飯塚幸三さんが上級国民だから逮捕されないということで、「上級国民」が話題になっています。

 

そんな、上級国民とはどんなもので、上級国民たらしめる行いとは?

 

ということで今回は、上級国民について、

  • 上級国民とは?wiki削除で内容は?
  • 上級国民は無罪で逮捕されない?下級国民逮捕まとめ!

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

上級国民とは?wiki削除で内容は?飯塚、千野は無罪で下級は有罪?

上級国民とは?wikiの内容は?

上級国民とは一般人とは違う格上で、なんでも許される嫉妬の存在として今は使われており、きっかけは東京エンブレムのデザイナー佐野研二郎さんが作り上げました

 

削除されたwikiによると、上級国民とは以下の内容となっています。

実際の日本社会においては、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において様々な格差が存在し、特権的に国民の権利を享受し、また特権的に国民の義務を果たさない国民が存在する。

そのような国民及びその母集団を、通常の権利を享受し、義務を果たす大多数の国民及びその母集団と区別したものが上級国民という概念である。

上級国民という概念では、法的に平等であるはずの権利や義務が特権的に享受されるため、先述した言葉とは区別される。つまり上級国民という概念は、専ら自らの努力により獲得した社会的な身分などではなく、他者の力によって得た身分であり、その概念は親の七光りといったものなどと近い。

引用:上級国民

 

また、削除されたwikiによると、上級国民のきっかけは、佐野研二郎さんが発した「一般の国民の方々」の差別的な発言から生まれました。

この言葉が生まれ、広まった背景としては2020年東京オリンピックエンブレムに関する騒動がある。2015年7月、多数の応募作品の中からデザイナー佐野研二郎によるエンブレム案が採用されることが発表された。しかしその後このエンブレム案について、海外の劇場ロゴで先行する類似したデザインが使用されていたことが判明し、盗用ではないのかという疑惑が持ち上がった。

2015年9月1日に五輪組織委員会はこのエンブレム案の採用を中止することを決定し、その件について記者会見を開いた。その会見で五輪組織委員会の武藤敏郎事務総長がこの判断に至るまでの経緯の説明を行ったが、その中で、(エンブレム応募作品の審査にあたった永井一正審査委員長の意見を紹介する、という形で)「一般の国民の方々」「一般国民」という言葉が使用された。

『ここまで色々な形で問題となった時に、一般の国民の方々が、今のような説明で本当に納得されるかどうかということについては、現状、問題があるかもしれません

『残念ながら、自分のこのような説明、それから佐野さんの説明は、専門家の間では十分分かり合えるんだけれども、一般国民にはわかりにくい、残念ながらわかりにくいですね

この会見以降、インターネット上で「お前たちは一般国民ではないのか」「デザイン業界の人間は一般国民ではないのだな」という批判が広まり、ここに上級国民という言葉が誕生した。

引用:上級国民

このように、上級国民は我々一般国民とは違うという差別的なことから生まれた用語です。

スポンサーリンク

上級国民は無罪で逮捕されない?

上級国民・飯塚幸三が逮捕されない?

上級国民の飯塚幸三さんは退院後も逮捕されずに任意で捜査することが判明して炎上しました。

 

もともと、飯塚幸三さんが母娘を殺したのに逮捕されないと批判が出ており、そもそも入院だから逮捕されないのも前例からしておかしいと思われていました。

しかし、高齢者だからと退院まではと思っていたが、退院後も逮捕されない事で、一気に溜まっていた批判が出て炎上したのでした。

池袋事故の現場の様子・内容は?

2019年4月19日に午後0時に高齢者ドライバーの飯塚幸三さんが10人はね、女児とその母親2人を死亡した大事故を起こしました。

19日昼すぎ東京 池袋で87歳の高齢者が運転する車が自転車に乗る親子などを相次いではねたあと、ごみ収集車に衝突し、横断歩道を渡っていた歩行者を次々に巻き込みました。この事故で3歳の女の子と母親が死亡し、8人がけがをしました。現場にブレーキをかけた痕はなく警視庁は赤信号を無視して交差点に進入したとみて事故の状況を調べています。

19日午後0時25分ごろ、東京 豊島区東池袋で、乗用車が横断歩道を自転車で渡っていた男性や親子をはねたあと、交差点でごみ収集車に衝突し、横断歩道を渡っていた歩行者を次々に巻き込みました。

警視庁によりますと、この事故で10人が病院に搬送され、このうち自転車で横断歩道を渡っていた近くに住む松永真菜さん(31)と、うしろの座席に座っていた娘の莉子さん(3)が死亡しました。

これまでの調べで、乗用車は最初にガードレールに接触する事故を起こし、70メートル先の横断歩道で自転車の男性1人をはね、その後、70メートルほど先にある横断歩道で死亡した親子をはねたということです。

さらに交差点を曲がろうとしたごみ収集車に衝突し、そのはずみで横断歩道を渡っていた歩行者4人を次々に巻き込んだということです

引用:87歳運転の車が歩行者次々にはねる 母娘死亡 8人けが

 

現場の様子は以下となっており、死んだ親子が乗っていた自転車は、重い電動アシスト自転車なのに溶接じゃない部分がちぎれる、凄惨な状況を物語っていました。

飯塚幸三の顔画像は?上級国民で逮捕されない?

