池袋暴走事件で飯塚幸三さんが逮捕されないで話題になっていますが、被害者遺族の母娘を亡くした旦那のコメントが悲しすぎると話題になっています

 

そんな、被害者遺族の旦那さんの悲痛な叫び・コメントとは?

また、被害者がこれだけ矢面に立っているのに、なぜ逮捕されないのでしょうか?

 

ということで今回は、池袋暴走事件について、

  • 池袋暴走の被害者遺族の旦那さんのコメント全文・動画!
  • 池袋暴走でなぜ逮捕されない?
  • 池袋暴走の犯人・飯塚幸三は上級国民?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

池袋暴走の旦那コメント全文・動画!被害者写真の公開理由!

池袋暴走の旦那コメント全文・動画

池袋暴走事件で母娘を失った旦那さんが記者会見をし、写真を公開した理由や、母娘を亡くした悔しさのコメントがあまりにも悲痛で話題になりました。

 

そんな、池袋暴走事件で母娘を失った旦那さんのコメントは以下となっています。

 まず最初に、事故現場の献花台にあふれるほどの花を手向けてくださった皆さま、妻と娘に寄り添い、心を痛めてくださっている皆さま、皆さまの温かい心に本当に感謝しています。

最愛の妻と娘を突然失い、ただただ涙することしかできず、絶望しています。

娘がこの先どんどん成長し、大人になり、妻と私の元を離れ、妻と寿命尽きるまで一緒にいる、そう信じていましたが、たった一瞬で私たちの未来は奪われてしまいました。悔しくて悔しくて仕方がありません。この悔しさはどれだけ時間がたっても消えないでしょう。

妻と娘は本当に優しく、人を恨むような性格ではありませんでした。私も2人を尊重し、本来ならばそうしたいです。ですが、私の最愛の2人の命を奪ったという、その罪を償ってほしいです。

この数日間何度も、この先生きていく意味があるのかと自問自答しました。しかし同時に、今回の事故での妻と娘のような被害者と私のような悲しむ遺族を、今後、絶対に出してはいけないとも思いました。そのために私は、妻と娘の画像を公開することを決断いたしました。妻はとても恥ずかしがりやで、フェイスブックなどで顔を公開することもないような控えめな性格でした。そのため本当に苦渋の決断でした。この画像を見ていただき、必死に生きていた若い女性と、たった3年しか生きられなかった命があったんだということを現実的に感じてほしいです。

現実的に感じていただければ、運転に不安があることを自覚した上での運転や飲酒運転、あおり運転、運転中の携帯電話の使用などの危険運転をしそうになったとき、亡くなった2人を思い出し、思いとどまってくれるかもしれない。そうすれば、亡くならなくていい人が亡くならずにすむかもしれないと思ったのです。

それぞれのご家庭で事情があることは重々承知しておりますが、少しでも運転に不安がある人は車を運転しないという選択肢を考えてほしい。また、周囲の方々も本人に働きかけてほしい。家族の中に運転に不安がある方がいるならば、今一度家族内で考えてほしい。それが世の中に広がれば、交通事故による犠牲者を減らせるかもしれない。そうすれば、妻と娘も少しは浮かばれるのではないかと思います。今回の事件をきっかけにさまざまな議論がなされ、少しでも交通事故による犠牲者がいなくなる未来になってほしいです。

旦那さんはこのような事故が少しでも無くなればと、恥ずかしがり屋な妻の写真を公開しました。

 

そして、何気ない旦那さんの母娘とのエピソードがリアルできつく、悲痛・悲しすぎるとの声が多く寄せられました…

 

そんな、平成最後の大事件なのですが、どこもこの大事な記者会見をライブしない所に、上級国民の闇を感じました…

スポンサーリンク

飯塚幸三が逮捕されない理由は上級国民

入院で捜査が不可能だと逮捕されない?

取り調べ等の捜査をすることが不可能な状況であれば逮捕されないとのことですが、前例に逮捕されている人がいるので批判されています。

 

「弁護士法人・響」の坂口香澄弁護士によると、

逮捕は、刑罰の一環ではなく、捜査の必要のために行われるものですので、身柄拘束をした状況で取り調べ等の捜査をすることが不可能な状況であれば逮捕はされません。

逮捕された場合、被疑者の身柄は、拘置所や留置所等の刑事施設に拘禁されますが、飯塚氏の場合、現在入院して治療の必要性があるということであれば、逮捕して身柄を拘禁することができません。

また、入院を要する状況であれば、身柄を拘束して取り調べ等の捜査をすることもできません。そのため逮捕しないという判断がされていると考えられます。

引用:池袋暴走「逮捕されない」本当の理由とは 弁護士が指摘する「あえてしない」可能性

と、飯塚幸三さんは入院しているから逮捕できないと語りました。

 

しかし、上記で記したように、高齢者で怪我を負っている人も普通に逮捕されています。

 

そのため、前例があるのに逮捕されないのは、入院という理由は建前で、本当は上級国民だと批判されているのでした。

逮捕の必要性(証拠を隠滅するおそれ)がないから?

