ドキュメンタリー番組「ノーナレ」で今治タオル工場の働いている技能実習生として縫製工場で働いているベトナム人女性がひどい仕打ちを受けていると話題になっています。

 

そんな、ひどい仕打ちを受けている今治タオル工場はどこなのでしょうか?

また、技能実習生として縫製工場で働いているベトナム人女性はどんな仕打ちを受けて生きたのでしょうか?

 

ということで今回は、今治タオルブラック長時間労働について、

  • ひどい仕打ちを受けている今治タオル工場はどこ?
  • ベトナム技能実習生が受けてきた仕打ちの内容とは?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

今治タオル特定?技能実習生ブラック長時間労働で脳出血被害とヤバイ!

今治タオル工場特定?会社はどこ?

ひどい仕打ちを受けている今治タオル工場や場所は特定されたようですが、森清タオル(株式会社オルネット)の特定は間違っていたようです。

 

ドキュメンタリー番組「ノーナレ」で出てきた工場の外観により、工場がオルネットかと特定されました。

今治タオル 特定
(画像引用元:https://livedoor.blogimg.jp

今治タオル 特定
(画像引用元:https://livedoor.blogimg.jp

 

しかし、工場の大家はオルネットだが、問題のベトナム人にひどい仕打ちをしていたのは、工場を借りていた別会社だったようです。

今治タオル 特定
(画像引用元:https://www.j-cast.com

 

実際にオルネットは技能実習生の雇用しておらず、日本人だけ雇ってまっとうな職場環境であることを明言しています。

 

そのため、オルネットが犯人ではないが、今治タオル工場は特定されただけのようなので、決してオルネットに苦情は入れないください。

スポンサーリンク

ベトナム技能実習生が受けてきた仕打ちの内容

ベトナム技能実習生は今治タオル工場で、脅されて強制労働をされ、刑務所・奴隷のような環境だったようです。

あるベトナム人の技能実習生(30歳女性)は、75万円の借金をして日本に来た。家族の年収は20万円。日本にあこがれ、仕事を学ぶことを夢見ていた。ベトナムでは管理職の経験もあった。婦人服や子供服の縫製を学ぶはずだったのだが、されられた仕事はタオルの製造だった。

タオル工場では地獄のような生活が待っていた。

・あるときは朝7時半から夜11時まで労働。休憩は15分。朝方まで作業することもある

・レモンの絞りカスのようになりながら、泣きながらタオルを製造している

・ノルマが厳すぎて指が曲がっており、触るだけで痛いと訴える人

「婦人子供服製造」の職種にもかかわらず、タオル製造をさせられる(実習内容と異なる業種に従事させるのは違法)

・誰かに「何を作ってる?」と聞かれたら「婦人服や子供服」と答えるようにと、会社から指示されている

・役所が調査に入るときは、タオルを隠して子供服や婦人服の製造をする

残業は月に180時間(過労死ラインの倍)。だが残業代の支払いは40時間分のみ

・寮には28人の技能実習生に対して、粗末なむき出しのシャワーが4つだけ

昼も夜もわからない、窓のない部屋にみんなで暮らしている

・長雨の時期は、生乾きの臭いのする服をやむなく着ている

会社からは、ノルマを達成しなければベトナムに送還すると脅されている(前述の通り、借金をして日本に来ているため、借金を背負ったままベトナムに帰ると人生が詰む)。

・実習生たちの一部は、シェルターで保護されることになった

・その後会社側は、労働時間や作業内容がバレないようにするためなのか、作業報告書の作成をやめさせ、これまでの記録(7時半~22時までの労働を記載)は全部破棄された

番組全体としては、技能実習生側の告発や実習生が出してきた証拠、(会社側の協力なしでできる範囲の)NHKの取材などに基づく放送だった。会社側の意見も聞いてみたいところだが、NHKの取材申し込みは拒否され、質問状には回答がなかったという。

行政の介入もあり、結局、28人中8人が保護されシェルターに移された(2回にわけて4人ずつ)。

実習生は「日本の人たちや行政に、技能実習生の存在を知ってほしい。そして助けていただきたいです。技能実習生は労働力で日本に貢献しているのだから」と訴えていた。

引用:【ノーナレ】ベトナム人技能実習生、今治タオル製造の違法で過酷な労働実態を告発。残業180時間、粗末な寮、まるで奴隷

今治タオル 特定
(画像引用元:https://livedoor.blogimg.jp

今治タオル 特定
(画像引用元:https://livedoor.blogimg.jp

今治タオル 特定
(画像引用元:https://livedoor.blogimg.jp

 

それだけでなく、逃げることが出来なかったベトナム技能実習生は脳出血で意識不明の状態となったのです。

番組の最後に衝撃のお知らせがあった。以下である。

「6月初旬 工場に残った実習生が仕事中に倒れた。脳出血で意識不明の状態が続いている

会社側には質問状を送ったが回答はなく、外国人技能実習機構は「早急に事実を確認する」としている、とのことだが・・・・。

引用:【ノーナレ】ベトナム人技能実習生、今治タオル製造の違法で過酷な労働実態を告発。残業180時間、粗末な寮、まるで奴隷

このようにベトナム技能実習生を刑務所・奴隷のような環境で働かせ、最終的に脳出血で意識不明にさせるような事をしていたのでした。

今治タオル特定理由?技能実習生ブラック長時間労働とは?脳出血被害でヤバイ!

工場場所は特定されましたが、どうやらブラック会社はオルネットと勘違いされて問題が起きているようです。

 

オルネットに間違えられたのはいけませんが、このように真面目なベトナム技能実習生を奴隷のように扱うのは人として最低であり、日本としてイメージ最悪になります。

 

できれば、間違えて特定されないように、しっかりブラック会社を報道してもらいたいと感じました。