春日野部屋に所属していた力士が弟弟子を殴った傷害事件を隠蔽していたことで問題となっています。

 

そんな、春日野部屋の弟弟子を殴った犯人と被害者の弟弟子は誰なのでしょうか?

 

ということで今回は、春日野部屋事件の弟弟子は誰で、犯人と被害者の経歴を調査したいと思います。


スポンサーリンク

春日野部屋の弟弟子は矢作嵐!犯人は栃玄武で確定?2人の経歴は?

事件は2014年9月5日の夜、7カ月前に入門したばかりの弟弟子(千葉県出身)の顔を拳で殴ったり、腹を蹴ったりしました。

 

原因は元力士が部屋の掃除の仕方を注意しようとした際にトラブルになったのが発端でした。

 

弟弟子この暴力により全治1年6カ月と診断され、弟弟子側は2014年10月に元力士を警視庁に刑事告訴して傷害事件として起訴しました。

 

そして、2016年6月に弟弟子に暴力した犯人は懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が確定したのでした。

 

また、必要な治療を受けさせなかったとして、春日野親方も保護責任者遺棄容疑で告訴したが、不起訴処分となっていました。

 

そんな、大きな傷害事件が起きたにも関わらず事件の存在を公表しておらず、またしても相撲協会の隠蔽体質が明るみに出て問題となったのでした。

春日野部屋の弟弟子は矢作嵐で告白

被害にあったは春日野部屋の弟弟子は矢作嵐で「とくダネ!」にて暴露していました。

春日野部屋 犯人
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

 

事件は公表された通り、夜に集められて掃除の件でトラブルになったのですが、矢作嵐が寝ようとした所、左右の顔面を3発殴打され、手で止めたら膝蹴り腹に5発食らったのです。

 

それから、矢作嵐さんは部屋から逃げ出して実家に戻ったことで、春日野親方にはこれでやっと事件が発覚したのでした。

 

春日野親方は謝罪して病院に連れて行くと言いながら、国技館内の診療所と整体院に連れて行かれ、さらにここの処置で怪我は悪化したのでした。

 

そのため、矢作嵐は自分で大学病院に行き、すぐに手術が必要と言われて入院したのでした。

矢作嵐
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

それだけでなく、手術が必要という診断を親方に伝えたら、“勝手なことをしやがって”と怒られたのです。

 

また、怪我の後遺症で矢作嵐は味覚障害となっており、板前もやってみたかったが諦めざる得なくなり、将来を奪われて力士を引退したのでした。

矢作嵐 プロフィール

春日野部屋 弟弟子
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

本名      矢作嵐
生年月日    1995年4月15日
出身地     東京都江戸川区
身長      190センチ
体重      123キロ
最高位     序二段 64
所属部屋    春日野
初土俵     2015年3月
最終場所    2016年9月
生涯戦歴    7勝7敗7休/14出(4場所)
序二段戦歴   3勝4敗7休/7出(2場所)
序ノ口戦歴   4勝3敗/7出(1場所)
前相撲戦歴   1場所

春日野部屋傷害事件の犯人は誰?栃玄武で経歴一致?

春日野部屋の弟弟子に暴力した力士の犯人は以下のような情報が公表されました。

  • 春日野部屋所属
  • 2015年7月の名古屋場所で引退
  • 2013年新弟子検査合格
  • 2018年1月24日現在23歳

 

そして、この情報のもと、一致する力士が栃玄武という事が判明したのでした。

スポンサーリンク

栃玄武 プロフィール

栃玄武
(画像引用元:https://furamu4568.com

本名      緒方晃一郎
生年月日    1994年1月25日
出身地     福岡県福岡市東区
所属      春日野部屋
身長      172cm
初土俵     2013年1月
最終場所    2015年7月
生涯戦歴    45勝60敗 出場105(16場所)
序二段戦歴   37勝54敗 出場91(13場所)
序ノ口戦歴   8勝6敗 出場14(2場所)
前相撲戦歴   1場

 

栃玄武は春日野部屋所属であり、現在の年齢は23歳、さらに2013年新弟子となって引退したのも2015年7月場所と一致しているのです。

 

そして、一致しているのが栃玄武であることから、春日野部屋にて傷害事件を起こしたのは栃玄武と信憑性が高いようです。

 

そんな栃玄武は力士としては小兵で、大型力士との177キロ差対決を繰り広げたりと、話題にもなっていた方のようです。

春日野部屋の弟弟子は矢作嵐!犯人は栃玄武?どうなるの?

またしても隠蔽体質が明るみに出てしまった相撲協会。

 

そして矢作嵐さんは勇気ある公表で顔出しして暴露していますが、かなり酷い仕打ちを受けたようですね。

 

犯人が栃玄武と確定したわけではないですが、許されざる行為であり、家族と言っていた春日野部屋や相撲協会の対応も酷すぎます。

 

まぁ、ある意味に膿を出し切ると皮肉にも有言実行となりましたが、これで今度こそは膿を出し切ったのでしょうか?

 

ちゃんとして誠意ある対応を相撲協会ではしてもらいたいです。