逃亡するおそれや犯罪の証拠を隠滅するおそれ等の逮捕の必要せいがないが、飯塚幸三さんは息子に電話してFacebook等の証拠隠滅したとして批判されています。

 

「弁護士法人・響」の坂口香澄弁護士によると、

逮捕するためには、逮捕の理由(被疑者が罪を犯したと疑うに足りる相当な理由)に加えて、逮捕の必要性(逃亡するおそれや犯罪の証拠を隠滅するおそれがあること)が認められなくてはなりません。

飯塚氏の場合、事故を起こした事実は明らかなので逮捕の理由はあると考えられますが、入院して体の自由がきかない状況では、逃亡や罪証隠滅をはかるのは非常に困難であると考えられます。

そのため、警察が逮捕しようとしても、逮捕の必要性が認められない可能性もあります

引用:池袋暴走「逮捕されない」本当の理由とは 弁護士が指摘する「あえてしない」可能性

と、証拠隠滅したりする逮捕の必要性がないから、逮捕されないとのことです。

 

しかし、飯塚幸三さんは息子に電話してかは分かりませんが、事故直後に「Facebook削除」「経済産業省の勲章贈呈ページ削除」等と情報を消すという証拠隠滅・隠蔽疑惑が出ています。

 

 

そのため、逮捕の必要性がある証拠隠滅・隠蔽をしているのに逮捕されないのは上級国民だからと炎上しているのでした。

スポンサーリンク

飯塚幸三の顔画像は?上級国民で逮捕されない?

飯塚幸三さんは元官僚でクボタの元副社長の上級国民のため、さん付けして報道も控えていると噂されました。

 

実は母娘を交通事故を起こして死亡させた飯塚幸三さんは東大卒の旧通産省・元工業技術院長でクボタの元副社長、平成27年秋の勲章受章者をもらっている上級国民のようです。

 

そのため、このように上級国民をすぐに逮捕できない、報道できないと忖度したと、母娘を殺害した怒りも込めて批判が出ているのでした。

 

ただ、飯塚幸三さんは病院に搬送され入院しているから逮捕されておらずに今の所は「さん付け」となっており。

飯塚幸三さんが退院したらもれなく逮捕されて「容疑者」扱いになることでしょう。

 

そのため、退院後して逮捕された時に報道が「飯塚幸三容疑者」としっかり伝えたならば忖度はしていないと思うので、まだあわてるような時間ではありません。

飯塚幸三は足を悪くして運転辞めると言っていた…

池袋事故を起こした飯塚幸三さんは足が悪くて「運転は辞める」と言っていながら、運転して事故をおこしたのです。

 東京・池袋で19日昼、87歳の男性が運転する車に通行人が次々とはねられ、31歳の母親と3歳の娘が死亡した。運転していた飯塚幸三さんは周囲に運転をやめる意思を示したことがあったという。

飯塚さんと同じマンションの住人男性は今年、飯塚さんが駐車場にうまく車を止められず、前後に何度も動かす様子を見たという。「奥さんが外に出て『もっとハンドル切って』などとやっていた」。男性は「事故を心配していた。ショックです」。飯塚さんは1年ほど前、男性に「運転をやめる」と話していたといい、最近は足を悪くし、杖を使って外出していたという。関係者によると、飯塚さんは旧通産省の元工業技術院長で、農機大手クボタの副社長も務めていた。

引用:「運転やめる」告げていた87歳 猛スピードの目撃情報

 

飯塚幸三さんは昨年ほどから足を悪くし、1年ほど前には男性に「運転をやめる」と話していたほど運転するには危険な状態でした。

 

その結果、案の定運転をミスをし、3歳の女の子と母親が死亡する大惨事を起こしたのです。

池袋事故の現場の様子・内容は?

2019年4月19日に午後0時に高齢者ドライバーの飯塚幸三さんが10人はね、女児とその母親2人を死亡した大事故を起こしました。

19日昼すぎ東京 池袋で87歳の高齢者が運転する車が自転車に乗る親子などを相次いではねたあと、ごみ収集車に衝突し、横断歩道を渡っていた歩行者を次々に巻き込みました。この事故で3歳の女の子と母親が死亡し、8人がけがをしました。現場にブレーキをかけた痕はなく警視庁は赤信号を無視して交差点に進入したとみて事故の状況を調べています。

19日午後0時25分ごろ、東京 豊島区東池袋で、乗用車が横断歩道を自転車で渡っていた男性や親子をはねたあと、交差点でごみ収集車に衝突し、横断歩道を渡っていた歩行者を次々に巻き込みました。

警視庁によりますと、この事故で10人が病院に搬送され、このうち自転車で横断歩道を渡っていた近くに住む松永真菜さん(31)と、うしろの座席に座っていた娘の莉子さん(3)が死亡しました。

これまでの調べで、乗用車は最初にガードレールに接触する事故を起こし、70メートル先の横断歩道で自転車の男性1人をはね、その後、70メートルほど先にある横断歩道で死亡した親子をはねたということです。

さらに交差点を曲がろうとしたごみ収集車に衝突し、そのはずみで横断歩道を渡っていた歩行者4人を次々に巻き込んだということです

引用:87歳運転の車が歩行者次々にはねる 母娘死亡 8人けが

 

現場の様子は以下となっており、死んだ親子が乗っていた自転車は、重い電動アシスト自転車なのに溶接じゃない部分がちぎれる、凄惨な状況を物語っていました。

池袋暴走の旦那コメント全文!夫の記者会見動画や被害者写真を公開した理由が悲痛!

池袋暴走事件の旦那の記者会見ですが、あまりにもリアルな内容できついです。

 

特に被害者写真を公開した理由が「“妻は恥ずかしがり屋”だけど今度このような事故を起こさないため」という。

何気ない妻へのエピソードが、妻をすごく見ていて愛していたんだなと感じて余計辛く感じました。

 

そのため、上級国民で逮捕されないでいますが、そろそろ入院理由を辞めにして、しっかり責任を果たして遺族に謝罪だけでもしてください。

上級国民は逮捕されない?下級国民の逮捕まとめ!飯塚幸三なぜ?