平昌五輪が行われていますが、北朝鮮応援団が金日成(キム・イルソン)の若い頃のお面を付けて応援して話題になっているようです。

 

そんな、金日成(キム・イルソン)の若い頃のお面は、本当に似ているのでしょうか?

 

ということで今回は、お面が金日成に似ているのかと、なぜ仮面を付けたのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

平昌五輪で金日成お面?似てるか画像比較!なぜ北朝鮮が仮面を付けた?

平昌五輪が行われている2018年2月10日に平昌オリンピックの女子アイスホッケーの「コリア」(南北合同チーム)対スイス戦。

 

しかし、五輪初の南北合同チームの記念すべき初陣で、観客席の北朝鮮応援団が金日成のお面をつけて応援していたのです。

金日成 お面
(画像引用元:https://o.aolcdn.com

そして、このお面は「1994年に死去した金日成主席の若い頃の写真をプリントした仮面」と報道し、問題となっていたのです。

 

そんな、お面が若い頃の金日成に似ているか比べてみると…

金日成 お面
(画像引用元:https://o.aolcdn.com,http://app.qingdaonews.com

やはり、修正しまくっているように見えます…

 

そのため、統一チームを応援するはずの北朝鮮の応援団は、お面を付けて北朝鮮一色の応援団となり、周りからはお面を付けた異様な光景に「怖い」「集中できない」と反応しました。

平昌五輪で金日成お面の意図は?

そんな、平昌五輪で統一チームを応援するはずの北朝鮮の応援団は金日成お面をつけ、政治色をむき出していました。

 

そのため、韓国の「正しい政党」所属のハ・テギョン議員は「北朝鮮の応援団は、堂々と金日成の仮面をつけて応援するのですね。ここを平壌オリンピックだと考えているのでしょう」とTwitterに投稿しました。

 

ところが、韓国・統一部は「金日成の仮面をつけて応援する北朝鮮の応援団」といった報道は誤りで、朝鮮が自らそのような表現をすることは決してないと確認したと発表しました。

 

しかし、それなら誰のお面を付けていたのか意図が全くわからず、やはり政治色むき出しで、アピールをしたかったのが妥当でしょ…

スポンサーリンク

平昌五輪で金日成お面が修正しまくりで似てない?北朝鮮が仮面でアピール!

統一チームを応援するはずの北朝鮮の応援団は金日成お面をつけるという、相変わらず周りの空気を読まずに政治色むきだしにしてしまったようです。

 

そのため、韓国は金日成の仮面ではないとあやふやな回答で火消しをしており、コリア韓国も面倒なことになっていますね…

 

本当に北朝鮮は自分の事にしか考えていない、調和を乱すと思わせる事件でした…

 

せばな~

平昌五輪 悪天候・悪条件まとめ!強風ジャンプでスノボは中止と最悪?