現在もおきれいな飯島直子さんですが、実は今とは違って若い頃はけっこうなヌーディー姿を見せつけていたのです。

 

そんな、飯島直子さんの水着姿やヌーディー姿とは?

また、飯島直子さんと調べると現在も元気なのに「死因」と出てきますがいったい?

 

ということで今回は、飯島直子さんについて、

  • 飯島直子のヌーディーとは?画像まとめ!
  • 飯島直子の死因と書かれる理由は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

飯島直子 プロフィール

飯島直子 ヌーディ
(画像引用元:http://image.news.livedoor.com

愛称      なおちゃん、直子姉さん
生年月日    1968年2月29日
出身地     神奈川県横浜市港北区
血液型     A
カップサイズ  D
活動
デビュー    1988年
ジャンル    タレント
モデル内容   水着キャンペーンガール
他の活動    女優、キャンペーンガール

 

アルバイト先でスカウトされた飯島直子さんは、1988年に深夜番組「11PM」のカバーガールで芸能界デビューを果たします。

 

1989年にはSchickのレースクイーン、カネボウ水着キャンペーンガールに選ばれたり、1990年には「キリンビール」「宇部興産」のキャンペーンガール、1991年にはキグナスF3000のキャンギャル等と容姿を活かして活躍します。

 

1991年はテレビドラマ「マスカット・ムーン」で女優デビューしますが、当時深夜番組「DAISUKI!」のレギュラー出演で天然キャラがウケて注目を集めます。

 

1992年には人気バラエティ番組「スーパーJOCKEY」にレギュラー出演し、人気企画「熱湯コマーシャル」のサブ進行を務めたりと更にタレントとして活躍が目立っています。

 

また同年に網浜直子とデュオユニット「W-NAO」を結成して歌手としてもデビューしており、1996年からはソロ歌手としても活動を始めています。

 

1994年からはコカコーラ「ジョージア」に出演したことで「癒し系女優」としての人気が上がり、1997年には「智子と知子」でダブル主演でドラマ初主演、2000年には月9ドラマ「バスストップ」で単独主演を飾っています。

 

以降はタレント活動よりも、女優として数多くのドラマに出演が目立っており、活動していました。

飯島直子のヌーディ画像まとめ!死因の理由は?若い頃の水着姿も!

飯島直子のヌーディ・水着姿画像まとめ!

飯島直子さんは若い頃は水着姿をバンバン披露し、ヌード写真集「NAOの方舟」を出したりと、実は昔はヌーディーな姿を見せつけていました。

飯島直子 ヌーディ画像
(画像引用元:https://abc.imgxyqpdrs.xyz

 

以下が、飯島直子さんの水着姿とヌーディー画像となっています。

 

飯島直子 水着姿画像①

飯島直子 水着姿画像②

飯島直子 水着姿画像③

飯島直子 水着姿画像④

飯島直子 水着姿画像⑤

飯島直子 水着姿画像⑥

飯島直子 水着姿画像⑦

 

飯島直子 ヌーディー画像①

飯島直子 ヌーディー画像②

飯島直子 ヌーディー画像③

飯島直子 ヌーディー画像④

飯島直子 ヌーディー画像⑤

飯島直子 ヌーディー画像⑥

飯島直子 ヌーディー画像⑦

飯島直子 ヌーディー画像⑧

 

上記の画像もかなりヌーディーですが、他にもここには載せられないモロ出ししているのもあり、気になる方は「飯島直子 ヌード」と調べて下さい。

飯島直子の死因とは?理由は?

飯島直子さんはもちろん現在も元気ですが、これは名前が似ている飯島愛さんと勘違いされたようです。

飯島直子 ヌーディ画像
(画像引用元:https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp

飯島愛さんは2008年に突然の急死をし、その前に突然の芸能界の引退もあってエイズや睡眠薬中毒などの憶測だったりと怪死と話題になりました。

 

東京都監察医務院による病理検査の結果では死因は肺炎であったことが判明したが、36歳の女性が肺炎で死亡するのは非常に珍しいケース。

 

それだけ飯島愛さんがストレス過剰で精神的に追い詰められていたと凄惨な状態だったことが告白されています。

 

そんな、注目された飯島愛さんの突然で不明な死に周りは「死因」が気になり調べましたが、その時に間違えて名前が似ている飯島直子さんと検索してしまったのでした。

飯島直子のヌーディ画像まとめ!死因は飯島愛と勘違い?若い頃の水着姿も綺麗!

飯島直子さんは実は若い頃はけっこうなヌーディー姿を見せつけており、ここでは載せられない過激なところも見せつけています。

 

そのせいかは分かりませんが、名前も似ている怪死を遂げたとされる飯島愛さんと勘違いされ、元気なのに「死因」と検索されてしまったのでした。

 

そんな飯島直子さんですが、現在はさらに妖艶さが増し相も変わらずの色気で世の男性を魅了し、どんなところで活躍するのか気になります。

 

せばな~