落選して議員では無くなった金子恵美さんですが、現在はそれで良かったと思っているようです。

 

そんな、落選して良かったと思えた理由は?

また、金子恵美さんは顔つきから韓国人と噂されていますが本当でしょうか?

 

ということで今回は、金子恵美さんが韓国人かと、落選後の現在はどうなっているのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

金子恵美は韓国人!両親が帰化?落選後の現在は良かった?

金子恵美 プロフィール

金子恵美 かわいい
(画像引用元:http://bunshun.ismcdn.jp

生年月日    1978年2月27日
出生地     新潟県西蒲原郡月潟村(現新潟市南区)
血液型     O型
出身校     早稲田大学第一文学部

 

2000年に大学卒業後は新潟放送でアルバイト勤務し、後に韓国の梨花女子大学校に留学と経験を積んでいった金子恵美さん。

 

2007年には新潟市議会議員選挙に南区選挙区から出馬し、4,244票を獲得しトップ当選して議員となります。

 

2010年に新潟市議を1期目の任期途中で辞職しましたが、吉沢真澄の死去に伴う新潟県議会議員補欠選挙に出馬して無投票で当選します。

 

2012年に新潟県議を辞職し、第46回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で新潟4区から出馬して当選し、二階派に入会します。

 

2014年の第47回衆議院議員総選挙でも再選し、2015年5月には同じ二階派所属の宮崎謙介さんとの結婚も果たしました。

 

しかし、2016年2月の金子恵美さんが妊娠中に宮崎謙介のゲス不倫が発覚し、同年2月16日に宮崎は議員辞職しました。

 

さらに2017年10月に第48回衆議院議員総選挙では自由民主党公認で出馬したが、比例復活での当選も出来ず落選します。

金子恵美は韓国人?両親が帰化?

金子恵美さんは顔つきのせいか、2003年以降に韓国の梨花女子大学校に留学していたせいか韓国人と噂されています。

金子恵美 韓国
(画像引用元:https://rr.img.naver.jp

実際に金子恵美さんは両親は韓国人であり、韓国生まれということを認めています。

 

そんな、金子恵美さんの父親の故郷は月潟村で村長とのことです。

 

そのため、韓国人で両親と帰化し、在日である可能性は高いようです。

スポンサーリンク

金子恵美の落選後の現在は?育児に専念で良かった?

金子恵美さんは落選しましたが、自分たちの手で子育てできるようになって、ある意味良かったと考えているようです。

 

実は政治活動をしていた時のコソもが生まれて1年9ヶ月の間、金子恵美さんの両親と主人に育児を任せっきりにしていたので、子供は金子恵美さんの言うことは全く聞いてくれなかったようです。

 

旦那はゲス不倫後の現在は、育児、料理など家事全般をこなす“イクメン”生活を送っており、家事・育児を任せていました。

金子恵美 韓国
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

 

それから、落選後に金子恵美さんは育児を行うようになり、議員としてお話を聞くのとやってみるのとはぜんぜん違うことを痛感したようです。

議員時代、子供に対して“誰が愛情を注いだかより、どれだけ愛情を注いだかの方が大事だ”と思っていました。
母である私が忙しくして家を空けることが多くても、夫なり私の母なり保育園の先生なり、たくさんの人が息子に愛情を注いでくれればきっと良い子に育つと。
でも、今思えばそれも言い訳だったのかもしれない。
それくらい、子育てに向き合って感じることは多いですね。

こうして、議員を続けていたら体験することが出来なった育児に向き合うことが出来て、結果的にはよかったと思っているようです。

金子恵美は韓国人で両親が帰化か?落選後の現在は育児に向き合う!

金子恵美さんが韓国人というのは事実であり、在日や帰化というのも信憑性は高いようです。

 

また、落選後は議員だったらできなかった育児に向き合う事ができて、結果的に良かったと現在は前向きに考えているようです。

 

そんな落選してしまった金子恵美さんですが、今後はメディアではどんな活動をしていくのか注目です。

 

せばな~