2018年6月1日放送の「超問クイズ!」で、気になる問題がありました!

 

「時速1000キロ以上で走れる車ある?」

 

時速1000キロ以上となると音速にも届きそうですが、最速でどれくらいの車が誕生しているのでしょうか?

 

ということで今回は、時速1000キロ以上で走れる車あるのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

時速1000キロ以上で走れる車ある?最速・音速の車とは?動画は?

初の音速を超えた「スラストSSC」

実際に時速1000キロ以上で走れる車があります。

 

時速1000キロ以上で走れる車は「スラストSSC」という車で、時速1,227.985キロメートルで世界初の「音速を突破した自動車」です。

「スラストSSC」はイギリスで設計・製作された車で、全長16.5メートル、全幅3.7メートル、重量は10.5トン。

 

イギリス仕様のジェット戦闘機F-4K/M(ファントムFG.1/FGR.2)に積まれるものと同じロールスロイス・スペイと呼ばれるエンジンを2基搭載しています。

 

また、毎秒18.2リットルの燃料を消費するとのことです。

 

車と言いますが、ジェット機のエンジンを積んだりと、ほぼ陸を走る戦闘機ですね…

スポンサーリンク

史上最速を目指す「ブラッドハウンドSSC」

そんな初の音速超えた「スラストSSC」を超える時速1600kmで走行することを目指しているイギリスの車「ブラッドハウンドSSC」が登場しています。

「ブラッドハウンドSSC」もイギリスで設計・製作された車で全長12.9m、全幅2.5m、重量は6422kg。

 

エンジンにはユーロファイター・タイフーン等で使われているユーロジェット EJ200ターボファンエンジン、末端水酸基ポリブタジエンと高濃度過酸化水素を燃料・酸化剤とし、その燃焼ガスを推進剤とするNammo製ハイブリッドロケットエンジンを使用しているとのこと。

 

そして、計算上では最高速度は時速約1000マイル(約1600km/h)以上に達する予定となっています。

 

2017年10月には時速320kmの低速テストを成功しており、2018年10月には時速800kmでのテストと少しずつテストを重ねているようです。

ちなみに時速800kmでのテストは、車が非常に不安定になる速度のため、成功させるためにデータの収集等に必要なのです。

 

そのため、1マイル(約1.6km)を3.6秒で走るという、最速の車を作り上げるのはまだまだテスト段階で先のようです。

時速1000キロ以上で走れる車!最速・音速の車を製作!

時速1000キロ以上で走れる車はすでに存在しており、最速の車は音速を超えているのです。

 

そして、現在はさらに速い車を製作中であり、ロマンがあっていいですね!

 

今後もテスト段階でまだ時間が掛かりそうですが、焦らず安全に最速を目指してください!

ヨシコヨシコ

イギリスで車の最速争いが熱い!
せばな~