軽減税率により、イートインだと消費税10%なため、それを逃れるイートイン脱税が話題になっているようです。

 

そんな、イートイン脱税とはどんなもので、罰則は無いのでしょうか?

また、このイートインによる軽減税率で起きている問題客とは?

 

ということで今回は、イートイン脱税について、

  • イートイン脱税とは?軽減税率で罰則は?
  • イートインの軽減税率で問題客とは?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

イートイン脱税の軽減税率で罰則は?正義マンや迷惑客とは?

イートイン脱税とは?

イートイン脱税とは、イートインだと10%になる消費税を逃れるため、8%の税率で飲食する人のことをさします。

 

イートインコーナーで食べる場合は消費税10%となりますが、お持ち帰りの場合は軽減税率で8%となります。

イートイン脱税 とは
(画像引用元:https://amd.c.yimg.jp

 

そのため、自己申告せずにお持ち帰りの8%の税率で、イートインで食べ10%の消費税が逃れる「イートイン脱税」起きてしまっているようです。

 

ただ、軽減税率のことをよくわかっていない高齢者や子供は「悪意のない利用」として、イートイン脱税をしてしまっている例もあるようです。

イートイン脱税で罰則は?

消費税10%逃れとしてイートイン脱税をしたとしても、現在は制度上では問題はないとのことです。

国税庁は「倫理上どうなのかという観点は別になりますが」と前置きした上で、「軽減税率が適用されるかどうかの判定は、事業者が客に飲食料品を譲渡した時点で行われます。コンビニではレジで飲食料品を販売した時点で、判定されるため、(その後に客が店内で飲食していたとしても)制度上の問題はありません」と説明します。また、「自己申告をしたのに、8%で処理された」というケースは、事業者が最終的に適正な納税をしていれば脱税には当たりません」という見解を示しています。

引用:コンビニ「イートイン脱税」横行、客の9割が申し出ない店も 国は「制度上の問題ない」

ただ、倫理的には問題と思われるので気をつけてください。

軽減税率でイートインコーナーで客問題まとめ

軽減税率で食べ歩き増加で外観最悪?

軽減税率によりイートインコーナーだと10%になるため、お持ち帰りでそのへんに歩きながら食べたりと街の環境が悪化してしまったところもあるようです、

 

軽減税率のためにお持ち帰りし、あえてイートインコーナーを使わない客が増えました。

 

そして、お持ち帰りした客はそのばで食べ歩きするので、街の外観が悪くなってしまっているようです。

 

その結果、外で食べる弊害が増えて、家で食べる人が増える危険性が疑問視されているのでした。

スポンサーリンク

正義マンの告げ口対応

イートイン脱税を許さんとして、イートイン脱税した客を告げ口する正義マンも店員としては色々対応がめんどくさいと問題視されています。

 

正義マンは良かれと思い、店員にイートイン脱税をした客を店員に告げ口し、払っていない2%分を払わせようとします。

 

しかし、店員としては払っていない2%分を払わせたりと、8%を10%に切り替える対応をするコストが増えて面倒となります。

そのため、店側としては善意と思ってやっている正義マンも、コストを増やす迷惑客として問題視されています。

2%分返金を要求する客

正義マンだけでなく、イートインからお持ち帰りに切り替えるとして、2%分返金を要求する面倒くさい客も出現したようです。

何度も言いますが、店員にとっては「お預かりした税金」を国庫に納めるだけなので、8%を10%に切り替える対応をするコストが増えることが面倒となります。

 

そのため、2%分返金対応させる面倒くさい客が出て店員は困っているようです。

イートイン脱税とは?軽減税率で罰則は?正義マンや2%返金要求客で店員コスト増大?

イートイン脱税ですが、いまのところは罰則は無いようです。

 

それよりも、店側としては正義マンや2%返金要求客が、作業コストを増やして問題となっているようです。

 

軽減税率で色々問題が起きると思っていましたが、このイートインコーナー問題は深刻なので、なにか打開策を政府に考えてもらいたいです。

 

せばな~

スポンサーリンク