2017年7月7日に「怪傑えみちゃんねる」に出演した木下ほうかさんは山本耕史さんの事が大嫌いだったことを告白して話題になりました。

 

そんな木下ほうかさんが山本耕史さんの事が嫌いだった要因の一つである「挨拶をしない」ですが、なぜ山本耕史さんは先輩である木下ほうかさんに挨拶をしなかったのでしょうか?

 

ということで今回は、木下ほうかさんが山本耕史さんを嫌いになった理由と、山本耕史さんがあえて挨拶をしなかった理由を調査したいと思います。

スポンサーリンク

山本耕史が挨拶しない理由は?木下ほうかが嫌いになった理由は?

山本耕史 プロフィール

山本耕史 挨拶しない
(画像引用元:http://nicomachus.jp

生年月日    1976年10月31日
出生地     東京都新宿区
身長      179 cm
血液型     B型
職業      俳優、歌手
ジャンル    映画、テレビドラマ、舞台
活動期間    1976年~

 

0歳から乳児モデルとして芸能界デビューを果たした山本耕史さんは、1987年10歳の時に日本初演「レ・ミゼラブル」で舞台デビューを果たしています。

 

そして1993年の人気ドラマ「ひとつ屋根の下」に出演したことで知名度を上げ。1995年「さんかくはぁと」にて連続ドラマ初主演を果たしています。

 

さらに1996年アニメ「花より男子」にて声優で、1997年にはシングル「IMAGINE」をリリースして歌手デビューを活動の幅を広げていきます。

 

1998年にはブロードウェー・ミュージカル「RENT」の日本初演したことが影響で、海外に目を向け、23歳の時に3か月間ニューヨークで暮らしたりと勉強家でもあります。

 

2004年大河ドラマ「新選組!」に出演したことで人気を博しており、視聴者の要望から2006年に大河ドラマ初の続編スペシャルドラマが制作されたりとヒットします。

 

その活躍の影響もあり2005年「紅白歌合戦」では司会を務めてたりと活躍しています。

 

2010年にはロックミュージカル「GODSPELL ゴッドスペル」で初めて演出を手掛け、主演を務めています。

 

2016年には大河ドラマ「真田丸」で3度目の大河ドラマ出演をしており、真田ブームを引きをこす立役者の一人として活躍しました。

木下ほうか プロフィール

木下ほうか 山本耕史
(画像引用元:http://newsimg.music-book.jp

本名      木下鳳華
生年月日    1964年1月24日
出生地     大阪府大東市
血液型     O型
職業      俳優
ジャンル    映画・テレビドラマ
活動期間    1980年代~
事務所     キャストパワー

 

裕福な家庭で育った木下ほうかさんは1980年の16歳の時に映画「ガキ帝国」オーディションに応募し合格をきっかけで俳優デビューしています。

 

大学卒業後は吉本新喜劇に入団しましたが目立たず、3年で退団し、1989年に島田紳助さんの助言から井筒和幸さんに頼って上京して活動を始めます。

 

それからVシネマを中心に活動をしていますが、ドラマ「土曜ワイド劇場」「水曜ミステリー9」「スカイハイ2 」等とチョイ役ですが、様々なドラマ等に出演してきました。

 

そして2014年バラエティ番組「痛快TV スカッとジャパン」にてイヤミ課長シリーズにより、個性派俳優として人気を博します。

 

そんなバラエティ番組の活躍のおかげでテレビドラマやバラエティ番組への出演も増え、人気バイプレイヤーの一人として活躍しています。

木下ほうかが山本耕史を嫌いだった理由は?

「堀北真希を持っていきやがって…といううらみつらみ」

「(山本耕史が)大っ嫌いやった」

2017年2月ドラマ「スリル!黒の章」で共演した木下ほうかさんと山本耕史さんですが、木下ほうかさんは好きな堀北真希さんを持っていかれたこともあり大嫌いでした。

 

そして現場では山本耕史さんは年上なのに木下ほうかさんに挨拶をせずに、更に木下ほうかさんは嫌いになっていきます。

 

しかし木下ほうかさんは撮影が3カ月あるからこのまま仲が悪いのはマズいと思い、木下ほうかさんの方から挨拶をしました。

 

すると山本耕史さんは子犬のように可愛い表情に、木下ほうかさんはイチコロでメロメロになってしまいました。

スポンサーリンク

山本耕史が木下ほうかに挨拶をしなかった理由は?

「あえてあいさつしないようにしてるんです。失礼とは分かってますけど」

山本耕史さんは芸能界で“キングオブ共演者キラー”の異名をとり、女優だけでなく男優さえも魅了してしまうほど方です。

 

実際にあのめったに人付き合いしない香取慎吾さんを口説き落とし、現在は親友と言われるほど仲が良いです。

山本耕史 挨拶しない理由
(画像引用元:https://i2.wp.com

さらに現場を盛り上げたりと積極的で社交性のある方で、6年間片思いだった堀北真希さんを口説きを賭すほどの実力者です。

 

そのため、単に木下ほうかさんに挨拶をしないのではなく、相手を口説き落とす手段と、駆け引き上手だったのではないかと思います。

 

実際その後に山本耕史さんに木下ほうかさんは魅了されているので、もしかしたら木下ほうかさんのみたいなタイプは相手から挨拶させて口説き落とす事が出来ることを知っていたのかもしれませんね。

 

また芸歴を見ると、山本耕史さんは0歳からデビューしているので、木下ほうかさんよりも芸歴が長く、単に芸能界としては先輩だったからというのもあるかもしれません。

挨拶しない理由は口説き落とすため?木下ほうかは山本耕史が嫌いから大好きに!

社交性があり、人付き合いが積極的な山本耕史さんですから、木下ほうかさんにあえて挨拶をしなかったのは駆け引きで口説き落とすためだったようですね。

 

案の定木下ほうかさんはメロメロになっており、流石”共演者キラー”という異名を持っているだけなりますね。

 

今後もその共演者キラーで男女問わずどんな方々を口説き落とすか見ものです!

 

せばな~

スポンサーリンク