児童相談所から委託されたNPO法人が、夜中に助けを求めた女児を追い返して話題になっています。

 

そんな、女児を追い返して児童相談所の機能を果たさなかった委託されたNPO法人とは?

 

ということで今回は、女児を追い返した児童相談所から委託されたNPO法人「社会還元センターグループわ」を紹介します。

スポンサーリンク

社会還元センターグループわが女児追い返す!児童相談所委託のNPO法人特定!

女児追い返すNPO法人は「社会還元センターグループわ」で特定!

女児追い返すNPO法人は「社会還元センターグループわ」で、報道により特定されました。

 センターが夜間・休日の対応を委託しているNPO法人「社会還元センターグループわ」(同市北区)の男性職員。

女児は10日午前3時すぎ、一人で同センターを訪れた。インターホンを押して「家庭でもめ事があり、親から家を追い出された」と説明したが、男性職員は画面越しに「警察に相談しなさい」と対応。女児は約30分後、生田署の交番を訪れて保護された。

センターのマニュアルでは、夜間や休日に来庁者や通報があった場合、当番の職員はセンターの係長に報告して対応することになっていたが、男性は生田署から連絡があるまで係長への報告を怠っていた。女児はその後一時保護され、センターは今回のケースを虐待と判断した。

センターの聞き取りに対し、男性職員は「インターホン越しで比較的年齢が高いように見えた。発言からも緊急性が感じられなかった」などと説明したという。センターは「不適切な対応だった」と謝罪。男性を指導した上、同法人に対しても、マニュアルに沿った対応の徹底を要請したという。

引用:「警察に相談しなさい」児童相談所、女児追い返す 午前3時すぎ来所、保護せず

 

社会還元センターグループわの男性職員が対応したようですが、明らかに児童相談所の機能をしておらず不適切な対応だったのです。

 

「比較的年齢が高いように見えた」と説明したが、夜中に女性が助けを求めているのに追い返すのは明らかに児童を助ける児童相談所として役割を果たしていないですね…

NPO法人「社会還元センターグループわ」とは?活動内容は?

NPO法人「社会還元センターグループわ」は、高齢者のための生涯学習機関「神戸市シルバーカレッジ」で3年間学んだ方が会員となって広く社会に貢献するボランティアグループの集合組織です。

社会還元センターグループわ
(画像引用元:https://lh3.googleusercontent.com

 

以下が、「社会還元センターグループわ」のサイトに書かれていた、活動内容と概要となっています。

活動内容

【部会活動】 約60のグループが、それぞれ自主的に、様々な活動に取り組んでいます。小学校、児童館、福祉施設などで ボランティア活動をおこなったり、国際交流や環境保全に取組んだりしています。

【地域活動】 会員が居住する各区(東灘区から西区までの9区)に区会を置き、各区会内のグループが、地域に根ざしたボランティア活動を行って います。

【イベント】 神戸市やこうべ市民福祉振興協会が主催するイベントを支援するほか、グループわが独自に 主催するイベントを実施しています。
(例)しあわせの村のわいわいストリート、しあわせの村まつり、夏休み工作塾、こべっこランドあきまつり、など

【本部活動】水の科学博物館の管理運営、須磨一の谷プラザの管理運営、パソコン教室、 学習支援活動、花実の森の整備、こどもを守る電話相談業務 などを行っています。

引用:グループわ 自己紹介


グループわの概要  

設立登記日 平成16年4月27日
(前身の神戸市シルバーカレッジ社会還元センターグループ わ は平成9年7月22日設立)

会員数  1,436名(平成31年5月30日現在)

設立の沿革
平成5年9月 しあわせの村に高齢者を対象とした神戸市シルバーカレッジが開校。

平成7年1月 阪神・淡路大震災により、キャンパスは救援物資の集配拠点となり、
約半年間休校となったため、第1期、第2期学生達は被災者の炊き出し、
救援物資の整理、発送などボランティア活動を自発的に実施。

平成9年7月 この震災支援を契機に、建学の精神 「再び学んで他のために」 の
理念を実践するため、第1期生の卒業後のボランティア活動拠点として、
「神戸市シルバーカレッジ社会還元センターグループ わ 」を設立。

平成16年5月  通常総会において「神戸市シルバーカレッジ社会還元センター
グループ わ 」を 発展的に解散し「特定非営利活動法人 社会還元センター
グループ わ 」として発足、現在に至る。

引用:グループわの概要

 

「社会還元センターグループわ」は、高齢者のための生涯学習機関「神戸市シルバーカレッジ」を学んだ方々なので、基本的には高齢者達に活動している所のようです。

 

そのため、追い返した男性職員は高齢者の可能性が高く、判断を見誤ったのかと思われます。

スポンサーリンク

女児追い返した児童相談所「神戸市こども家庭センター」の場所

〒650-0044 兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目3

児童相談所が委託したNPO法人「社会還元センターグループわ」の場所

〒651-1106 兵庫県神戸市北区しあわせの村1-16

社会還元センターグループわが女児追い返す!児童相談所委託のNPO法人特定で高齢者が塩対応?

児童相談所で女児を追い返した委託されたNPO法人は「社会還元センターグループわ 」と特定されました。

 

そして、活動内容や概要を見る限りでは、高齢者のボランティア活動であり、高齢者の男性職員が見誤ったのかと思います。

 

確かにこれは児童相談所の機能を果たしておらず許されざる行為です。

 

しかし、怒りに任せて児童相談所に苦情電話や突撃すると、さらに相談したい方々が相談にいけなくなるのでそれは辞めておきましょうね…

スポンサーリンク