飯塚幸三さんは元官僚でクボタの元副社長の上級国民のため、さん付けして報道も控えていると噂されました。

 

実は母娘を交通事故を起こして死亡させた飯塚幸三さんは東大卒の旧通産省・元工業技術院長でクボタの元副社長、平成27年秋の勲章受章者をもらっている上級国民のようです。

 

そのため、このように上級国民をすぐに逮捕できない、報道できないと忖度したと、母娘を殺害した怒りも込めて批判が出ているのでした。

 

ただ、飯塚幸三さんは病院に搬送され入院しているから逮捕されておらずに今の所は「さん付け」となっており。

飯塚幸三さんが退院したらもれなく逮捕されて「容疑者」扱いになることでしょう。

 

そのため、退院後して逮捕された時に報道が「飯塚幸三容疑者」としっかり伝えたならば忖度はしていないと思うので、まだあわてるような時間ではありません。

上級国民・千野志麻アナが逮捕されない?

千野志麻アナも上級国民だから死亡事故を起こしたのに逮捕されず、静岡簡易裁判所で100万円の罰金刑だけで終わったと言われています。

 

千野志麻アナは父は2003年から沼津市議会議員の千野慎一郎さんで政治家、旦那は福田康夫の甥でゴールドマン・サックス社員の横手信一さんという上級国民です。

 

そんな千野志麻アナは2013年1月2日に静岡県沼津市のホテルの駐車場で自動車を運転中に場内を歩いていた38歳の男性看護師をはね、死亡させる事故を起こしています

上級国民 千野志麻
(画像引用元:https://stat.ameba.jp

上級国民 千野志麻
(画像引用元:https://cdn-ak.f.st-hatena.com

この死亡事故により千野志麻アナは自動車運転過失致死の疑いで静岡県沼津警察署により書類送検され、出演していた番組を全て降板しました。

 

ところが、死亡事故を起こしたのに逮捕されず、静岡簡易裁判所で100万円の罰金刑だけで終わったと不信感が募り、千野志麻アナが上級国民で政治的圧力がかかったからと噂されたのでした。

 

そんな、千野志麻アナの交通死亡事件の上級国民逃れ疑惑が、今回の飯塚幸三さんも上級国民だから逃れたと重ねて見ている方が多くて話題になったのでした。

下級国民は有罪で逮捕される?

怪我して同じ80代だけど逮捕

上級国民の飯塚幸三さんは怪我したから逮捕は免れたが、同じ高齢で怪我をした無職・川端清勝容疑者は逮捕されました。

 前橋市北代田町の県道で乗用車にはねられた自転車の女子高校生2人が重体となった事故で、群馬県警は9日午後、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、同市、無職川端清勝容疑者(85)を逮捕した。

県警によると、川端容疑者は「気が付いたら事故を起こしていた」と供述しており、体調面に問題がなかったか調べる。川端容疑者の家族によると、高齢なことや最近、物損事故を起こしたことからなるべく運転させないように気を付けており、9日も止めようとしたが止めきれなかったという。

重体の2人は市立前橋高3年大嶋実来さん(18)=同市元総社町=と同校1年太田さくらさん(16)=同市高井町1丁目。同校によると、始業式のため登校中だった。

引用:運転過失容疑で85歳男逮捕 前橋の高校生2人重体事故

 

この川端清勝容疑者の判例は、同じく高齢ドライバーで怪我をしていると比較され、やっぱり上級国民と下級国民で逮捕の差がでるのかと批判がでました。

パートの女で逃亡できないけど逮捕

今度はパートの女性なので逃亡はできなさそうだが逮捕されました。

23日午後4時10分ごろ、埼玉県さいたま市浦和区神明2丁目の市道で、道路の真ん中に座っていた、さいたま市南区の小学2年の男児(7)が乗用車にはねられた。男児は頭を強く打つなどして重傷。

浦和署は同日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していた同区神明、パートの女(58)を現行犯逮捕した。

