受水槽で泳いでTiktokで炎上した犯人ゆうきさんですが、2人で2千万円の損害賠償を請求されてピンチとなっています。

 

そんな、受水槽で泳ぐ犯人ので2千万円の損害賠償を請求されるまでの経緯は?

 

ということで今回は、受水槽で泳ぐ犯人ゆうきの末路を紹介します。

スポンサーリンク

受水槽泳ぐ犯人ゆうきに2千万損害賠償!泳ぎの経緯・時系列は?

受水槽泳ぐ犯人ゆうきの簡単な時系列

受水槽を泳いだゆうきの、2人で2千万円の損害賠償を請求されるまでの簡単な時系列は以下となっています。

受水槽泳いだ男性の時系列

2018年9月:受水槽で泳ぎ、動画をTiktokに投稿

2019年6月:受水槽を泳ぐ動画は炎上し、犯人も「ゆうき」と特定

2019年7月:受水槽を泳いだ犯人、書類送検

2019年8月:受水槽を泳いだ犯人、不起訴処分

2020年2月:犯人2人、2000万円の損害賠償を求め福岡地裁に提訴される

受水槽泳ぐ犯人ゆうきの損害賠償2千万円までの時系列

受水槽で泳ぎ、動画をTiktokに投稿して炎上

2018年9月に下請け業者の男性2人は受水槽で泳いでTiktokに投稿し、2019年6月に炎上しました。

 

この貯水槽は住民が安全な飲料水として使われるものです。

 

その中に汚いバカが承認欲求を満たすために入り込み、住民に迷惑をかけていたのでした。

受水槽泳ぐ犯人は設備屋「ゆうき」で特定

受水槽で泳ぐ犯人はTikTokから名前は設備屋「ゆうき」で、場所は「福岡の糸島」ではないかと特定されていました。

貯水タンク 泳ぐ
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

 

まず、貯水タンク泳ぐ犯人TikTokから、名前なおそらく「ゆうき」であることが特定。

 

そして、「ゆうき」の同僚TikTokアカウントから、「福岡の糸島」ではないかと特定されていました。

ただ、後の報道で「福岡県志免町」だと判明したようです。

 

このように、「ゆうき」はTikTokで証拠を残しまくっているせいで、特定されているのでした。

スポンサーリンク

受水槽で泳いだ理由判明

受水槽泳いだことで下請けの大物とである大和ハウスは謝罪をし、同時期に受水槽で泳いだ理由は判明しました。

 

設備屋「ゆうき」は捨てる水だからもったないから泳いだとのことです。

 同社によると、動画に映っているのは、同社が受水槽の施工を依頼した水道設備会社の従業員。同社が確認したところ、3人が2018年9月に受水槽の清掃や点検をした際に、内部で泳いだことを認めた。泳いだ後に受水槽を清掃したといい、同社の調査に「水を入れて流す前にもったいないので泳いだ」と話しているという。

引用:受水槽で遊泳、動画は協力会社作業員 大和ハウスおわび

なんでも、ゆうきが泳いだ水は「入れ替える前の水」らしく、捨てる水だから泳いで仕事中に遊び、TikTokにバカ配信していたのでした。

受水槽泳ぐ犯人ゆうきが書類送検で起訴求める

2019年7月に、受水槽で泳いで迷惑動画を配信した犯人は偽計業務妨害容疑で書類送検されました。

 アパートの飲料水をためる受水槽で泳ぎ、動画をネットにアップしたとして、福岡県警は5日、水道関連工事の3次下請け業者の男(30)=同県糸島市=と4次下請け業者の男(28)=福岡市早良区=を偽計業務妨害容疑で書類送検し、発表した。起訴を求める「厳重処分」の意見をつけた。2人とも容疑を認めているという。

粕屋署によると、2人は昨年9月22日午後3時45分ごろ、同県志免町に建設中のアパートの受水槽で泳いで、その様子を会員制の動画サイトにアップし、元請け業者の大和ハウス工業福岡支社の男性支社長(61)の業務を妨害した疑いがある。

その場には、2次下請け業者の20代男性会社員もいた。3次下請け業者の男は「どうせ清掃するのだから、泳いで他の2人を笑わせようと思った」、4次下請け業者の男は「アップすれば面白いといった出来心でやった」と話しているという。

引用:受水槽で泳ぐ動画投稿容疑で書類送検 「笑わせようと」

 

犯人は面白いと思って友達に見せようと、全世界に残るネットに残して迷惑動画を配信しました。

 

しかし、人々の飲水に使う受水槽で泳ぐ行為は馬鹿であり、偽計業務妨害容疑で書類送検されたのでした。

受水槽泳ぐ犯人ゆうき、不起訴

受水槽泳ぐ犯人男性2人ですが、2019年8月に福岡地検が不起訴にしました。

福岡県志免町に建設中のアパートの受水槽の中で泳いでいる動画を会員制の動画サイトにアップし、元請けの住宅会社支社長の業務を妨害したとして、偽計業務妨害容疑で書類送検された水道関連工事の3次下請け業者の男性(30)と4次下請け業者の男性(28)について、福岡地検は29日、不起訴処分とした。「起訴するに足りる証拠がなかった」としている。

引用:受水槽で泳ぐ動画投稿の男性2人 福岡地検が不起訴に

スポンサーリンク

受水槽泳ぐ犯人男性2人、2千万円の損害賠償を請求

受水槽泳ぐ犯人男性2人は不起訴になりましたが、犯人の会社は被害額は約8700万円に上るとし、2人に一部の2千万円を損害賠償請求しました。

受水槽管理を請け負った同県の水道設備工事会社が、動画を投稿した下請け業者の男性2人に2000万円の損害賠償を求め福岡地裁に提訴した。

訴状などによると、受水槽は大和ハウス工業(大阪市)が建設した賃貸アパートに設置。原告の会社は、大和ハウスから受水槽の給排水設備工事を請け負った別の会社から工事の一部を受注し、その一部をそれぞれ福岡県内で設備工事業を営む当時20代の被告2人に委託した。

この動画が19年6月になってツイッター上に転載されると、100万回以上再生され騒動となった。このため大和ハウスは、受水槽の交換や給水管の洗浄、入居者への慰謝料などで約1085万円の負担を強いられ、最終的に原告の会社が同額を支払った。

原告の会社はこの他、騒動により別の大手取引先から新規工事を打ち切られ、今後3年間に得られるはずの約7400万円の利益を失ったと主張。弁護士費用を含めた被害額は約8700万円に上るとし、2人に一部を損害賠償請求した。

引用:受水槽泳ぎ「めっちゃ気持ちいい」 動画投稿の下請け男性を工事会社が提訴 福岡

 

大和ハウスから請け負った大本の会社は入居者への慰謝料などで約1085万円の負担だけでなく、騒動により別の大手取引先から新規工事を打ち切られ、利益も約7400万円の利益を失いました。

 

そして、最終的に被害額は約8700万円に上るとし、2人に一部の2千万円を損害賠償請求したのです。

受水槽泳ぐ犯人ゆうきに2千万損害賠償!泳ぎの経緯・時系列を紹介!

受水槽を泳いだ男性2人は炎上にとどまらずに書類送検からの不起訴、会社には8千万円の被害があるとして、2千万円の損害賠償を請求されるのでした。

 

一時の目立つ・承認欲求を満たすために何も考えない行為はこれだけの被害をもたらすことがあります。

 

みなさんも、動画を投稿する時には、その後に起きる被害を考えて行動して下さい。

 

せばな~

スポンサーリンク