「スッキリ」にて、加藤浩次さんが宮迫博之さんと田村亮さんの暴露に吉本を辞める・退社すると話題になっています。

 

そんな、加藤浩次さんが吉本に激怒して、辞めると言った経緯・理由は?

 

ということで今回は、加藤浩次さんが吉本辞めると言った経緯・理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

狂犬・加藤浩次が吉本辞める経緯!退社する理由は?

加藤浩次が吉本辞める宣言

2019年7月22日に「スッキリ」にて、加藤浩次さんは吉本のパワハラ隠蔽体質に、松本人志さんが擁護しているが経営陣が変わらないのなら辞めると狂犬ぶりを見せつけました。

語気を強め「怒りでしかない。なんで2択しかないの。会社も一緒に『お金をもらっていました』と言おうって言えたと思う。会社のいいように答えろよと要求されている。おぞましいな。こんな会社あんのか!」と激怒。さらに岡本社長については「岡本さんを知っているけど、そういうことをする人です。若い人に(高圧的に)しているのを見たことがある。それでも、こんな時には助けてくれる人だと思っていたけど、そのまんまだった」と不信感をぶちまけた。

さらに「若手は、会長、社長を怖がっている。そんなんで楽しい笑いができるのか。そんな状態がずっと続いてきた。みんな我慢してきた。取締役が変わらないなら俺は辞める。経営陣が変わらないなら俺は辞める」と鬼の形相で宣言した。

引用:加藤浩次、退社も辞さず 鬼の形相「経営陣が変わらないなら僕は会社を辞める」

このように、加藤浩次さんは松本人志さんにとっては大崎会長が恩人なのだが、経営陣として責任を取ってもらいたいと、吉本を辞する覚悟で狂犬ぶりを見せつけました。

松本人志は松本興業や吉本社長の会見を要求

松本人志さんは大崎会長に恩があるので、吉本の岡本社長に記者会見と、「松本工業」という部署を作って問題を起こした芸人を自分が引き取りたいと温情を見せました。

松本は生放送での対応について「(会見が)思ったよりハードで無視できないと思った」と説明した。「僕の知らなかった事実があまりに多くて。これは僕もだまされた」と吉本興業への不信感をにじませる。その上で、騒動の発端となる「ギャラを受けとっていない」とうそをつき、泣きながら会見した宮迫と亮に「急に悪から善になるわけじゃない」とくぎを刺すことも忘れなかった。そして「ここまで追い込んだら信頼関係がなくなる。吉本興業はつぶれるんじゃないかと危機感を持っている」と表情を曇らせた。

岡本社長が芸人に対して「俺にはお前ら全員をクビにする力があるんだ」と言い放ったことについて、松本は「いつからそんなに偉くなったんだ。会社って『芸人ファースト』でしょ。芸人が金を受け取ったことを認めたら『静観します』と。そしたら吉本にはおられない、いたくない」と自らの進退も口にした。

前日20日夜には吉本興業東京本社に東野幸治(51)と出向き、大崎洋会長(65)岡本社長と話し合った。「会社が変わらなければいけない。岡本社長に会見させなければ、この会社がダメになる」と主張。事件を起こした芸人たちを引き取るべく「吉本興業の中に松本興業を作りたい」と提案して、会社側も受け入れたという。そして「さんまさんも同じようなことを言ってるみたいなので、なら僕が、さんまさんのところに行ってもいい」とボケた。

岡本社長がVTRで騒動を謝罪し、今日22日に会見することを明言した。松本は、岡本社長と宮迫、亮が話す会合を、岡本社長が約束したことも明かした。そして「岡本社長と乳首相撲で解決できたらいい。乳首相撲は全てを解決する」とボケた。岡本社長について「元マネジャーだけど、20年くらい前から言葉遣いが横暴になって、大崎会長にも指摘した」という。ただ、大崎会長については「僕は大崎洋とずっとやってきたので、大崎が『進退も考えなくちゃ』と言ったのを止めた。兄貴なんで大崎会長がいなかったら僕も辞める」と断言した。

引用:松本人志「いつからそんな偉く」会長擁護も社長非難

スポンサーリンク

加藤浩次が吉本辞める経緯

加藤浩次はロンブー田村亮をずっと擁護していた

加藤浩次さんはロンブー田村亮さんの闇営業でギャラ貰っていないときから擁護していました。

 

加藤浩次さんは自身がMCを務める「スッキリ」にて、田村亮さんは金貰っていないと信じたとコメントしました。

「入江に“一緒に来てください”と言われて行ったメンバーもいる。メンバーにしてみたら、お金を一銭ももらっていないという、 僕の聞いた話だと

「お金も一銭ももらわないで、入江に“盛り上げて!”と言われて、“ええで!”とみんな行って盛り上げた、そういう現状を作ってしまった。その場に行って、 ネタとかやった場合、お客さんが反社会勢力の人間だというのは分からない」

