2018年7月から放送されているアニメ「百錬の覇王と聖約の戦乙女」が作画崩壊して、早くも覇権アニメだと言われているようです。

 

また、スマホを駆使して戦うことから、以前覇権を勝ち取ったスマホ太郎に似ていると言われています。

 

そんな、アニメ「百錬の覇王と聖約の戦乙女」とはどんな内容で、どこが作画崩壊しているのでしょうか?

 

ということで今回は、「百錬の覇王と聖約の戦乙女」について、

  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」の作画崩壊まとめ!
  • 「百錬の覇王」がスマホ太郎に似ている?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

百錬の覇王の作画崩壊まとめ!スマホ太郎枠で覇権アニメ決定?

2018年7月から放送されているアニメ「百錬の覇王と聖約の戦乙女」。

 

突如、剣と力が支配する「ユグドラシル」に来た周防勇斗が、現代知識と戦術を武器に異世界の王となり、契りを結ぶ戦乙女たちとの冒険を描いています。

 

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」はライトノベルで、すでに漫画化もされている作品です。

 

そんな「百錬の覇王と聖約の戦乙女」ですが、OPから作画崩壊していると言われてしまいます。

百錬の覇王の作画崩壊まとめ!

百錬の覇王で作画崩壊と言われたのが、オープニングでした。

確かにOPでは他にも手が抜いているのか作画崩壊していました。

 

そして、検証した所、キャラを遠目にする時に作画崩壊を発生しているようです。

上記の動画を見れば分かりますが、キャラをズームアウトしている時に、キャラが細かくなるので作画を手を抜いたのでしょう。

 

しかし、ズームアウトする前に作画を崩壊させたため、今回作画崩壊していると話題になり、他の所も作画崩壊していると調査されてしまったのでした。

 

ただ、以前の「メルヘン・メドヘン」「ダイナミックコード」等のツワモノに比べれば、そこまで気になる作画崩壊ではないと思われます。

スポンサーリンク

スマホ太郎枠でヤバイ?

「百錬の覇王」は周防勇斗が現代知識を駆使しますが、その調べ方がスマホで、以前覇権アニメだった「異世界はスマートフォンとともに。」と同じだと言われています。

百錬の覇王 スマホ太郎
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

「異世界はスマートフォンとともに。」はスマホを駆使して戦うハーレムアニメでした。

 

しかし、11話が原作 2ページ分だけだったりと、虚無感を味わえると覇権アニメとして活躍しました。

そんな、「異世界はスマートフォンとともに。」は「スマホ太郎」と呼称され、覇権アニメとして歴史を残しました。

 

この覇権アニメ「異世界はスマートフォンとともに。」と同じスマホを駆使して戦うことから、「百錬の覇王」はスマホ太郎枠と呼ばれて話題になりました。

 

このようにスマホ太郎枠として「百錬の覇王」は、一部の人から期待されているのでした。

百錬の覇王の作画崩壊まとめ!スマホ太郎枠で暗雲?覇権アニメ決定?

「百錬の覇王」ですが、検証した所遠目にする所を手を抜こうとしたが、ズームアウトする前に手を抜いて作画崩壊と言われてしまいました。

 

それだけでなく、スマホを駆使して戦うことも有り、以前覇権アニメで猛威を振るった「異世界はスマートフォンとともに。」に似ていると期待されています。

 

果たして「百錬の覇王」はスマホ太郎枠として、そして覇権アニメとして猛威を振るうか注目ですね!

ヨシコヨシコ

作画崩壊かもだけど「メドヘン」「ダイナミックコード」に比べればまだまだですよ
せばな~

ダイナミックコードの作画崩壊まとめ!追いピアノや背景がヤバい!

メルヘン・メドヘン作画崩壊まとめ!ボブネミミッミ化でダイナミック再来!