同署によると、現場は県道と市道が交差する信号機のない交差点。事故が起きた市道は幅員約3・7メートルの狭い道路だった。男児は別の男児と下校途中だったが、道路の真ん中に一人で座り込んでいたところ、乗用車にはねられたという。近所に住む女性が119番した。

女は「衝突してしまったことに間違いない」と容疑を認めているという。同署で詳しい事故原因を調べている。

引用:小2男児、車にはねられ重傷 別の男児と下校途中、道路の真ん中に一人で座り込む/さいたま

 

この事件も同じく子供を轢いてしまい、現行犯逮捕されました。

 

しかし、パートの女性なので逃亡はできなさそうだが逮捕され、やっぱり上級国民で勲章持っているから逮捕されないと比較されて批判が出ました。

神戸バス事故で逮捕

飯塚幸三さんの事故後に起きた神戸バス事件ですが、こちらは普通に逮捕されてやっぱり上級国民は逮捕されないとすぐに比較されました。

 神戸市営バスがJR三ノ宮駅前の横断歩道に突っ込んで2人が死亡し6人が重軽傷を負った事故で、運転手の大野二巳雄容疑者(64)=自動車運転処罰法違反容疑で逮捕=が停留所を発進して横断歩道に突っ込む際に「前をよく見ていなかった」と供述していることが23日、捜査関係者への取材で分かった。

バスのドライブレコーダーには発進直前、車内で観光客に道案内する様子が記録されていた。兵庫県警は、客対応に気を取られた後に、前方不注意のままバスを動かした可能性があるとみて慎重に調べている。

引用:「前見なかった」と供述、神戸 不注意で発進か、バス事故

 

この事件でも2人が死亡する最悪の交通事故であり、当然のですが運転手の大野二巳雄容疑者は現行犯逮捕されました。

 

それなのに、飯塚幸三さんは現行犯逮捕されないであることが、直近だったこともあり、比較されて批判が出ました。

スポンサーリンク

上級国民だから逮捕されない?

実際に上級国民は影響力が大きいから逃亡する可能性が殆どないとして、逮捕されにくいようです。

 

「弁護士 深澤諭史のブログ」によると、以下のように説明しています。

はっきりと申し上げると、「上級国民は逮捕されにくい」という事は間違いなくいえると思います。

逮捕や勾留は、このような弊害を避けるために、被疑者に、犯罪の疑いがあることを前提として、証拠隠滅したり、逃亡するような危険がある場合に限り認められます。

犯罪をしたというのは間違いなく認定できたとしても、逃亡や、証拠隠滅の可能性がなさそうであれば、逮捕勾留されないこともあります。また、犯罪をしたという事について、確信がもてない場合であっても、逃亡や証拠隠滅をする可能性が高い、というケースでは、逮捕勾留が認められやすくなります。

上級国民は、通常、職業や、住居がしっかりしている、また、財産もあるでしょう。ですから、それらを全部なげうって逃亡するという事はなかなか考えにくいです。そうすると、逃亡する可能性はほとんどないという判断に結びつくでしょう。

上級国民は、身体拘束で失うものが大きいので、そんなリスクを無視して、証拠隠滅には及ばない、ということです。

そういうわけで、上級国民という身分(そんなものがあるわけではないですが)そのものに着目をしているというわけではありませんが、結果的に、上級国民の持つような属性が、逮捕勾留を否定するような事情になっている、ということがいえると思います。

以上乱暴にまとめてしまうと、上級国民だと逮捕されにくいというのは、一応は真実であるといえると思います。

引用:「上級国民だから逮捕されない」は弁護士から見ても本当と思う理由

つまり、上級国民は「偉いから逮捕され無い」のではなく、「偉いから影響力が大きいため、逃亡できない・証拠隠滅しない」から逮捕されないとのことです。

 

ただ個人的には、現在は「影響力が大きいから逮捕しない」より、「逮捕しないことでの影響」のほうが大きいので平等に逮捕したほうが良いと思います。

上級国民だから実名報道されない?

実名報道されないのは公共の利害に関する程度が大きいが理由であり、まさしく上級国民だからと証明されてしまいました。

「罪を犯した人物として実名で報道するということは、報道の内容が真実であっても、その人物の社会的評価を大きく傷つけることになります。また犯罪事実は通常、人が公開を欲しない事柄です。そのため、実名報道は、名誉棄損やプライバシーの侵害になりえます。

それでも実名報道が許されているのは、犯罪事実の存在とともにその罪を犯した人物が誰であるかは、公共の利害に関する事実であると考えられているためです。

そうはいっても、全ての事件を実名報道することは、捜査機関も報道機関も謙抑的であり、実名報道をすべき公共の利害が認められる事件についてのみ実名で報道されています。例えば、殺人などの重大事件や振り込め詐欺などの社会問題となっている事件については、公共の利害に関する程度が大きいと考えられています。また、被疑者が公務員や政治家、著名人、大企業の従業員である場合についても同様です。