「他のメンバーにも若干の甘さもあると思う。しっかりと入江に“どういう人間なんだ?”と 聞かないといけない」

「入江は知らなかったと言っているけど、入江は5000人の友達がいると、お仕事をもらっている。いろんな人間が知り合いがいる、でもその中に、分からない人がいました、それが反社会勢力でした!っていのうは、入江は甘かったと思う。それはしっかりしないといけない」

 

それだけでなく、加藤浩次さんはラジオで田村亮さんと共演し、「ノーギャラ」だと弁明の機会を与えて信じ続けて擁護していたのです。

お笑いコンビ、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)は9日未明に放送されたMBSラジオ「オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~」に出演。共演のお笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(50)に5年前の忘年会の状況を説明した。

亮は当日、宮迫や入江らと酒を飲んでおり、忘年会ではなく「結婚式に行く」という入江に「ノーギャラですけど」と誘われ、「フラッと行った」と告白。相手の素性は知らなかったといい「ノーギャラで警戒してなかったし、すみません」と謝罪した。

引用:ロンブー田村亮がラジオで謝罪「フラッと行った」

 

しかし、ロンブー田村亮さんは嘘をつき、「スッキリ」やラジオで共演してまで擁護していた加藤浩次さんを裏切ったのでした。

加藤は昨夜、亮から電話があったことを明かし「嘘をついてすみませんでした。すみませんでした。本当、嘘をついてすみませんでしたって。今日までずっと辛かったです。ずっと嘘を突き通すのか。自分はこっからどうやって生きていくのかっていうことを考えた」と言われたと語った。

「何でそんな嘘をつくんだ」と叱責し、「お前が反社会的勢力だってことを知らなかったとしたら、その時に全部全て正直に言っていたら、こんな事にならなかった可能性があるし、事が全然違う形に進んでいたぞと。全部、お前らが嘘をついたことによって、こういう形に広がって謹慎までなってしまったんだぞ」とはっきり言ったという。

「反社会的勢力だというのを知っていたのか」と聞くと、「それは絶対に、加藤さん信じてください。知らなかったです」と声に力を込めて説明を受けたという。

「これからがあいつの立ち振る舞いと、反省を含めて謹慎の中で何ができるのか。亮ははっきりお金をもらいましたと言った。そのお金をどうするんだという部分もある。そこは謹慎中にどうするのかお前が考えてやれと言いました」と反省を促していた

引用:加藤浩次、ロンブー亮から電話で謝罪された「嘘をついた理由は保身です」

その後、ロンブー田村亮さんは加藤浩次さんに謝罪をし、嘘をついた理由と、反社会的勢力は知らなかったと信じてくださいと言ったそうです。

加藤浩次がロンブー田村亮が受けた吉本の圧力隠蔽に激怒

加藤浩次さんはロンブー田村亮さんから嘘を付かれましたが、その経緯には吉本の圧力隠蔽があったことで、吉本に激怒しました。

加藤は、2人の会見後となる20日深夜放送のMBSラジオ「極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!」(土曜深夜1・20)で「(会社に)信用は一個もない。それはタレントみんなの思いだと思う。上層部は信用できない」と痛烈批判。「亮は真面目な人間だし、宮迫さんも男気ある人間。だから会社に腹立ってね。なんでこんなこと起きたんだって」と怒りをあらわにしていた。

引用:加藤浩次、退社も辞さず 鬼の形相「経営陣が変わらないなら僕は会社を辞める」

 

加藤浩次さんはロンブー田村亮さんに嘘をつかれてショックでしたが、そこには吉本体質があったことに激怒。

 

だから「スッキリ」にて、経営陣が変わらなければ吉本を辞さないと覚悟をもって発言したのでした。

スポンサーリンク

加藤浩次が吉本辞める理由となった吉本の隠蔽圧力とは?

宮迫博之さんとロンブー田村亮さんは吉本興業の岡本社長から圧力をかけられていたことを暴露し、謝罪会見から暴露会見となって話題になりました。

宮迫は経緯を説明。吉本から会見をストップする圧力をかけられ続け、2日前に突然吉本から引退会見か契約解除の2択を迫られたことを明かした。

宮迫は6月8日に宮迫と亮が反社会的勢力からの金銭受領を吉本に伝え、謝罪会見を開く希望を伝えたところ、吉本に止められ、その後も「会社としては静観」との判断が下されたという。

宮迫は受け入れてしまったことを謝罪しつつ、同24日になって謹慎処分を告げられた際、亮が事務所を辞めてでも謝罪会見をしたいと告げると、吉本興業の岡本昭彦社長が人払い。「『やってもええけど、ほんなら全員クビにするからなと。おれにはお前ら全員クビにする力がある』と、言われました。何も言えなくなりました」、吉本側からの圧力があったことを明かした。

