2017年4月3日放送の「結婚したら人生劇変!○○の妻たち」では、歌舞伎界の重鎮・市川左團次さんの嫁が登場します。

 

市川左團次さんの嫁はなんと、26歳年下のとのことですが、梨園に嫁いで大丈夫なのでしょうか?

また、なぜ26歳年下の嫁と市川左團次さんは結婚したのでしょうか?

 

ということで今回は、市川左團次さんの嫁と結婚した理由と、梨園の妻として大丈夫なのか調査していきたいと思います。


スポンサーリンク

4代目 市川左團次 プロフィール

市川左團次 嫁
(画像引用元:http://www.hochi.co.jp

本名      荒川欣也
生年月日    1940年11月12日
出身地     東京都
趣味      ゴルフ、パチンコ、麻雀

 

1947年5月に、 東京劇場で五代目市川男寅として、「菅原伝授手習鑑・寺子屋」の菅秀才役で初舞台を踏んだ市川左團次さん。

 

1962年に2月歌舞伎座「曽我の石段」で五代目市川男女蔵、1979年 歌舞伎座「京人」』の左甚五郎、「毛抜」の粂寺弾正で四代目市川左團次を襲名していきます。

 

そんな市川左團次さんは1981年に国立劇場優秀賞、2011年春の叙勲にて旭日双光章を受章、2017年には日本芸術院賞を受賞と歌舞伎界の重鎮として活躍しています。

市川左團次の嫁と再結婚した理由?梨園の妻として26歳年下でも大丈夫!

市川左團次さんはあっけらかんとした性格で、「自由奔放」「サービス精神旺盛」で女性にモテる性格をしながらイケメンです。

市川左團次 妻
(画像引用元:https://i.ytimg.com

そんな市川左團次さんは、21~22歳頃に結婚したてから別れて、30年くらいずっと独身でした。

 

ところが、当時、市川左團次さんの周りの独り身の方がどんどん倒れることがあり、「自分も1人で倒れたらそのまま死んでしまうのか」と不安になり、長生きするために結婚を考えました。

 

そしてモテモテな市川左團次さんは26歳年下の女性と、2006年に再結婚しました。

スポンサーリンク

梨園の妻として大丈夫?

26歳の年下の嫁ですが、一番の問題は梨園の妻としてやっていけるのかと思いますが、他の梨園の妻のような努力や苦労が無いと、市川左團次さんの嫁自身が語っています。

 

まず市川左團次さんとは年が離れていますが、舅も姑も既にこの世にいないので、色々言われないです。

 

更に市川左團次さんと嫁の間に子供がいないので、育児や世継ぎの為の色々な仕事といった苦労もありません。

 

それだけでなく、市川左團次さんはひいきにしている人とお付き合いをしない主義なので、梨園の妻として色々周りに気を使わなくてすんでいるとのことです。

市川左團次 結婚
(画像引用元:https://i2.wp.com

更に更に、市川左團次さんは生まれてこのかた頭痛や胃痛に悩まされた事など一度もないほど健康体で、今のところ、嫁が看病することもないようです。

 

また先輩奥様方も優しい方ばかりと、周りの先輩にも恵まれているので、梨園の妻として上手くやっていけています。

市川左團次の嫁と再結婚理由は長生きのため!梨園の妻として26歳年下でも苦労なし!

女性にモテモテな市川左團次さんは、長生きをするために結婚を考えて、26歳年下の女性を嫁にもらいました。

 

そして嫁は梨園の妻として苦労もなく、順調にやっていけてるのことです問題なそうですね。

 

今後も夫婦二人三脚で、仲良く暮らして下さい!

 

せばな~