乃木坂46のアイドルだけでなく、ミュージカル女優として活躍している生田絵梨花さんですが、評価は下手と言われています。

 

なぜ生田絵梨花さんのミュージカルの評価は下手と言われているのでしょうか?

また、隅田川花火の態度が適当すぎて話題になっているのですが、どれくらい適当だったのでしょうか?

 

ということで今回は、生田絵梨花さんについて、

  • 生田絵梨花のミュージカル評価が下手な理由?
  • 生田絵梨花の隅田川花火の態度が適当で酷い?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

生田絵梨花 プロフィール

生田絵梨花 ミュージカル評価
(画像引用元:https://imgc.eximg.jp

生年月日    1997年1月22日
出身地     東京都
血液型     A型
身長      160 cm
活動
デビュー    2007年
ジャンル    アイドル、女優
所属グループ  乃木坂46
活動期間    2007年~

 

ピアノは3歳から始めており、小学生の頃「アニー」のミュージカルを観賞し、舞台女優を目指します。

 

2007年に「ココ・スマイル5 ~明日へのロックンロール~」で初舞台を踏んでおり、土曜日はピアノ、日曜日はクラシックバレエ等と曜日ごとに習い事と英才教育されていました。

 

中学3年生のころから歌やダンスが好きで将来は音楽の道に進みたいと考えていたところ、ちょうどインターネットで乃木坂46の1期生オーディションを知ります。

 

アイドルを目指していませんでしたが、子どもの頃からミュージカルを観に行くのが好きでステージという共通点があったことから、このグループは自分の目指しているところにあると考えて応募します。

 

そして、2011年に乃木坂46の1期生オーディションに合格し、また同年12月には第21回日本クラシック音楽コンクール(日本クラシック音楽協会)のピアノ部門に入選しています。

 

2012年2月に乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューし、9月には「16人のプリンシパル」で主演に選ばれます。

 

それから2014年10月にはミュージカル「虹のプレリュード」で主演を務め、2014年8月4日の乃木坂46の10thシングル「何度目の青空か?」で初のセンターを務めます。

 

2015年1月放送の「残念な夫。」でテレビドラマに初のレギュラー出演をし、2015年3月には音楽大学へ進学して多忙を極めていました。

 

2015年8月にはミュージカル「リボンの騎士」の主演、2016年の写真集はオリコン2016年上半期ランキングの写真集部門で1位を獲得します。

 

2017年1月には舞台「ロミオ&ジュリエット」でジュリエット役、同年5月から10月舞台「レ・ミゼラブル」でコゼット役とミュージカルでの活躍が増えていきます。

生田絵梨花のミュージカル評価が下手?隅田川花火の態度が適当!

生田絵梨花のミュージカル評価は?

生田絵梨花さんはもともとアイドルには興味がなくて舞台女優を目指していたこともあり、英才教育でピアノも実績があり、音楽大学に進学するほどです。

 

しかし、ミュージカルの評価を見ると、「下手」という意見がチラホラ見られます。

どうやらミュージカルファンからの下手な声が多く、一般からは上手いという評価もあるようです。

乃木坂アイドルが足かせになっている?

どうやら「乃木坂アイドル」という肩書が足かせとなり、特にミュージカルファンから嫌われているように見えます。

 

アイドルは生で歌っていないため、ルックス重視で歌が上手くないという印象があり、そのためミュージカルファンを納得させる敷居が高くなってしまっているようです。

 

また、抜擢された「レ・ミゼラブル」でコゼット役は、ベテラン女優の斉藤由貴、宝塚歌劇団でトップ女優の純名里沙、「アナと雪の女王」で圧倒的な歌唱力を見せた神田沙也加、現在はミュージカルで活躍している知念里奈等と錚々たるメンバーがいます。

生田絵梨花 ミュージカル評価
(画像引用元:https://cdnx.natalie.mu

 

そのため、ずば抜けた歌唱力か演技力をもつ錚々たるメンバーと比較するとハイレベルすぎて、生田絵梨花さんが下手に見えてしまったのかもしれません。

 

生田絵梨花さんは他のアイドルよりもかなりの英才教育で、音楽のレベルは高いと思いますし、今後の頑張り次第ではミュージカルファンを納得させることが出来ると思います。

 

実際にアイドル歌手としてデビューした早見優さんも「レ・ミゼラブル」でコゼット役を演じでおりますし!
(ただ早見優さんも単独で第24回日本レコード大賞新人賞を獲得と歌唱力が高いことで知られていますが…)

スポンサーリンク

隅田川花火の生田絵梨花の態度が酷い?

生田絵梨花さんは2018年7月29日に開催される「第41回隅田川花火大会」の中継のゲストとして呼ばれました。

 

ところが、その時の生田絵梨花さんの対応が態度が酷すぎると話題になったのです。

生田絵梨花 ミュージカル評価
(画像引用元:http://mv-gossip.up.n.seesaa.net

生田絵梨花 態度
(画像引用元:http://mv-gossip.up.n.seesaa.net

生田絵梨花 態度
(画像引用元:http://mv-gossip.up.n.seesaa.net

確かに放送中なのに気を抜きすぎているところが多々あり、隣の秋元真夏さんがフォローしているほどでした。

 

ただ炎上と言われる割には、のんきでかわいいという意見もあり、ファンとして貴重な場面だったのかもしれませんね。

生田絵梨花のミュージカル評価が下手な理由?隅田川花火の態度で炎上?

生田絵梨花のミュージカル評価が下手と言われるのは、ミュージカルファンが主で、やはりアイドル発というのがネックになっているようです。

 

また、過去に出演した方々が、演技力か歌唱力のどちらかがとんでもなく秀ででいるため、比較されると上手いが下手といわれてしまっているのでした。

 

そんな、生田絵梨花さんですが、花火を見る時はのんきすぎて炎上していますが、かわいいと好評。

 

今後もミュージカル女優としていつかミュージカルファンを納得させるほどの実力をつけて活躍して下さい。

 

せばな~