちゃまくんが大ヒットして、小林よしのりさん自身もブレイクを果たすことが出来ました。

 

1992年にはヒット作「ゴーマニズム宣言」をSPA!でで連載しており、2006年にはストーリーギャグ漫画として「遅咲きじじい」をビックコミックにて連載を開始しています。

 

小林よしのり山尾志桜里の不倫に関与?浮気相手の倉持麟太郎との関係性は?

週刊文春では2017年9月5日に山尾志桜里議員とイケメン弁護士の倉持麟太郎さんとの不倫報道をしました。

 

そして、山尾志桜里議員とイケメン弁護士の倉持麟太郎さんと一緒に写っている画像も発見されており、交流はあったようです。

倉持麟太郎 山尾志桜里
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

そのため、プライベートでの交流は明らかで、そのまま不倫関係になってしまったように見えます。

スポンサーリンク

小林よしのりは山尾志桜里議員と倉持麟太郎弁護士と交流がある?

「さきほど再び週刊文春から電話があったが、自信満々だから記事を見るしかない。今日は電話だらけ。木曜になったらバレてしまうが、めんどくさいことになったなあ」

小林よしのりさんは日発売の「週刊文春」に自身に関する記事が掲載されることを予告し、「めんどくさいことになった」と吐露していました。

 

そしてこのことについて「週刊文春」は、先に報じられた山尾志桜里議員い関係することではないかと噂されています。

 

実際に小林よしのりさんは山尾志桜里議員を総理にする会・代表と公言するほど信頼し、浮気について自身のブログで語っていました。

山尾志桜里はわしが女性初の総理になれる逸材だと期待していただけに不倫スキャンダルは残念だ。
ネットではいまだに「ガソリーヌ」と呼ぶ嫌がらせが続いていて、だが汚名挽回は間もなくと思っていたのに、今度は「ウワキーヌ」と言い出した。

明日発売だから、まだ見ていないので、何とも分からない。
特に写真が重要だ。
シティホテルに入っていく写真なら、まだ言い訳は立つが、ラブホテルだと難しい。

現在の世相は恋愛スキャンダルより、不倫スキャンダルの方が厳しい。
貧困層が増えているから、不倫なんて既得権益者の特権と見られるのだ。
わしにはその特権があって当然だと開き直れるが、政治家は違う。
中間層の下位部分と、貧困層の支持を失ってしまう。

山尾志桜里は「事実無根」を決め込むしかない。
認めたら家庭が崩壊してしまう。

わしは山尾志桜里を総理にする会・代表だが、まだ代表を降りるつもりはない。

引用:政治家の不倫沙汰は許されないが・・

 

更に小林よしのりさんと山尾志桜里議員が一緒の画像が何枚か撮られており、それどころか倉持麟太郎弁護士と3人一緒の写真も見つかっています。

小林よしのり 山尾志桜里
(画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp

小林よしのり 倉持麟太郎
(画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp

このこのことから山尾志桜里議員だけでなく、不倫相手とされる倉持麟太郎弁護士とも関係があり、この二人の不倫に関与していると疑われているようです。

小林よしのりは山尾志桜里の不倫で取材?浮気相手・倉持麟太郎と関係性が明らかに?

山尾志桜里議員とその浮気相手・倉持麟太郎弁護士ですが、この二人と一緒に写っていたりとブログでもコメントをしたりと怪しさが増しています。

 

これも9月7日発売の週刊文春にて分かると思いますので、どうなるか倉持麟太郎さんと山尾志桜里さん、そして小林よしのりさんの3人の動向が気になります。