岩手県を応援するポケモンのイシツブテの足が生えているように見えるが、透過処理しているから見えないと話題になっています。

 

そんな、岩手県を応援するポケモンのイシツブテとはどんなもので、透過しているのでしょうか?

 

ということで今回は、岩手県を応援するイシツブテの足が透過しているのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

イシツブテ足の色が透過処理?岩手応援で脚が透過レイヤーで見えない!

イシツブテ足の色が透過処理とは?

イシツブテの足が生えているように見えるが、透過しているとして使われる色「透過レイヤー」のため透過していると言われています。

 

「Photoshop」「GIMP」等の画像処理系を使うときに、背景が透過されている目印としてシマシマ色「透過レイヤー」が使われています。

イシツブテ 岩手県
(画像引用元:https://www.junk-word.com


(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

 

そして、イシツブテの足の色も同じくシマシマ色の「透過レイヤー」が使われているので、画像処理系を使った方々が透過していると認識したのでした。

 

そのため、このイシツブテの足の色は透過している目印であるシマシマ色が使われているので、透過されているのです。

スポンサーリンク

イシツブテで岩手を応援に足が透過で話題!

ポケモン「イシツブテ」が「岩」から「手」が出ているということで、岩手県をPRする“いわて応援ポケモン”として登場したが、足が透過していると話題になりました。

人気ゲーム『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモン「イシツブテ」が14日、岩手県をPRする“いわて応援ポケモン”に就任した。これを記念し岩手は6月1日から“いわ”タイプのポケモンたちを用いたキャンペーンを実施し、スタンプラリーや県産品コラボグッズの販売などを行っていく。都道府県が特定のポケモンとコラボレーションするのは、香川県・北海道・鳥取県・福島県に続いて全国で5度目となる。

起用理由については、イシツブテが18種類のタイプのうちの“いわ”タイプを持っており、ビジュアルも“岩”に“手”が付いている見た目から、岩手を象徴しているということで「いわて応援ポケモン」に選ばれた。

就任を記念して、岩手山や三陸鉄道などとコラボしたイシツブテのイラストや、ロック調なイメージソングも公開された。

また、今回のイシツブテの起用にネット上では、「岩から手が出ているイシツブテはまさに岩手にぴったり!でなるほどなぁとなった」「うちの県もポケモンとコラボかー。イシツブテの起用はセンスある」と喜びの声が。また、公開された画像に本来足がないイシツブテに足(?)のようなものがあることから「イシツブテの着ぐるみ、足を『透過』でなかったことにしてくるの天才でしょ」「足生えてますやん」「見えてない…見えてないからね、透過かよ!」「あれ、イシツブテに足が見え…ないよね、うんうん(透過)」と驚きと戸惑いの声もあり、ツイッターでトレンド入りしている。

引用:イシツブテがいわて応援ポケモンに 着ぐるみの足は「透過」

イシツブテ足の色が透過処理!岩手応援で脚が透過レイヤー色で見えない!

イシツブテが岩手を応援するということで登場しましたが、足があると突っ込まれました。

 

しかし、画像処理系をしている方であれば理解できる、透過の目印色が活用されているので、透過処理されているのです。

 

まさかの透過処理理論ですが、これならイシツブテのような足がないキャラも着ぐるみが作れそうで、今後の未来が明るいですね!

 

せばな~