家庭の生活費200万円を持ったまま42歳の母親が21歳の大学生と駆け落ち事件がワイドショーに取り上げられて話題になっていました。

 

駆け落ちした大学生・鈴木渉大さんの情報が取り上げられていましたが、その中で「かくれんぼサークル」に所属していたことが注目されました。

 

そんな、鈴木渉大さんが所属していた「かくれんぼサークルとは」とは、どんなサークルで活動内容はどうなっているのでしょうか?

 

ということで今回は、鈴木渉大さん所属のかくれんぼサークルの活動内容を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

鈴木渉大所属の法政大学かくれんぼサークルとは?活動内容は?

鈴木渉大さんは法政大学に在籍しており、「法政大学かくれんぼサークル」に所属していたものと見られます。

 

そんな、法政大学かくれんぼサークルは、2014年8月頃に当時、法政大学の1年生だけ作ったサークルでした。

 

月に3回~4回学校内で活動しており、かくれんぼや缶蹴り、鬼ごっこなど小学生の頃遊んでいた遊びをするサークルとのこと。

 

他にも学校祭などのイベントでソフトボールやフットサル、夏にはバーベキューや水鉄砲をしたり冬には雪合戦などもします。

 

そのため、「かくれんぼサークル」ですが、本格的なかくれんぼをするのではなく、様々なアウトドアな活動をするサークルのようです。

 

ちなみに、これとは別に「法政大学かくれんぼ研究会」なるものもあり、こちらは「研究」と書かれているため本格的なかくれんぼをしそうですね。

 

実はこのように大学での「かくれんぼサークル」はよくあり、慶應義塾、中京大学、早稲田大学等にもあります。

早稲田大学かくれんぼ同窓会

慶應義塾ガチかくれんぼさーくる

Salut(かくれんぼサークル)

 

これも本格的なかくれんぼサークルもあったり、様々なアウトドアな活動をするサークルだったりと活動内容は個々によって異なります。

スポンサーリンク

駆け落ちした鈴木渉大とは?

そんな駆け落ちしたとされる法政大学の鈴木渉大さんは、42歳の母親にラブレターを送ったりと求愛していたのでした。

結ばれない2人が駆け落ちしてとロミオとジュリエット的な感じになっていますが、駆け落ちした母親の家族からは大迷惑。

 

しかも、家庭の生活費200万円を持ってい行かれて、旦那は失明しているため、生活が厳しい状態となっているのです。

 

しかし、それでも家族は母親と会いたいと願っているのです。

 

そんな事も知ってかしらずか、駆け落ちした鈴木渉大さんは留学先のフィリピンから2月25日に帰国してからは実家に帰らずにそのまま駆け落ちしていったようです。

 

そして、この駆け落ちした鈴木渉大さんの行動について、同じ大学に通う知人が過激なコメントをしていました。

かくれんぼサークル
(画像引用元:http://cdn.buzz-plus.com
かくれんぼサークル
(画像引用元:http://cdn.buzz-plus.com
かくれんぼサークル
(画像引用元:http://cdn.buzz-plus.com
かくれんぼサークル
(画像引用元:http://cdn.buzz-plus.com
かくれんぼサークル
(画像引用元:http://cdn.buzz-plus.com

同じかくれんぼサークルにまで所属していた知人のようですが、これだけ怒っております。

 

これだけ怒るということは、その人がどれだけ周りが迷惑を被っていることがよく分かります。

 

ドラマや映画ではよく見られがちな「駆け落ち」ですが、現実は周りの多大な迷惑をかけることなので許される行為ではないようです。

鈴木渉大は法政大学かくれんぼサークル所属!双方に多大な迷惑!

確かにツイッターで拡散したことも迷惑がかかっている要因かもしれません。

 

しかし、そもそも家庭の生活費200万円を持ったまま駆け落ちしたことが発端で問題なのです。

 

そのため「かくれんぼサークル」にも迷惑をかけており、一刻も早く駆け落ちの幻想から目を覚めて戻ってきてください。

 

ヨシコヨシコ

「かくれんぼサークル」は大学によって軽め本格的か分かれるよ!(大事なことなので何度も)
せばな~

徳永美穂は電波子17号でタレント!電波少年で芸能活動していた!