池袋交通事故を起こした飯塚幸三さんですが、退院後もなぜか捕まらないと炎上しました。

 

そんな、飯塚幸三さんがどうしても捕まらない理由は?

 

ということで今回は、飯塚幸三さんが退院後もなぜ捕まらないのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

飯塚幸三は退院後もなぜ捕まらない?その後自宅で場所どこ?

飯塚幸三は退院後も事情聴取で捕まらず

飯塚幸三さんは退院後も警視庁は証拠隠滅や逃亡の恐れがないとして逮捕せず、任意で捜査で事情聴取で炎上しました。

 

そんな、どうあがいても逮捕されない飯塚幸三さんの様子に批判が殺到しました。

飯塚幸三は退院後も捕まらないのがおかしい理由!

加害者が入院中なら逮捕しないのはわかるが、退院後の事情聴取受けた時点で逮捕する普通の流れが起きていないと、おかしいと言われています。

 

実際に情報番組「ひるおび」に出演した弁護士の八代英輝弁護しも、退院後の事情聴取受けた時点で逮捕しないのはおかしいと、警察の説明を求めました。

「否認事件であって、今までは胸骨骨折で入院中だったので身柄拘束を見送るという運用は分かるんですが、退院されて事情聴取受けた時点で逮捕するのが普通だと思います」

「それをなぜ見送ったのかについて非常に違和感持っている人が多くて、やはり逮捕状請求の運用っていうのを警視庁は恣意的に行っているんじゃないかっていう疑惑を持たれると良くないと思うんですね」

「逃亡の恐れがないからとしているが、じゃあ逃亡の恐れがなさそうな案件で逮捕してこなかったのかというと決してそうではないので、この容疑者に関してなぜそういう運用するのかもう少し詳しく説明していただきたいと思います」

 

このように、少なくとも逮捕される普通の流れが出来ておらず、飯塚幸三さんの異例ということとなっています。

スポンサーリンク

飯塚幸三は無罪?実刑判決なしの理由?

飯塚幸三さんは起訴はされるが、実刑判決はされないと言われています。

 交通ジャーナリストの今井亮一氏(64)は過去の同様の判例から「男性が急に認知症となって裁判が受けられなくなることでもない限り、不起訴はないはず。罰金刑でなく、正式な裁判への起訴がなされるだろう。判決は禁錮3年、執行猶予5年というところじゃないか」と予想する。

今井氏は数々の踏み間違い事故(被害者死亡は1件)の裁判を傍聴してきたが、実刑判決は1つもないという。「被告人が前科もない普通の人で、過失による死傷事故だったから」である。

2011年に起きた東京都大田区の踏み間違い事故。女性ドライバー(70=当時)が駐車場を出て直進し、そのまま反対側のガードレールを突き破り、歩道に乗り上げ、下敷きになった歩行者の女性は死亡した。「被告人はセレブ風の女性で判決は禁錮3年、執行猶予5年。被害者が死亡していない他の踏み間違い事故はもっと軽い執行猶予判決だった」(今井氏)

一方、懲役刑になるケースは「自分の運転の危険性を認識していた場合」だ。15年、豊島区の池袋駅東口付近で運転中に精神科医の男がてんかん発作を起こして意識障害となり、車を暴走させて1人を死傷させた。「てんかん発作が起きる危険性を承知で運転していたとして、危険運転致死傷罪の判決は懲役5年」(同)

飯塚さんは「過失運転致死傷罪」に問われる見込みだ。今井氏は「高齢による認知や反応の衰えは危険運転致死傷罪に当たらない。当たらないけれども、衰えを自覚しながら運転したことが悪質と認定されたり、死亡者が1人でなく2人であることから、ぎりぎりで実刑判決もあり得るかもしれない」と語る。

引用:池袋・暴走87歳男の量刑 2人死亡10人負傷でも判例から実刑なしか

飯塚幸三さんのような踏み間違い事故は過去の裁判から実刑判決はなく、刑務所に入るだけで労働の義務はない禁固刑に執行猶予がつく形になるようです。

 

また、高齢者なため、「危険運転致死傷罪」より軽い「過失運転致死傷罪」になるらしく、死亡させたからなんとか実刑判決になるかもと希望的な要素しか無いのです。

飯塚幸三が逮捕されない理由は上級国民

入院で捜査が不可能だと逮捕されない?

