片山晋呉選手がプロアマ大会で招待客を不快させた対応で懲戒・制裁委員会を開いて処分を検討すると問題になっています。

 

そんな、片山晋呉選手はどのような招待客を不快させた対応をしたのでしょうか?

 

ということで今回は、片山晋呉選手について、

  • 片山晋呉選手が招待客を不快感にさせた内容とは?
  • ラウンド中に練習は駄目なの?
  • 片山晋呉選手の練習これだけ!

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

片山晋呉の練習これだけ!処分理由はラウンド中に招待ゲストが不快感!

片山晋呉選手は男子の国内メジャー大会、日本ツアー選手権森ビル杯(5月31日~6月3日)を前に行われたプロアマ大会の対応で、招待客が不快感を覚えてプレーを断念する事案があったと発表しました。

 

そして、同機構は準則で同伴アマチュアへの不適切な対応を禁じており、6月中に懲戒・制裁委員会を開いて処分を検討するとのことです。

 

そんな、片山晋呉選手が招待客が不快感を覚えさせたのは、関係者によるとラウンド中に自らの練習をするなどして、招待客を放置したとのことです。

 

そのため、招待客は不快感を覚え、ラウンド途中で棄権したのでした。

ラウンド中に練習は良くある?

実はプロアマ戦に出場している選手が自身の練習をプレー、ゲストへの対応の合間にするのは見慣れた光景とのことです。

 

また、2番ホールのティグラウンドに前の組がいたため、1番ホールを終えた後に片山晋呉選手はグリーン上でパッティングの練習をしていようです。

 

しかし、片山晋呉選手がどれだけ練習をしていたのかはわかりませんが、このパッティング練習はよく見られる行為です。

 

ただ、ゲストが途中でプレーを断念するというケースは「珍しいですし、記憶にはありません」と関係者も話しています。

 

そのため、よっぽど片山晋呉選手の練習が長く不快にさせたのか、よっぽど招待客が気難しい性格かどっちかになるかと思われます。

スポンサーリンク

片山晋呉の練習これだけ!練習が凄いと話題!

そんな練習が問題となっている片山晋呉選手ですが、練習プレイが「練習これだけ?」と言われるほど注目されています。

 

なんでも、片山晋呉選手は30Yのアプローチ練習だけをやっており、「俺は15歳からこれだけしかやっていない!」と教えているほどです。

実際にフェイスブックでも、「俺はこの練習しかやってない」と何度も言っているのです。

 

他にも片山晋呉選手はゴムボールを両腕に挟んでボールを打つ練習法をしています。

片山晋呉 練習 これだけ
(画像引用元:https://d12gnozutxpjie.cloudfront.net

 

このように効率重視の片山晋呉選手の練習法は工夫がされていて注目されています。

片山晋呉 処分 理由
(画像引用元:http://www.analyze2005.com

片山晋呉の処分理由はラウンド中に練習これだけ!招待ゲストが不快感で悪いのどっち?

片山晋呉選手の処分理由はラウンド中に練習をしたことで、招待ゲストが不快にさせたのが原因でした。

 

しかし、ラウンド中に練習をするのはよくあり、そのため、よっぽど練習が長かったか、招待客が気難しい性格かとどっちかのように思えます。

 

そんな、片山晋呉選手ですが、何が問題だったのか明確説明してから処分を決定してもらいたいですね。

ヨシコヨシコ

今の世の中、処分理由が明確で説明しないと色々言われそう…
せばな~