熊本で大雨により、球磨川などが氾濫して大変なこととなっていますが、これは川辺川ダムが建設されていれば対策できたと問題が出ています。

 

そして、この川辺川ダムは民主党が中止させたのが原因と問題視されています。

 

そんな、川辺川ダムの中止の原因は民主党なのでしょうか?

 

ということで今回は、球磨川氾濫などの洪水による被害と、川辺川ダムが中止になった理由を調査したいと思います。

スポンサーリンク

球磨川氾濫の原因は川辺川ダム?民主党が中止させた?

熊本や鹿児島の被害の状況

球磨川氾濫

人吉市内が浸水

西瀬橋が崩壊

八代市坂本町が浸水

スポンサーリンク

川辺川ダムの中止の原因は民主党?

この氾濫は川辺川ダムが建設されていれば対策できたとのことで、川辺川ダムの建設を中止した民主党政権時代が問題視されました。

 

確かに2009年に民主党は総選挙のマニフェストに「八ッ場ダムと川辺川ダムの建設中止」を明記し、政権交代後に川辺川ダム建設事業の中止の意向を明言して中止となりました。

 

そのため、八ツ場ダムは建設されて前回の洪水は免れたのも引き合いに出され、川辺川ダムの建設中止は間違っていたと言われていたのでした。

川辺川ダムの中止は民主党は悪くない?

川辺川ダムの中止は民主党政権で意向を明言して中止が決定打となりましたが、中止の経緯は複雑で1966年から中止する団体など問題がややこしく、民主党だけが原因というわけではないようです。

 

実際に調べた限りで1966年の川辺川ダム計画が発表されてから、いくつもの反対で建設が手をこまねいていることが判明しています。

 

1966年:
川辺川ダム計画が発表
五木村と五木村議会は決議を以ってダム計画に反対する姿勢を明確

 

1976年:
五木村の水没住民で組織する五木村水没者地権者協議会が「川辺川ダム建設に関する基本計画取消訴訟」などを熊本地方裁判所に提訴

 

1984年:
五木村が提出した55項目の要望について大筋で合意が得られ、協議会との間で遂に補償交渉を妥結

 

1996年:
熊本県と五木村、相良村はダム本体工事の着工に同意。30年の歳月を経て漸く本体工事に取り掛かる

 

1998年:
約2200億円にまで跳ね上がり、著名なダム反対活動家が川辺川ダムを「壮大な税金の無駄遣い」として反対運動を全国的に広めていく

 

1992年:
地元で「清流球磨川・川辺川を未来に手渡す会」が発足し、翌年「清流球磨川・川辺川を未来に手渡す流域郡市民の会」として改組

清流で名高い川辺川の環境を破壊するとして「清流川辺川を守る県民の会」など複数の市民団体が誕生

 

1994年:
川辺川ダム事業費の増大や川辺川ダムを水源として農地増産を行う事業の疑問に対象農家の一部は川辺川ダムを水源に求めるという事業変更を取り消すように農林水産大臣に異議を申し立て

 

1996年:
農家は熊本地裁に無効申し立てを行う訴訟し、2000年に原告勝訴

 

2006年:
「川辺川第二ダム取水案」を呈示するが、ダム反対集会に後援するなど「反ダム」を明確

 

2007年:
川辺川ダム事業からの撤退、川辺川ダムの利水目的は喪失
しかし、平成18年7月豪雨の被害を考え川辺川ダムを重要な事業として引き続き推進する方針を採る

 

2008年:
川辺川利水事業は推進としながらも相良村の徳田正臣村長や人吉市の田中市長や「ダム建設には反対」

 

2009年:
市長選挙で当選した福島和敏市長が「ダム建設反対」方針を明確
五木村や球磨村、水上村などは「ダム建設反対」に反発

民主党はマニフェストに「八ッ場ダムと川辺川ダムの建設中止」を明記
民主党が政権交代し、川辺川ダム建設事業の中止の意向を明言

 

五木村はダム中止を受け入れがたいという確固たる姿勢を貫き、周辺自治体、熊本県、地元選出議員、ダム反対市民グループ等から政府に対しても、補償法や特別措置法等早急な法整備を求める要望が度々提出

 

上記の流れはほんの一部を抜粋したものですが、1966年から様々な要件で反対や裁判が行われたりと、かなり川辺川ダムの建設は複雑な状況となっています。

 

そのため、民主党が川辺川ダム中止の原因ではないですが、中止の決定打・後押しとなったのかと思われます。

球磨川氾濫の原因は川辺川ダム?民主党が中止は嘘で決定打・後押しになった?

洪水により球磨川氾濫などが起きていますが、川辺川ダムがあれば防げたのかもしれません。

 

しかし、この川辺川ダムの建設は1966年から様々な要件で反対が起きており、かなり複雑なものとなっています。

 

そのため、民主党政権が原因ではありませんが、中止の後押し・決定打となったのかと思います。

 

ただ、今回の氾濫により、川辺川ダムの建設はどうすべきなのか、もっと真剣にスピーディーに対策を取る必要があると分かったことでしょう。

スポンサーリンク