飯塚氏については、10人もの人が死傷している事件の重大性に加え、高齢者の交通事故という社会問題にかかわる事件であること、また元官僚という公的な側面があることから実名報道をすべきと考えられているのだと思います」

つまり、実名報道されないのは元官僚だったりと高い地位にいる人(上級国民)であり、まさしく国民が思っている上級国民の事をさしています。

 

確かに影響力があるから控えるのもありかもしれませんが、今の世論は上級国民だから報道しない影響力より、報道しないことで起きる批判の影響力の方が高いので等しく実名報道したほうが良いと思います。

スポンサーリンク

上級国民wiki削除で炎上!

そんな上級国民報道ですが、このタイミングで上級国民のwikiが削除されて作成できなくなっため、また上級国民への忖度かと炎上しました。

上級国民とは
(引用元:https://ja.wikipedia.org

多分これも逮捕されない理由と同じく、上級国民というwikiによる影響力が大きいとして、このタイミングで削除して作成できなくしたのかと思われます。

 

しかし、これも「影響力が大きいからwiki削除・作成できない」より、「wikiがこのタイミングで削除して作成できない」という影響力のほうが大きいので辞めたほうが良かったです。

スポンサーリンク

飯塚幸三が逮捕されない理由は上級国民?

入院で捜査が不可能だと逮捕されない?

取り調べ等の捜査をすることが不可能な状況であれば逮捕されないとのことですが、前例に逮捕されている人がいるので批判されています。

 

「弁護士法人・響」の坂口香澄弁護士によると、

逮捕は、刑罰の一環ではなく、捜査の必要のために行われるものですので、身柄拘束をした状況で取り調べ等の捜査をすることが不可能な状況であれば逮捕はされません。

逮捕された場合、被疑者の身柄は、拘置所や留置所等の刑事施設に拘禁されますが、飯塚氏の場合、現在入院して治療の必要性があるということであれば、逮捕して身柄を拘禁することができません。

また、入院を要する状況であれば、身柄を拘束して取り調べ等の捜査をすることもできません。そのため逮捕しないという判断がされていると考えられます。

引用:池袋暴走「逮捕されない」本当の理由とは 弁護士が指摘する「あえてしない」可能性

と、飯塚幸三さんは入院しているから逮捕できないと語りました。

 

しかし、上記で記したように、高齢者で怪我を負っている人も普通に逮捕されています。

 

そのため、前例があるのに逮捕されないのは、入院という理由は建前で、本当は上級国民だと批判されているのでした。

逮捕の必要性(証拠を隠滅するおそれ)がないから?

逃亡するおそれや犯罪の証拠を隠滅するおそれ等の逮捕の必要せいがないが、飯塚幸三さんは息子に電話してFacebook等の証拠隠滅したとして批判されています。

 

「弁護士法人・響」の坂口香澄弁護士によると、

逮捕するためには、逮捕の理由(被疑者が罪を犯したと疑うに足りる相当な理由)に加えて、逮捕の必要性(逃亡するおそれや犯罪の証拠を隠滅するおそれがあること)が認められなくてはなりません。

飯塚氏の場合、事故を起こした事実は明らかなので逮捕の理由はあると考えられますが、入院して体の自由がきかない状況では、逃亡や罪証隠滅をはかるのは非常に困難であると考えられます。

そのため、警察が逮捕しようとしても、逮捕の必要性が認められない可能性もあります

引用:池袋暴走「逮捕されない」本当の理由とは 弁護士が指摘する「あえてしない」可能性

と、証拠隠滅したりする逮捕の必要性がないから、逮捕されないとのことです。

 

しかし、飯塚幸三さんは息子に電話してかは分かりませんが、事故直後に「Facebook削除」「経済産業省の勲章贈呈ページ削除」等と情報を消すという証拠隠滅・隠蔽疑惑が出ています。

 

 

そのため、逮捕の必要性がある証拠隠滅・隠蔽をしているのに逮捕されないのは上級国民だからと炎上しているのでした。

上級国民とはのwiki削除でヤバイ!飯塚、千野は無罪?

上級国民とは一般人・下級国民と分ける差別用語であり、実際に上級国民は影響力が大きいとして逮捕されにくいようです。

 

しかし、今の時代は逮捕されないということのほうが影響力が大きいので、平等に我々下級国民と同じく逮捕した方が時代の流れとして良いと思います。

 

果たしてこの上級国民は今年の流行語大賞となってしまうほど、今後も話題になってしまうのか注目です。

小山京介バイトテロ!イエローハット不適切動画で犯人と場所特定!