兵庫県警がブラクラともいえないジョークスクリプトで大騒ぎしたことが無能だと話題になりました。

 

そんな兵庫県警がブラクラ事件でどれだけ無能なことを晒してしまったのでしょうか?

 

ということで今回は、兵庫県警がブラクラ事件でどれだけ無能と思われたか紹介したいと思います。


スポンサーリンク

兵庫県警ブラクラで無能?googleアナリティクス違反捜査で炎上!

兵庫県警が不正プログラム書き込み疑いで女子中学生を補導

兵庫県警はクリックすると同じ画面が表示され、消えなくなる不正なプログラムのアドレスをインターネットの掲示板に書き込んだとして、13歳の女子中学生を補導しました。

補導されたのは、愛知県刈谷市に住む中学1年生の13歳の女子生徒で、警察によりますと、インターネットの掲示板に、不正なプログラムのアドレスを書き込んだ疑いがもたれています。

このプログラムでは、クリックすると、画面の真ん中に「何回閉じても無駄ですよ?」という文字や、顔文字などが表示され続けるよう設定されているということです。

書き込みを見つけた警察が、インターネットの接続記録を調べ、4日、補導しました。
また、同じアドレスを別の掲示板に書き込んだ疑いで、山口県の39歳の無職の男と鹿児島県の47歳の建設作業員の男のそれぞれの自宅も捜索しました。

今後、書類送検する方針です。

警察によりますと、3人に面識はなく、それぞれネット上の別の場所にあったものをコピーして貼り付けていたということです。
調べに対し、いずれも容疑を認め、女子生徒は、「以前、自分が困ったことがあり、誰かがクリックすれば、おもしろいと思った」と話しているということです。

引用:不正プログラム書き込み疑い補導

兵庫県警 ブラクラ
(画像引用元:https://image.itmedia.co.jp

兵庫県警がブラクラURL張っただけでネット犯罪扱いして無能・無知?

兵庫県警のネット犯罪での補導ですが、URL張ったコピペしただけでブラクラ・ネット犯罪扱いはやりすぎで、いたずら程度しか逮捕できない無能だと炎上になりました。

 

ブラクラとは、ブラウザやコンピュータに何らかの悪影響を与えることが目的です。

 

しかし、今回問題となったURL先はイタズラだがブラウザやコンピュータに何らかの悪影響を与えるものでもなく、ショートコードでブラクラとは言えないほどのものだったのです。

確かに、いたずらとして女子中学生は反省しなければいけないが、わざわざ警察が補導して、NHKで放送するほどの大事ではないのです。

 

そのため、兵庫県警はブラクラにすらならないものをネット犯罪で不正プログラム書き込み扱いにしたことで無能

ちょっとしたイタズラだけで警察が注意どころか補導して、NHKで放送することのおかしさに炎上になってしまったのでした。

スポンサーリンク

兵庫県警が世界的に無能だとバカにされる?

そんな兵庫県警のブラクラ扱いに日本だけでなく、世界的にも「IT後進国の日本」とバカにされて無能だと言われてしまったのです。

 

まず、JavaScriptを発明したIT業界のレジェンドであるブレンダン・アイクさんからは「何の危険性もない」「10年前のブラウザでも何も起きない」「もし裁判になれば私が専門家の証人として安全性を立証しますよ」等と兵庫県警を批判。

兵庫県警 ブラクラ
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

兵庫県警 ブラクラ
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

 

さらに世界最大手ITメディアのZDNetは実際に問題のスクリプトへのリンクを貼った上で、兵庫県警を批判。

兵庫県警 ブラクラ
(引用元:https://www.zdnet.com

 

このように海外からも兵庫県警がブラクラともいえないプログラムで補導したことを無能だとバカにされてしまっていたのです…

「みんなで逮捕されようプロジェクト」の抗議で世界1位

日本でも、兵庫県警の無能さが批判され、兵庫県警が摘発したものと同じスクリプトを開発する「みんなで逮捕されようプロジェクト」で抗議されました。

しかも、この「みんなで逮捕されようプロジェクト」はオープンソースソフトウェアの世界ランキングで一位を獲得してしまったのです。

 

このように兵庫県警は日本からもIT関係者に煽られて、世界1位を獲得するほどシェアされてしまったのでした。

兵庫県警が自分で無能を暴露?

