2017年6月23日に小林麻央さんが亡くなられたことにより、全国で衝撃がおきていますが、そこでなりすましでツイータしたことが問題となっています。

 

なりすましは、某法律事務所の弁護士をなりすまし、小林麻央の姪と親戚として嘘をついてツイートをしていたのです。

 

そんな許されない・悲しいなりすまし行為が行われましたが、被害にあった法律事務所と弁護士は誰なのでしょうか?

また、なぜこのようななりすましが起きてしまったのでしょうか?

 

ということで今回は、小林麻央の親戚ツイートとなりすましの被害にあった法律事務所と弁護士と、なぜなりすまされたのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

小林麻央の親戚なりすましツイート被害の法律事務所とは?理由は唐澤貴洋への愉快犯か?

2017年6月23日に小林麻央さんが亡くなったことがわかった、その日の23日午前2時50分になりすましのツイートをされました。

小林麻央 なりすまし
(画像引用元:http://i.huffpost.com

そこには、法律事務所の公式ツイッターを装うアカウントかなりすまし、弁護士名まで記載されていました。

 

それだけでなく、「私の姪の小林麻央」と親戚と嘘をついたりと心無いツイートがされたのです。

 

そしてこのツイートは瞬く間にネットに拡散されて、話題になってしまったのです。

なりすまし被害は法律事務所クロスで唐澤貴洋?理由は?

今回はなりすましの被害にあった事務所は「法律事務所クロス」で、記載された弁護士名は唐澤貴洋さんのようです。

 

そんな被害にあった唐澤貴洋さんはネットでは誹謗中傷と叩かれまくっている人物で、殺害予告までもが常態化している人物です。

 

そのため、今回の小林麻央さんの親戚とツイートなりすましで唐澤貴洋さんを使ったのは、いつも唐澤貴洋さんを叩いている方が起こした愉快犯の可能性が高いと思います。

 

いくら唐澤貴洋さんへの誹謗中傷が毎度のことなので麻痺しているのかもしれませんが、現在悲しみの中で小林麻央さんの親戚と嘘をつくのはやりすぎです。

 

そして被害にあった唐澤貴洋さんの法律事務所では、状況次第では、警察に被害届を出すことも検討しているとのことです。

スポンサーリンク

唐澤貴洋とは?なぜここまで叩かれる?

小林麻央 親戚 なりすまし
(画像引用元:https://i.ytimg.com

生年月日    1978年1月4日
出身地     東京都
職業      弁護士、アプリ制作会社役員

 

唐澤貴洋さんは弁護士となり、2011年には父親とともに法律事務所を設立し、2014年にはアプリ制作会社の役員、2015年にはネットに関する法律問題に特化した法律事務所クロスを共同で設立しました。

 

そんな唐澤貴洋さんがここまで叩かれるきっかけとなったのが、2ちゃんねるで3年間ほぼ毎日煽りや中傷を含めた自分語りをする長谷川亮太さんの弁護をしたことで始まりました。

 

この2ちゃんねるで煽りや中傷を含めた自分語りをする長谷川亮太さんは、案の定怒りを買ってまれに見る規模の特定騒動・誹謗中傷をされます。

 

そのため、本当は被疑者ですがたまらず長谷川亮太さんは弁護士をすがりますが、それが唐澤貴洋さんでした。

 

当初は唐澤貴洋さんの介入により鎮火されるかと思いきや、唐澤貴洋さんの職務上の不手際や、非常識な言動が続々と発見されるにつれ、矛先が唐澤貴洋さんに向かうです。

 

そして誹謗・中傷は弁護士である唐澤貴洋さんにまで及び、「無能」と罵り、どの程度の誹謗中傷なら開示されないのかという無茶苦茶なチキンレース等と遊び始めるのです。

 

それだけでなく、唐澤貴洋さんはそのような誹謗・中傷に反抗するので、いじれば面白い反応が出てくるとエスカレートしていくのです。

 

そのため、ネットでは誹謗中傷と叩かれ、殺害予告までもが常態化している事態にまでなっているのです。

小林麻央の親戚なりすましツイートが酷い…法律事務所・唐澤貴洋への愉快犯でもやりすぎ!

いくら唐澤貴洋への誹謗・中傷が当たり前となっていたも、亡くなったその日に、それを話題にしてなりすましツイートするのはやりすぎです。

 

そもそも麻痺していますが、誹謗・中傷が定着しているのも異常なんですけどね…

 

流石に今回のは、自身のネットに強い弁護事務所だけでなく、ちゃんと警察に被害届を出しは方が良いと思います。