桂秀光が茅ヶ崎市長選挙で拡声器で迷惑行為をしたことが話題になっています。

 

そんな桂秀光の迷惑行為や、これが騒音として選挙違反にならないのでしょうか?

 

ということで今回は、桂秀光について、

  • 桂秀光の迷惑動画まとめ!
  • 桂秀光の茅ヶ崎市長選挙の結果は?
  • 桂秀光の拡声器で学校騒音は選挙違反にならないの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

桂秀光の迷惑演説動画まとめ!拡声器で騒音は選挙違反?茅ヶ崎市長選挙の結果は?

2018年11月11日に告示された茅ヶ崎市長選にて立候補した桂秀光さんですが、学校で授業中にも関わらず大音量で騒音問題を起こしていました。

そのため、学校の先生がうるさいと抗議しましたが、桂秀光は「学校の敷地に入ってない」「選挙妨害をして民主主義を否定するような人間が高校の教師でいいのか?おかしいだろ」とマイクで怒鳴り散らしたのです。

 

その後は迷惑演説の桂秀光として拡散されていたのでした。

 

さらに迷惑演説が2018年11月19日放送の「スッキリ」にて報道され、阿部祐二リポーターが直撃をしたのですが、桂秀光は激怒していたのでした。

動画を見れば分かりますが「とにかく自分の言いたいことを伝えたいから自由にやってもいい」理論で明らかにおかしいのですが、直撃した阿部祐二リポーターをおかしいと激怒していたのです。

 

そんな桂秀光の主張に賛同するものもいなく、それどころが騒音を起こす迷惑な立候補者として批判殺到しただけでした。

 

若い世代にも訴えている方が、その若い世代である学生に迷惑をかける人に、若い世代の誰が投票するのかと疑問に思わなかったのでしょうか。

 

明らかに矛盾した行為を続けて自分のことしか考えていないことが明らかなのに理解しないのは恐ろしいです…

桂秀光の茅ヶ崎市長選挙の結果は?

そんな桂秀光の茅ヶ崎市長選挙の結果は、当然ですが大差で落選しました。

これにより、少なくとも大多数の方が桂秀光を支持していない、迷惑していると決定づけたのでした。

 

しかし、大差は分かってましたが、こんな迷惑演説をしているにも関わらず、6千票も入ったことに驚きの声が出ていました。

選挙活動で学校での大音量は公職選挙法違反?

そんな桂秀光の学校騒音ですが、法律的には選挙カーによる連呼や演説のための拡声器の使用については、公職選挙法上、具体的な音量の規制はありません。

 

また、騒音防止条例等には拡声器の使用について、住宅地では何デシベル以下にしないといけないというような規制がありますが、選挙活動には適用されません。

 

しかし、公職選挙法140条の2第2項には、選挙運動のための連呼行為をする場合は、学校、病院等の周辺では静穏を保つように努めるという趣旨の規定があります。

公職選挙法140条の2(連呼行為の禁止)

【第2項】

前項ただし書の規定により選挙運動のための連呼行為をする者は、学校(学校教育法第一条 に規定する学校をいう。以下同じ。)及び病院、診療所その他の療養施設の周辺においては、静穏を保持するように努めなければならない。

引用:http://d.hatena.ne.jp

 

そのため、騒音では決まった規制がないので難しいですが、騒音と判断されれば公職選挙法違反になりうる行為を桂秀光はしているのです。
(むしろ、これだけの人たちが騒音と言っているので、騒音という事は誰が見ても明らかですが…)

 

ただ、明確な騒音の判断はできないので違反にするのは難しいので、このような事をする人に賛同できない場合は拡散して投票しないことが一番有効かと思います。

スポンサーリンク

桂秀光 プロフィール!HP・ブログがヤバイ!

桂秀光 選挙妨害
(画像引用元:https://lh3.googleusercontent.com

出生地     東京都品川区
出身地     神奈川県茅ヶ崎市育

 

大学は

  • 東海大学理学部化学科卒業
  • 東京理科大学理学専攻科化学専攻修了
  • 東京水産大学(現 東京海洋大学)大学院水産学研究科海洋生産学専攻修了
  • 東京農工大学大学院連合農学研究科環境資源共生科学専攻(博士後期課程)修了

と、大学が多数卒業しているようです。

 

その後、

  • 小田原少年院法務教官
  • 東京都公立学校教員
  • 化学兵器禁止機関OPCW費用負担招聘後援者
  • 筑波大附属坂戸高等学校講師
  • 東京海洋大海洋科学系海洋環境部門博士研究員
  • マレーシア政府招聘・クアラルンプール大学工学部駐在外国人講師

などを歴任。

 

現在は大学講師を務めているとのことです。

 

そして、「知恵のある選択で4年後、価値ある茅ヶ崎を実現!」をスローガンに以下の政策を掲げ、市長の年棒は半減、子育て政策やまちづくりの見直しに力を入れて2018年11月11日に告示された茅ヶ崎市長選に立候補しています。

 

そんな桂秀光さんのブログを拝見しましたが、なぜか画像で文章を貼り付けており、その画像は低画質で読みにくくしていたのです。

桂秀光 学校 騒音

引用:桂 秀光 (かつら ひでみつ) 公式ブログ

 

ちなみに、ブログのリンクにあった「桂 秀光 (かつら ひでみつ) 紹介」は文字化けしてカオスとなっていました…

桂秀光 選挙妨害

引用:桂 秀光 (かつら ひでみつ) 紹介

これも選挙妨害に対する措置で、相手に読ませないようにしているのでしょうか…

 

そんな桂秀光ブログがヤバイと密かに話題になっておりました。

桂秀光の迷惑演説動画ヤバイ!茅ヶ崎市長選挙の拡声器騒音は選挙違反!

桂秀光の迷惑演説ですが、明らかに迷惑でこれだけの数が支持していないにも関わらず、自分の主張を曲げないのはやはりおかしいです。

 

よくマスコミが面白くするために偏向報道をしていると言われますが、これに関してはマスコミの阿部祐二リポーターが正しいですし良く冷静に対応してくれたと思います。
(まぁ桂秀光がトンデモ発言をしているため面白くなってしまいましたが…)

 

次の茅ヶ崎市長選挙でも桂秀光は出馬すると思いますが、今度はこんな迷惑演説をさせないように対策を茅ヶ崎に取ってもらいたいです。

 

せばな~