兵庫県警は女子中学生だけでなく、39歳の男性の家宅捜索もしましたが、その時に自分たちが無知であることを暴露していました。

また取り調べの終盤には、チーフの刑事から「いや~あなたが素直に認めてくれてこっちも助かったよ! プログラミングとかに詳しかったらどうしようかと思っていたけどね」というような言葉もありました。

今にして思えば、プログラミングに関する知識のある人が相手だと、今回の摘発が不当である事実を突きつけられる可能性があったから、刑事の誘導尋問通りにズルズルと答えてしまっていた知識の乏しい私に対して、最後の最後でつい口が滑ってしまったのではないかと思います。

引用:「あなたブラクラ貼ったでしょ?」→39歳男性を書類送検 検挙男性が明かす「兵庫県警“決めつけ”捜査の実態」

兵庫県警は無知であるため、刑罰をちらつかせて誘導尋問していたのでした。

 

そんな、分からずに決めつけて家宅捜索して誘導尋問と兵庫県警の無能ぶりを見せつけてしまったのでした…

スポンサーリンク

兵庫県警はGoogleアナリティクス違反で黙秘

兵庫県警は一般市民には違反と摘発しながら、兵庫県警自身はGoogleアナリティクス違反して黙秘していたことが判明しました。

書類送検の後に兵庫県警のサイトを確認したところ、利用者には告知せずGoogleアナリティクスを導入していたことも知りました。

Googleアナリティクスはcookieでデータを取得していることをプライバシーポリシーに明記する必要があると利用規約で定めているわけですから、兵庫県警はこの違反状態にあったということです。
自分たちはいい加減なことをやっておいて、私には反省を促すという兵庫県警の姿勢には甚だ疑問です。

ねとらぼ編集部では本件取材と並行して兵庫県警にも、「Googleアナリティクス」を利用者に無断で導入していた件について回答を求めていますが、3月20日現在回答は得られていません。

引用:「あなたブラクラ貼ったでしょ?」→39歳男性を書類送検 検挙男性が明かす「兵庫県警“決めつけ”捜査の実態」

 

兵庫県警はGoogleアナリティクスの規約を知らずに違反していたのか、とにかくまたしても無知であることを露呈。

 

しかも、一般市民には違反で厳しいのに、自身らは利用者のPCに負荷をかけたのに、黙秘するという体たらくで批判されていました。

スポンサーリンク

ネット被害のスマイリーキクチが女子中学生を犯罪者扱い?

そんな兵庫県警がネット犯罪で中学生の補導に、犯罪者扱いのネット被害を受けたスマイリーキクチさんが、女子中学生を犯罪者扱いして加害者側に回って炎上します。

先ほど言いましたが、女子中学生の行いはブラクラにすらならない程度で補導されるのはやりすぎであり、このままでは女子中学生が犯罪者扱いでネット被害を受ける可能性が高いです。

 

それなのに、同じく犯罪者扱いでネット被害を受けたスマイリーキクチさんが、女子中学生を犯罪者扱いして加害者に回ってしまったのです。

 

そのため、同じく言われない犯罪者扱いを受けたのに、女子中学生を犯罪者扱いしてスマイリーキクチさんに批判が高まっていました。

 

ただ、これに関してスマイリーキクチさんは反論しており、警察に捕まってしまう、自己責任だとツイートしました。

 

個人的には、スマイリーキクチさんはネット被害の恐ろしさを知っているのに、まだ犯罪が確定をしていない女子中学生を「犯罪に手を染めた」と犯罪者扱いして被害を受ける影響力をもっと考えて投稿してもらいたかったです。

兵庫県警ブラクラで無能無知が露呈?googleアナリティクス違反捜査!

兵庫県警のブラクラともいえないコードで補導・家宅捜索は日本だけでなく、世界からも無能・無知を露呈してしまったようです。

 

それだけでなく、兵庫県警らはgoogleアナリティクス違反をして、利用者のPCに負荷をかけるという反面教師となろうとしているのでした。

 

確かにここまで酷いことをしていれば、兵庫県警がいかにネット犯罪に知識が乏しいのかよく分かります…

 

とりあえず、兵庫県警は自らgoogleアナリティクス違反したので、前例に乗っ取って兵庫県警自らを補導・家宅捜索してくれることを祈っています。

生駒里奈の舞台乱入の犯人は佐々木で特定?ツイッター内容がヤバイ!