2018年2月2日放送の日本テレビ「超問クイズ!真実か?ウソか?」で出題される問題で、気になる問題がありました!

 

「自動販売機は紀元前からあった?」

 

自動販売機といえば近代的な道具だと思いますが、紀元前から作られていたのでしょうか?

 

ということで今回は、自動販売機は紀元前からあったのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

自動販売機は紀元前からあった?自販機の発祥・起源は?

実は世界初の自動販売機は紀元前215年頃、エジプトの寺院に置かれた“お水の自動販売機”が最も古い自動販売機と言われています。

自動販売機 紀元前
(画像引用元:https://rr.img.naver.jp

実際に自動販売機は聖水を販売するための装置で、完全自動で水を出すことが出来ました。

 

仕組みは5ドラクマ硬貨を投入すると、硬貨の重みで栓が開き、蛇口から水が出ると”テコの原理”を応用した自動販売機です。

自動販売機 紀元前
(画像引用元:https://blogimg.goo.ne.jp

また、記述図解はアレクサンドリアのヘロン著「気体装置」に記されており、ヘロン自身の発明かは分かっていないとのことです。

現在の形となった最古の自動販売機は?

最古の自動販売機は紀元前にエジプトで作られたものですが、現存している今の形のような最古の自動販売機は、1615年のイギリスの煙草自販機で居酒屋や宿屋に設置したものです。

自動販売機 紀元前
(画像引用元:http://www.1242.com

そして、イギリスでは1857年にデンハムさんの郵便切手自販機に対して初めて特許が付与されて、自動販売機が正式に認められました。

 

またアメリカは1884年に特許が与えられ、1888年にニューヨークの駅プラットフォームに初めてガムの自動販売機が設置されました。

 

それから1925年にウィリアム・ロウさんが異なる価格の多品種の商品を販売できる煙草自動販売機が開発し、これが近代の自動販売機の形となっていったのです。

スポンサーリンク

日本最古の自動販売機は?

日本では1888年に俵谷高七さんがタバコなどを販売する自動販売機が日本最古の自動販売機となります。

 

そして、俵谷高七さんの自動販売機は当時の欧米にはなかった、「偽貨排除」「売切時の硬貨返却」の機能が搭載されて画期的でした。

 

さらに、1904年には切手やハガキの自販機を製作し、ポストも一緒になった便利な自動販売機だったのです。

自販機 起源
(画像引用元:http://www.1242.com

しかし、当時の明治時代には単発的・実験的なもので一般には定着していませんでした。

 

それから、1924年に中山小一郎さんが袋入菓子の自販機を制作し、これが日本初の普及型の自動販売機とされています。

自動販売機は紀元前でエジプトが起源・発祥!自販機の歴史は長い!

まさかの自動販売機は最古が紀元前だったとはエジプトは本当に凄いですね…

 

ただ、それから1890年台になってやっと自動販売機が作られてきており、日本でも明治には作られたが実験的だったもので普及は近代になってからでした。

 

そして、普及したのは袋入菓子とは、駄菓子と遊び心があふれる日本らしいと思いました。

 

せばな~