日本がセネガルと引き分けで大盛り上がりですが、GKの川島永嗣選手がパンチングミスでまたしても世界から酷評されているようです。

 

そんな、川島永嗣選手のロシアワールドカップでの酷評とは?

 

ということで今回は、川島永嗣選手について、

  • コロンビア戦での川島永嗣選手の酷評
  • セネガル戦での川島永嗣選手の酷評

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

川島永嗣 プロフィール

コロンビア 川島
(画像引用元:http://www.shikoku-np.co.jp

生年月日    1983年3月20日
出身地     埼玉県与野市(現さいたま市中央区)
身長      185cm

 

地元の与野八幡サッカースポーツ少年団でサッカーを始め、当時からゴールキーパーを志望しており、セルヒオ・ゴイコチェアに憧れを抱いていていました、

 

与野西中学校時代に本格的にキーパーのポジションを始めており、埼玉県選抜に選ばれ、ドイツとオランダへ遠征を行った経験もあります。

 

埼玉県立浦和東高等学校へ進学して、3年の間に選手権・国体・高校総体と高校サッカー3大全国大会すべてに出場をしています。

 

地元浦和レッドダイヤモンズのセレクションは不合格となったが、地元クラブである大宮アルディージャへの加入が決定します。

 

大宮加入後、イタリア・セリエAのクラブへ留学してチームは優勝を果たし、ベストゴールキーパーに選出されています。

 

2002年にAFCユース選手権に出場するU-19日本代表に選出され、不動のレギュラーとして活躍し、2003年12月のFIFAワールドユース選手権でも活躍します。

 

2004年に名古屋グランパスエイトへ移籍し、2006年には川崎フロンターレのラブコールからクラブ史上最高額となる1億5000万円で移籍します。

 

2008年2月には東アジアサッカー選手権・対北朝鮮戦でフル代表デビューしています。

 

2010年にリールセSKへ2年契約で完全移籍し、2011年にはアジアカップで正GKとして起用されて優勝に貢献します。

 

2011年10月14日よりリールセの主将に任命され、2季連続でチームMVPに選出されています。

 

2012年にはスタンダール・リエージュと3年契約を結び、2014年のワールドカップでは日本代表史上初めて背番号「1」をつけて試合に出場しています。

 

2015年に移籍先が見つからなかったが、同年12月にスコットランドのダンディー・ユナイテッドFCに移籍が決まり、日本代表としても復帰します。

 

2016年8月に移籍したがスタメン出場が確約されない厳しい状態で、日本代表のスタメンも厳しくなるが、フランスの有力紙でベストイレブンに選出されたりと活躍します。

川島永嗣の酷評まとめ!パンチングミスでwiki荒れる!

コロンビア戦での川島永嗣の酷評

2018年6月19日にロシア・ワールドカップ日本代表がコロンビア代表と対戦しましたが、川島永嗣選手の失点と入ってないアピールが話題を呼びます。

川島永嗣選手は懸命に止めに行くが、わずかにゴールラインを割ってしまっていることは明らかでした。

 

しかし、川島永嗣選手は過剰な入ってないアピールをしており、ゴールを防げなかった事も相まって話題になってしまいました。

 

ちなみに、以前もアジアカップにて川島永嗣選手はやらかしていたようです。

入ってないアピールもゴールは自覚していた?

--失点シーンは

「壁の下を超えた瞬間、かなり厳しいと思った。どうにかできるかと思ったけど、ちょっと難しかった」

コロンビア戦勝利後、川島永嗣選手はインタビューを受けて上記のコメントをしました。

 

そしてこの「どうにかできるかと思った」という発言から、本人も確実にゴールしていると自覚しながら入ってないアピールをしていたようです・・・

 

確かにどうにかして失点を無くしたいというのは分かりますが、現在はビデオ判定もあるので難しいでしょう…

川島永嗣に酷評

日本が劇的な勝利に称賛を浴びていますが、川島永嗣選手だけは酷評されていました。

 

イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」では、退場したサンチェスを除く両チームワーストタイの「5点」で「川島の驚くようなプレー」と記されます。

 

英紙「The Independent」でも、

「日本にとってはデジャブ(白昼夢)だっただろう。4年前と同じ初戦のコートジボワール戦で、エイジ・カワシマは3分間に2失点を喫した。その2失点目、ジェルビーニョに決められたゴールでも狭い間を突かれた。今回も35歳の守護神はコロンビアを酷いミスで手助けしたのだ。キンテーロのフリーキックは確かにクレバーな一撃だったが、さほど難しいものではなかっただろう。阻止すべき代物だった。カワシマ自身は入っていないとレフェリーに猛抗議をしていたが、ラインを割っていたのは誰の目にも明らかだった

 