以降、謝罪会見を開く機会を待ち、弁護士をつけたところ、突然2日前に書面で、宮迫と亮の「引退会見もしくは契約解除を選んで下さい」との通告があったとした。

一旦弁護士を解任したうえで、岡本社長との面会を申し入れたが、かなわず、吉本の弁護士から、引退会見を拒むなら契約解除の方針は揺るがないと告げられたとした。

引用:宮迫&亮 吉本から2日前に突然「引退か契約解除」…吉本から会見阻止の末に

 

宮迫博之さんとロンブー田村亮さんは早く謝罪会見をしたかったが、吉本興業の岡本社長からは拒否。

それどころか、「全員クビにする」という圧力をかけられたりと、吉本興業はかなり酷いことをしていたようです。

 

そんな、吉本興業の闇を暴露したということで、謝罪会見ではなく暴露会見となって話題になりました。

吉本興業のファミリー隠蔽を暴露!

吉本興業はファミリーで親だからと甘言を述べて隠蔽しようしたことを、田村亮さんが暴露しました。

 「会見がダメだということに関しては、正直僕は納得がいっていませんでした。僕はTwitterとかラジオでも嘘をついてしまって、(相方の)淳にも嘘をついて。でも僕の嘘に擁護してくれている人に対して辛くて。それで言おう、会社にどうしても言いたいとなった時に、(吉本興業側の)弁護士さんたちが止めている理由が全くわからなくて。

弁護士さんが言うには、『2人が弁護士をつけたことを上層部は悲しがっている』『ファミリーだ』と。けど、僕に言わせれば、本当にファミリーだとするならば、僕は子どもだと思っています。子どもが正しいこと、本当に悪いことを謝ろうとしているのを止めるのが親ではないと思います。それをやられて不信感が、不信感しかなくなってしまいました。止める理由が僕の中ではなく、背中を押してほしい、どういう風にしたら僕らがちゃんと謝れるかを手伝ってほしかっただけです。

本当のことを言うのがどんどん遅れて、しんどいことは伝えていました。会見したほうがいいというのはみんな同じですし、なのに止めるというのはあってはいけないことだと本当に思っていました。だから、弁護士さんを立てたことは正しいと思い、じゃないと動いてくれなかったのは事実です。ただ、引退会見という風になっていった経緯はどのような感情で吉本興業の方が言っているのかは想像もつかないんですけど。元は自分たちがついた嘘のせいだから色々なことを我慢してきましたが、もう僕は限界だったので、今回手作りですけども、いろいろな人に届くように謝らせてもらいたいと、会見を開かせていただきました」

 

ロンブー田村亮さんが吉本興業がファミリーだからと、なぜか会見を開かせてくれませんでした。

 

そのため、田村亮さんは「親が謝りたい子を止めるのはおかしい」と不信感が募り、最終的に吉本を通さずして暴露会見をしたのでした。

ロンブー田村亮が吉本は在京在阪5社だから大丈夫と暴露!

闇営業謝罪会見でロンブー田村亮さんが吉本が「在京在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫」と、吉本がテレビ局に株主として圧力をかけれると爆弾発言しました。

2日前に吉本から突然、引退会見か契約解除を選ぶよう通告され、会社主導の会見を求められたとした。亮はネット視聴なども可能にしてほしいと希望したが、吉本から「いやいや、そんなんこっちで決める」と言われたとした。また「在京在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫やから」とも言われたとした。

引用:田村亮 吉本の謎発言を暴露「在京在阪のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫や」

 

ロンブー田村亮さんはネット視聴にしてもらたいと希望したが、吉本からは拒否。

そして、在京在阪5社のテレビ局は吉本の株主だからどうとでもなると言われたのです。

 

つまり、吉本はネットだと工作ができないので、圧力がかけられる在京在阪5社のテレビ局でなんとか工作して抑えつけようとしていた疑惑があるのです。

狂犬・加藤浩次が吉本辞める経緯!退社する理由は?圧力・隠蔽に炎上!

宮迫博之さんの暴露会見から始まり、松本人志さんが温情を見せる方針を発言しましたが、加藤浩次さんは経営陣が変わらないと辞めるとバッサリ切りました。

 

確かに経営陣が変わらないと、契約書もないという時代錯誤な方針が変わらない可能性があるので、加藤浩次さんの意見はよく分かります。

 

果たして大崎会長や岡本社長らは、どう責任を取って吉本を変えるのか、今後の発言に注目です。

 

せばな~

清水圭ブログ全文!岡本社長パワハラ内容!圧力隠蔽を冗談にして炎上!

岡本昭彦社長がブリーフ姿で猫抱く動画!吉本社長がガキ使で山崎ビンタパワハラ!