「キムラフーズ」がパワハラ言及で「裁判してみれば?」と煽っておいて負けるみっともなさが話題になっています。

 

そんなキムラフーズとはどんな会社で、どんなパワハラをしていたのでしょうか?

 

ということで今回は、パワハラのキムラフーズについて、

  • キムラフーズのパワハラとは?裁判煽って負ける?
  • キムラフーズとは?代表は誰?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

キムラフーズのパワハラ代表は誰?裁判で社長が煽って負ける…

キムラフーズのパワハラとは?

キムラフーズは暴行や根拠もない減給というパワハラをし、「裁判でも何でもどうぞ」と煽って裁判に負けたことが話題になりました。

 一方的に給与の減額を通告され、会社の代表から「裁判でも何でもどうぞ」と言われたなどとして、男性従業員が勤務する福岡県飯塚市の製菓会社を相手取り、減給の無効確認や慰謝料などを求めた訴訟の判決が15日、福岡地裁であった。

山田智子裁判官は、給与引き下げを「無効」と認定、慰謝料として計70万円の支払いも命じた。

判決によると、男性は2017年2月、勤務先の「キムラフーズ」から月給を5万円減額すると通告された。異議を唱えると、代表から「裁判でも何でもどうぞ」と言われ、その後、7万円を減額された。16~17年には仕事のミスなどの際、代表らから背中をたたくなど暴行を受けたり、「全く信用していない」「給料を下げてくださいと言え」などと言われたりした。

判決は「会社は男性の同意も就業規則などの明確な根拠もなく、減給した」と指摘。暴行や発言については「侮辱的な言葉や威圧的な言動を繰り返し、人格権を侵害した」と判断した。

引用:給与減額「裁判でも何でもどうぞ」 製菓会社に賠償命令

キムラフーズ代表は、裁判をするのは費用がかかるからやらないと高をくくっていたのでしょう。

 

ところが、社員は自分の名誉のために裁判をして、キムラフーズは裁判で負ける赤っ恥をしたのです。

 

請求額は70万円と少ないですが、これによりキムラフーズはパワハラだけでなく、「裁判と煽って負けた」という不名誉なレッテルが貼られて代償は大きいことでしょう。

キムラフーズとは?代表は誰?

キムラフーズは福岡県の製菓会社で主な商品は甘納豆と棒ジュースのようです。

昔ながらの製法で原材料にこだわり、お客様に喜んでいただけるよう丹精込めて作っているようです。

 

そして、気になるパワハラ代表ですが、会社概要はお菓子の会社らしくポップな感じになって、分かりませんでした。

キムラフーズ 裁判
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

パワハラという事実が分かると、上記の画像がふざけて不謹慎と感じてしまいますね…

訴えた社員その後は?

キムラフーズの社員によると、訴えた社員はそのまま働いているとのことです。

まさかの訴えた社員が現在もキムラフーズで働いているとは中々の強心臓ぶりですね…

スポンサーリンク

キムラフーズパワハラの反応

キムラフーズのパワハラ代表は誰?裁判で社長煽って負けて炎上!

キムラフーズの代表は「裁判すれば?」と煽って本当に裁判をされ負けるという醜態を晒しました。

 

この失態により、請求額は70万円ですが、「煽って負けたパワハラ会社」のレッテルが貼られ、被害は甚大となるでしょう。

 

しかし、まさかの訴えた社員が現在もキムラフーズで働いているとのことですが、大丈夫なのでしょうか…

 

せばな~