度々特番だったりと池上彰さんの番組が人気ですが、グラフ捏造に子役を仕込んだりとやらせが暴露されています。

 

そんな池上彰さんの番組のやらせの内容は?

 

ということで今回は、池上彰さんの番組のやらせをまとめて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

池上彰番組やらせ!グラフ捏造に子役仕込み!テロップ捏造で謝罪!

プロ子役仕込みでやらせ?

池上彰さんの番組にて子役の子供を仕込んで印象操作をしていたことが発覚します。

 

池上彰さんの番組ではスタジオに小中学生70人を集めて池上彰が子供たちの疑問に答えていく形式があります。

 

その中で、トランプ大統領と安倍総理の関係について、小学生の意見がありましたが、答えているのが子役だということが判明しました。

池上彰 やらせ
(画像引用元:https://i1.wp.com

池上彰 やらせ
(画像引用元:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp

 

それだけなく、子役で仕込んでいることが続々判明していました。

池上彰 子役
(画像引用元:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp

池上彰 子役
(画像引用元:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp

池上彰 子役
(画像引用元:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp

 

池上彰 子役
(画像引用元:https://snjpn.net

池上彰 子役
(画像引用元:https://snjpn.net

 

池上彰 子役
(画像引用元:https://i2.wp.com

 

このように普通の子供達が集まったように紹介しているが、タレント事務所や劇団所属の子供達で仕込みでやらせと言われているのでした。

グラフ捏造でやらせ

今度の池上彰さんの番組ではグラフ捏造で印象操作をしていました。

一見上記のグラフを見ると、日本の方がアメリカよりも貧困層の変化が大きように見えるが、縦軸の数字が違うことが分かります。

 

そして、実際に縦軸の数字を直してみると、そこまで日本もアメリカも貧困層の変化にそんなに差はないことが以下のツイート主から判明しました。

 

このように捏造グラフを駆使し、番組は貧困層の悲惨さを訴えるために色々な主張してやらせと言われているのでした。

スポンサーリンク

テロップ捏造でやらせ

今度の池上彰さんの番組では韓国人が話している内容と字幕が完全に逆の意味にすり替える翻訳テロップ捏造を働いていました。

 

ソウルにいた高校生に街頭インタビューを申し込んだところ、「日本は嫌い」という答えが出てきました。

池上彰 やらせ
(画像引用元:https://i0.wp.com

 

ところが、北朝鮮専門の情報サイト「デイリーNKジャパン」編集長の高英起さんが女の子の正しい訳を紹介して、テロップ捏造が明らかになりました。

池上彰 やらせ
(画像引用元:https://i0.wp.com

池上彰 やらせ
(画像引用元:https://i0.wp.com

 

他にも主婦の「韓国人はみんな日本が嫌いだと思うわ」についての字幕も、韓国語が分かる人たちからは「少なくとも字幕のようには話してはいない」という意見が多数寄せられ。

池上彰 やらせ
(画像引用元:https://i2.wp.com

 

「日本人にはいい人もいますが国としては嫌いです」という発言も、正しくは「過去の歴史を…」という言葉が入っているはずとのこと。

池上彰 やらせ
(画像引用元:https://i0.wp.com

 

そんな捏造テロップの批判に、フジテレビは公式HPにて編集ミスがあったとして謝罪して認めました

池上彰 やらせ
(画像引用元:https://buzzap.net

6月5日に放送した金曜プレミアム「池上彰 緊急スペシャル!」において、韓国の方に日本についてインタビューしているVTRで、2カ所合わせて約10秒、翻訳テロップ並びに日本語吹き替えナレーションの内容と異なる映像を、誤って使用していたことが分かりました。

(1)女性がインタビューに答えるシーン

「嫌いですよ、だって韓国を苦しめたじゃないですか」と、答えている部分で、誤って、韓国を好きな理由について話している、「文化がたくさんあります。だから、外国の人がたくさん訪問してくれているようです」という映像部分を使用していました。この女性は、インタビューの別の部分で、実際に「日本が嫌いです」と答えています。

(2)男性がインタビューに答えるシーン

「日本人にはいい人もいますが、国として嫌いです」と、答えている部分で、誤って、「過去の歴史を反省せず、そういう部分が私はちょっと…」と話している映像部分を使用していました。この男性も、別の部分で実際にこのように発言しています。

いずれも、編集作業でのミスに加えて、最終チェックが不十分であったため、誤った映像を放送してしまいました。 視聴者の皆様、インタビューにご協力いただいた方々、並びに関係者の皆様にお詫び申し上げます。今後はこのようなことがないよう再発防止に努めてまいります

編集作業でのミスにしては、全然違うことを伝えていますが…

 

このように捏造テロップは認めており、やらせだったことが判明しております。

池上彰番組やらせ!グラフ捏造に子役仕込みにテロップ捏造で謝罪と印象操作!

池上彰さんの番組ですが恒例のグラフ捏造だけでなく、一般人に見せかけたプロ子役による印象操作。

 

さらに翻訳テロップは捏造で認めたりと、やらせがいくつも見つかっているようです。

 

ここまでやってしまうと、もう何があっているのか分からなくなりますね…

 

果たして今後も池上彰さんの番組ではプロ子役にグラフとテロップを捏造を駆使して印象操作を働くのかある意味注目ですね。

 

せばな~