取り調べ等の捜査をすることが不可能な状況であれば逮捕されないとのことですが、前例に逮捕されている人がいるので批判されています。

 

「弁護士法人・響」の坂口香澄弁護士によると、

逮捕は、刑罰の一環ではなく、捜査の必要のために行われるものですので、身柄拘束をした状況で取り調べ等の捜査をすることが不可能な状況であれば逮捕はされません。

逮捕された場合、被疑者の身柄は、拘置所や留置所等の刑事施設に拘禁されますが、飯塚氏の場合、現在入院して治療の必要性があるということであれば、逮捕して身柄を拘禁することができません。

また、入院を要する状況であれば、身柄を拘束して取り調べ等の捜査をすることもできません。そのため逮捕しないという判断がされていると考えられます。

引用:池袋暴走「逮捕されない」本当の理由とは 弁護士が指摘する「あえてしない」可能性

と、飯塚幸三さんは入院しているから逮捕できないと語りました。

 

しかし、上記で記したように、高齢者で怪我を負っている人も普通に逮捕されています。

 

そのため、前例があるのに逮捕されないのは、入院という理由は建前で、本当は上級国民だと批判されているのでした。

逮捕の必要性(証拠を隠滅するおそれ)がないから?

逃亡するおそれや犯罪の証拠を隠滅するおそれ等の逮捕の必要せいがないが、飯塚幸三さんは息子に電話してFacebook等の証拠隠滅したとして批判されています。

 

「弁護士法人・響」の坂口香澄弁護士によると、

逮捕するためには、逮捕の理由(被疑者が罪を犯したと疑うに足りる相当な理由)に加えて、逮捕の必要性(逃亡するおそれや犯罪の証拠を隠滅するおそれがあること)が認められなくてはなりません。

飯塚氏の場合、事故を起こした事実は明らかなので逮捕の理由はあると考えられますが、入院して体の自由がきかない状況では、逃亡や罪証隠滅をはかるのは非常に困難であると考えられます。

そのため、警察が逮捕しようとしても、逮捕の必要性が認められない可能性もあります

引用:池袋暴走「逮捕されない」本当の理由とは 弁護士が指摘する「あえてしない」可能性

と、証拠隠滅したりする逮捕の必要性がないから、逮捕されないとのことです。

 

しかし、飯塚幸三さんは息子に電話してかは分かりませんが、事故直後に「Facebook削除」「経済産業省の勲章贈呈ページ削除」等と情報を消すという証拠隠滅・隠蔽疑惑が出ています。

 

 

そのため、逮捕の必要性がある証拠隠滅・隠蔽をしているのに逮捕されないのは上級国民だからと炎上しているのでした。

スポンサーリンク

飯塚幸三の自宅マンションの住所は?

飯塚幸三さんの住所は「東京都板橋区弥生町61-6 ライフピア中板橋503」と言われています。

 

飯塚幸三さんはの自宅住所は日本計量新報社が発行する「計量史通信」に書かれていたものから特定されました。

飯塚幸三 板橋区弥生町
(画像引用元:https://new-smart.info

 

ただ、この情報は2005年と10年以上も前のものなので、飯塚幸三さんが引っ越している可能性があります。

下級国民の交通事故逮捕まとめ

怪我して同じ80代だけど逮捕

上級国民の飯塚幸三さんは怪我したから逮捕は免れたが、同じ高齢で怪我をした無職・川端清勝容疑者は逮捕されました。

 前橋市北代田町の県道で乗用車にはねられた自転車の女子高校生2人が重体となった事故で、群馬県警は9日午後、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、同市、無職川端清勝容疑者(85)を逮捕した。

