日本のコラムニスト、ライターであり、テレビにも多く出演して活躍していた勝谷誠彦さん。

 

しかし、現在はレギュラー番組もなく姿を消しましたが、兵庫県知事候補として姿を現しましたがイメージが変わりすぎたとして話題になっています。

 

いったい、どれほど勝谷誠彦さんの現在はイメージが変わりすぎてしまったのでしょうか?

 

ということで今回は、勝谷誠彦さんの現在と昔とどれほど変わってしまったのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

勝谷誠彦 プロフィール

勝谷誠彦 兵庫県知事
(画像引用元:http://www.officiallyjd.com

生年月日    1960年12月6日
出身地     兵庫県尼崎市
職業      コラムニスト、写真家、元ジャーナリスト
活動期間    1985~

 

早稲田大学卒業後の1985年に、広告代理店の電通に入社したが数ヶ月で退職し文藝春秋に入社しました。

 

それから記者となり、雑誌 「クレア」「週刊文春」「文藝春秋」「マルコポーロ」等の担当してきました。

 

文藝春秋の退社後はフリーランスとなり、コラムニストとして取材や執筆、講演活動、メディア出演が増えてコメンテーターとして活動の幅を広げていきます。

 

テレビでは「ムーブ!」「スッキリ!!」等の情報番組、「たかじんのそこまで言って委員会」「ビートたけしのTVタックル」政治・経済関連のテレビ番組出演して活躍していきました。

勝谷誠彦の兵庫県知事候補姿の現在が変わったか画像比較!別人で顔変わりすぎ?

現在はテレビ番組のレギュラー出演が無くなった勝谷誠彦さんは、2017年4月27日に兵庫県知事選に立候補を表明しました。

 

そして、兵庫県知事候補として自身の方針をテレビで語りましたが、その姿が以前と印象とは変わりすぎて話題になってしまいました。

勝谷誠彦 兵庫県知事
(画像引用元:https://pbs.twimg.com,http://muutnet.com

比べてみると分かりますが、落ち着いた感じから、お笑い芸人のような印象と変わりすぎているように見えます。

 

そのため、周りのも「誰?」「変え過ぎ」等とイメージを変えすぎて、もはや誰だか分からない結果になっています。

 

そして情報を見た限りでは、高校デビューを失敗した学生のように、悪い方向に行ってしまったようです…

スポンサーリンク

勝谷誠彦の兵庫県知事候補デビュー失敗?現在の姿が変わった?

印象が変わりすぎて「高校デビュー失敗」ならぬ、「兵庫県知事候補デビュー失敗」をしている勝谷誠彦さん。

 

やはり、急激なキャラ変より、テレビで培ってきたイメージそのままで勝負したほうが良かったようです…

 

こういった波乱が起きている兵庫県知事選ですが、勝谷誠彦さんがどこまでいくか注目ですね!

 

せばな~