平昌五輪で表彰式が行われていて気になりましたが、なぜかメダルの代わりにぬいぐるみを貰っています。

 

なぜ平昌五輪の表彰式ではメダルの代わりにぬいぐるみが渡されるのでしょうか?

 

ということで今回は、平昌五輪表彰式ではメダルの代わりにぬいぐるみなのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

平昌五輪表彰式でメダルの代わりにぬいぐるみ?人形が渡される理由は?

平昌五輪では競技後の表彰式はメダルを獲得した選手を紹介したり、メダルの記念品が渡す「ベニューセレモニー」をしているのです。

平昌五輪 表彰式 ぬいぐるみ
(画像引用元:https://cdn.images-dot.com

 

そして、平昌五輪では翌日に「メダルプラザ(メダル授与の専用開場)」で行われる「ビクトリーセレモニー」でメダルを授与されるのです。

平昌五輪 表彰式 メダル
(画像引用元:http://www.yomiuri.co.jp

平昌五輪表彰式のメダルが後日の理由は?

設備のコスト削減

個別でメダルを渡したりと大々的な授与式を行うとなると、国旗掲揚のポールや音楽糖の音響設備の準備だったりとコストがかかります。

 

そのため、メダルを渡したりと大々的な表彰式を一か所の専用会場に設けることで準備も手間取らなく、コストを安くするためです。

安全面を考慮して

メダルを渡したりと長時間の授与式となると、寒くて体調を崩す可能性があります。

 

そのため、専用会場に設けて寒くない所でしっかり表彰式を行っているようです。

メダル盗難・紛失防止

個々の競技場にメダルを持っていくとなると、屋外競技もあるので、それだけメダルの管理が難しく、盗難されるリスクが高まります。

 

実際にロシアのような国では、必ずそういうトラブルが起きていたようです。

 

また、選手も興奮しているので、雪の中に落としたとなると紛失する可能性があります。

 

そのため、専用会場に設けてメダルも一箇所で管理することで盗難・紛失されるリスクを減らしているのです。

スポンサーリンク

ドーピング検査によりメダルの取り上げ防止

競技にはドーピング検査があり、もしドーピングしていた場合はメダルを剥奪されます。

 

そのため、少しでもメダル授与まで時間をおくことで、ドーピングした選手にメダルを授与するのを防ぐという考えもあるそうです。

平昌五輪表彰式でメダル代わりにぬいぐるみは安全考慮!人形で残念だけど…

平昌五輪で興奮冷めやらぬ中、メダルではなくぬいぐるみだと、少し残念な気がしますね。

 

しかし、これは安全やコスト削減だったりと、いろいろな理由があったのでした。

 

そのため、勝ったすぐにメダルが渡されないのは残念ですが、安全のためと温かく見守りましょう!

 

せばな~