2018年2月4日放送の「おしゃれイズム」に出演する市川染五郎さんですが、かつて隠子を認知した過去がありました。

 

そんな、市川染五郎さんの隠子の母親や、その後の隠子の今はどうなっているでしょうか?

 

ということで今回は、市川染五郎さんの隠子の今と、母親は誰なのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

市川染五郎の隠子の今?母は誰?記者会見で認知済み

松本幸四郎(七代目市川染五郎) プロフィール

市川染五郎 隠子
(画像引用元:https://cdn.mainichi.jp

本名      藤間 照薫(ふじま てるまさ)
別名      松本錦升(舞踊)
出身地     東京
血液型     AB型

 

市川染五郎さんは1978年に父が主演したNHK大河ドラマ 「黄金の日日」の最終回に子役として俳優デビューをはたします。

 

1979年には歌舞伎座「侠客春雨傘」で三代目松本金太郎を襲名して初舞台を踏み、1981年10月に七代目市川染五郎を襲名します、

 

そして、市川染五郎として1990年代から俳優としてドラマ等と出演して歌舞伎と並行して、幅広い活躍を見せ、多くに認知されていました。

 

また、歌舞伎でも新作歌舞伎まで挑戦したり、「アマデウス」や劇団☆新感線の舞台等でも活動をしています。

 

2016年12月には松本幸四郎を十代目として襲名を発表し、2018年1月2日に高麗屋三代襲名披露公演「壽 初春大歌舞伎」初日にて、十代目松本幸四郎を襲名しました。

市川染五郎に隠子?記者会見で認知を認める

市川染五郎さんの隠子が発覚したのは1997年に写真週刊誌によるスクープでした。

 

そして、市川染五郎さんと隠子の母に取材をしたが、市川染五郎側から連絡がなかったため、そのまま写真週刊誌は発売されて明るみにでました。

 

これを受けて市川染五郎さんは記者会見を行い、隠し子がいることを認めました。

「子供がいるのは事実。6年前に誕生した私の子供です。」

「当時は真剣に交際をしており交際をしており認知もしている。
破局についてはお互いそれぞれの道を歩もうとうということになり、お互いのために内緒にしておこうとして交流を絶った。」

「隠し子には一度も会ったことはなく、これからも会うつもりはない。」

市川染五郎さんは18歳の時に交際していたらしく、大学1年生の時に子供が出来てしまったようです。

 

また、市川染五郎さんの隠子については、妹である松たか子さんは知らず、公になって初めてしったとのことです。

スポンサーリンク

隠子の母親とは?隠子の今は?

隠子の母親は6歳年上の元女優で、女優を廃業する前は2時間ドラマの主役を数多く演じていたそうです。

 

それから、市川染五郎さんが生活費を出してやるかわりに、女優を廃業したらしく、お互いに別の道を歩むことになったのです。

 

さらに、別れる際には「お互いのため内緒にしておこう。」と話し合って一切の交渉を絶ち、「これからも会うつもりもない」と語っています。

 

そのため、市川染五郎さんは隠子とも一度も会ったことがないようです。

 

そんな隠し子の今は市川染五郎さんという父親に会わず、1997年のスクープとなると隠子は既に成人となっており、大人になっていることでしょう。

市川染五郎の隠子の今は大人に?母は元女優で袂を分かつ

市川染五郎さんの隠子騒動で、母は元女優ですが既に廃業して現在は別々の道で会っていないとのことです。

 

そのため、大人になった隠子とも一度も会っておらず、袂は分かれているのです。

 

確かに現在は市川染五郎さんも嫁がいて子供もいるので、隠子と会わないほうが良いのでしょう。