県警によると、川端容疑者は「気が付いたら事故を起こしていた」と供述しており、体調面に問題がなかったか調べる。川端容疑者の家族によると、高齢なことや最近、物損事故を起こしたことからなるべく運転させないように気を付けており、9日も止めようとしたが止めきれなかったという。

重体の2人は市立前橋高3年大嶋実来さん(18)=同市元総社町=と同校1年太田さくらさん(16)=同市高井町1丁目。同校によると、始業式のため登校中だった。

引用:運転過失容疑で85歳男逮捕 前橋の高校生2人重体事故

 

この川端清勝容疑者の判例は、同じく高齢ドライバーで怪我をしていると比較され、やっぱり上級国民と下級国民で逮捕の差がでるのかと批判がでました。

パートの女で逃亡できないけど逮捕

今度はパートの女性なので逃亡はできなさそうだが逮捕されました。

23日午後4時10分ごろ、埼玉県さいたま市浦和区神明2丁目の市道で、道路の真ん中に座っていた、さいたま市南区の小学2年の男児(7)が乗用車にはねられた。男児は頭を強く打つなどして重傷。

浦和署は同日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していた同区神明、パートの女(58)を現行犯逮捕した。

同署によると、現場は県道と市道が交差する信号機のない交差点。事故が起きた市道は幅員約3・7メートルの狭い道路だった。男児は別の男児と下校途中だったが、道路の真ん中に一人で座り込んでいたところ、乗用車にはねられたという。近所に住む女性が119番した。

女は「衝突してしまったことに間違いない」と容疑を認めているという。同署で詳しい事故原因を調べている。

引用:小2男児、車にはねられ重傷 別の男児と下校途中、道路の真ん中に一人で座り込む/さいたま

 

この事件も同じく子供を轢いてしまい、現行犯逮捕されました。

 

しかし、パートの女性なので逃亡はできなさそうだが逮捕され、やっぱり上級国民で勲章持っているから逮捕されないと比較されて批判が出ました。

神戸バス事故で逮捕

飯塚幸三さんの事故後に起きた神戸バス事件ですが、こちらは普通に逮捕されてやっぱり上級国民は逮捕されないとすぐに比較されました。

 神戸市営バスがJR三ノ宮駅前の横断歩道に突っ込んで2人が死亡し6人が重軽傷を負った事故で、運転手の大野二巳雄容疑者(64)=自動車運転処罰法違反容疑で逮捕=が停留所を発進して横断歩道に突っ込む際に「前をよく見ていなかった」と供述していることが23日、捜査関係者への取材で分かった。

バスのドライブレコーダーには発進直前、車内で観光客に道案内する様子が記録されていた。兵庫県警は、客対応に気を取られた後に、前方不注意のままバスを動かした可能性があるとみて慎重に調べている。

引用:「前見なかった」と供述、神戸 不注意で発進か、バス事故

 

この事件でも2人が死亡する最悪の交通事故であり、当然のですが運転手の大野二巳雄容疑者は現行犯逮捕されました。

 

それなのに、飯塚幸三さんは現行犯逮捕されないであることが、直近だったこともあり、比較されて批判が出ました。

スポンサーリンク

飯塚幸三は退院後もなぜ捕まらない?その後自宅待機で逮捕されず…

飯塚幸三さんは入院中は捕まらないのは分かりましたが、退院後に逮捕されいのは流れとしておかしいようです。

 

これは飯塚幸三さんではなく、警察から説明が欲しいですが、こんなことをしているから「上級国民だから」「勲章持っているから」と言われてしまうでしょう。

 

果たして、飯塚幸三さんの動向もそうですが、こういった事件の警察の見解もしっかり説明してもらいたいですね。

加藤美南が山口真帆チャンネル変えてで黒幕?インスタ誤爆で本音暴露!