元TBS記者の山口敬之氏に性的暴行を受けたとして話題になっている伊藤詩織さんですが、中国籍で「芦暁楠」が本名の中国人疑惑が出てきました。

 

そんな、伊藤詩織さんが中国籍で中国人と疑惑が出てしまった理由は?

 

ということで今回は、伊藤詩織さんが中国籍で「芦暁楠」が本名の中国人と疑われた理由を調査したいと思います。

スポンサーリンク

伊藤詩織が中国人の理由?中国籍で芦暁楠が本名なぜ?

伊藤詩織は芦暁楠が本名で中国籍?

伊藤詩織さんが中国人籍と言われた理由は、あるツイートの画像に伊藤詩織さんが中国籍の「芦暁楠(ルー・シャオナン)」で破産手続きの書類に明記されていたからです。

伊藤詩織 中国人
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

伊藤詩織 中国人
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

伊藤詩織さんの職業はフリージャーナリストですが、出身校や出身大学等の経歴が非公開となっており、この非公開も中国籍の疑惑が向けられてしまったようです。

伊藤詩織は中国でヒロイン

伊藤詩織さんは中国では権力を持った男たちに勝ったとして「中国のヒロイン」と言われ、「黒箱 日本の恥」は中国ではベストセラーとなるほど知名度と人気を誇ります

『黒箱 日本の恥』は、今年4月に中信出版社が出版するや、たちまちベストセラーとなり、中国国内で大きな反響を巻き起こした。

「もちろん読んだわよ。彼女こそは、日本のヒロインよ! 私が身を置く中国のマスコミ業界でも、どれだけ多くの『伊藤詩織小姐(シャオジエ)』がいて、権力を持った男たちに泣き寝入りさせられていることか。

おそらく中国で、同様の被害に遭った女性が名乗り出ようとしても、何らかの圧力がかかって、裁判を起こしたりはできないでしょう。ましてや体験記を出版するなどということは不可能です。

だからこそ、私たちは彼女を尊敬するのです。その意味では、彼女は『中国のヒロイン』でもあるのです」

引用:「伊藤詩織さん裁判」が中国で大注目される理由

伊藤詩織が芦暁楠で中国人説は嘘?

伊藤詩織さんが中国籍で「芦暁楠」が本名と疑惑が出ましたが、証明となる破産手続きが伊藤詩織が15歳の時になるので同姓同名の可能性があります。

 

伊藤詩織さんが中国籍で「芦暁楠」と言われた、破産手続きは15年前の2004年に発行されたものです。

 

そして、伊藤詩織さんの年齢は2019年現在で30歳なので、15歳の時に破産手続きをしたことになります。

 

そのため、15歳で破産手続きをしたのは考えづらく、伊藤詩織という同姓同名の可能性もあります。

スポンサーリンク

伊藤詩織 プロフィール

伊藤詩織 中国人
(画像引用元:https://img.sirabee.com

生年月日    1989年
職業      ジャーナリスト、映像作家、起業家

 

1989年に神奈川県で生まれ、9歳の時にモデルの仕事を開始し、2014年にニューヨークでジャーナリズムを学びます。

 

2015年に当時TBSの政治部記者でワシントン支局長であった山口敬之さんに性的暴力を受けたとして準強姦容疑で警視庁に被害届を提出します。

 

2017年9月には伊藤詩織さんがが自らの訴えを綴った手記「Black Box」を出版してベストセラーとなります。

 

2019年2月には民事で訴え、同年12月18日に伊藤側の請求を認め、330万円を支払うよう山口側に命じます。

伊藤詩織が中国人の理由?中国籍で芦暁楠が本名は同姓同名で嘘?

伊藤詩織さんが中国籍で「芦暁楠」が本名の中国人と言われた理由は、破産手続きの書類が出てきたからです。

 

しかし、この破産手続きが伊藤詩織さんが15歳のときのため、同姓同名の可能性もあります。

 

果たしてこの疑惑の書類は誰のものなのか、この破産手続きに書類に関しても動向が気になります。

スポンサーリンク