イギリスメディア「メトロ」は、

「日本代表のGK川島は、キンテーロのFKを防げなかった。ゴールラインを超えていたことは、TVで観戦していた数百万人の誰の目にも明らかだった

「主審はゴールラインテクノロジーの通知により、ゴールと判定した。だが、GK川島はこの直後、ゴールラインを割っていないとアピールし、VAR(ビデオアシスタントレフェリー)による裁定を主審に求めた。その主張はすぐさま却下されたが、ゴールラインテクノロジーによる科学的事実を拒絶した川島の主張は残念なものだった

 

イギリス「クーリエ」ではかつて15-16シーズン、スコティッシュ・プレミアリーグのダンディー・Uに加わった川島デビュー戦となったダンディーFC戦で、パンチングのミスから失点を招いたことで酷評されたことをネタに、

「ダンディー・ユナイテッドのファンに、悪い思い出を蘇らせた」

 

元アイルランド代表MFのケヴィン・キルバーンさん(41)からも

「川島の反応が遅すぎる」

 

このように、川島永嗣選手だけ袋叩きにあってしまわれたのでした…

スポンサーリンク

打ち合わせと違う?川島永嗣が仲間はずれ?

実はあの失点につながったフリーキックでの壁は、選手は飛ばないと打ち合わせしたのに飛んでいたのでした。

「ミーティングでボールの質を見て、できるだけつま先立ちでギリギリ高く、(でも)飛ばんでいいって言っていたら、みんなハイジャンプをやった。ミーティングであんだけ言われていて注意して、壁に入る人は最後までボールの質を見て、蹴られた瞬間まで頑張ってみたいなという感じだった。非常にもったいない失点だった

 

壁が飛ばない話し合いはしていたため、川島永嗣選手は予想外のジャンプした壁の下を通されて失点したのでした。

 

このように選手に打ち合わせと違うことをされて、川島永嗣選手が仲間はずれ、もしくは後から付けた言い訳と話題になってしまったのでした。

セネガル戦での川島永嗣選手の酷評

2018年6月25日にロシア・ワールドカップ日本代表がセネガル代表と対戦しましたが、川島永嗣選手がパンチングミスでアシストして先取点を取られました。

 

前半11分に左クロスをMFACE原口元気選手がクリアしたボールを、ファーサイドにいたFサバリがシュート。

 

GK川島永嗣選手はパンチングしたが、正面に待ち構えたセネガルのエース・サティオ・マネに当たり、そのままゴールインしてしまったのです。

完全に自分のミスでした!

セネガル戦後にインタビューを川島永嗣選手はやはり自分のミスだと自覚していました。

しかし、なんとか本田選手、乾選手がシュートを決めて同点に出来たことで、感謝している、胸をなでおろしたのでした。

川島永嗣に酷評

コロンビア戦でもですが、セネガル戦でもパンチングミスにより酷評されてしまいます。

 

まずFIFA公式サイトの速報は「日本守備陣にとって災害だ」と指摘し、シェイクスピアの喜劇「間違いの喜劇」を引用して「間違い続きの喜劇」などと酷評。

 

南アフリカのウェブメディア「Kick Off」は、

「そもそもがキャッチすべきだった」

「パンチングで逃れたにしてはルーズに終わり、まるで相手へのパスだった。せめて外側に弾くほうがはるかに意味があった」

 

米スポーツ専門チャンネル「ESPN」は、

「セネガルのユースフ・サバリのカーブのかかったシュートは、日本のゴール前でエイジ・カワシマの手のひらを直撃。カワシマはパンチングで逃れようとした結果、潜んでいたサディオ・マネの膝に当たってゴールに跳ね返った」

 

英国営放送「BBC」は、

「poor goal Keeping(お粗末なゴールキーピング)」

「川島のゴールキープは下手。キャッチングではなく、パンチングした。みすぼらしい選択だった」

「(解説者からコメンテーターまでが口を揃えて)未熟で不完全」

 

フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」は、

「コロンビア戦でやらかしたカワシマが再びミスをした。どういうわけかボールをマネに渡してしまい、ゴールが生まれた」

と、両チームで最低となる採点4(10点満点)を付けます。

 

また、スペインのスポーツ紙「マルカ」の採点で、3点満点中、GK川島永嗣だけは0点でした。

Wikipediaが荒される…

セネガル戦で先制点をとられた際に、どうやら川島永嗣選手のwikiが荒されてしまったようです…

川島 wiki
(画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp

川島永嗣選手のwikiが編集合戦となり、場外でも戦いが繰り広げられていたようです…

川島永嗣の酷評!パンチングミスでwiki荒れる!下手くそ挽回なるか!

コロンビア戦に続き、セネガル戦でも唯一酷評されている川島永嗣選手。

 

ここまで来ると、本田圭佑選手のように手のひらを返してもらえるように活躍してもらいたいですね。

 

果たして川島永嗣選手は汚名返上するのか、それとも汚名挽回するのか注目です!

ヨシコヨシコ

今は美人なコロンビア嫁に慰めてもらって英気を養ってください!
せばな~

サッカー日本代表ポーランド戦の批判まとめ!ブーイングでフェアプレー?