かつてはテレビでずばり言う占いで活躍していた細木数子さんですが、現在は激やせしているとのことです。

 

いったい、細木数子さんはどれくらい痩せたのでしょうか?

また、細木数子さんが痩せた理由は何なのでしょうか?

 

ということで今回は、細木数子さんが痩せたのかと、激やせした理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

細木数子は痩せた理由は余命で終活?激やせで病気か昔と画像比較!

細木数子の現在は激やせか画像比較!

テレビに出なくなった細木数子さんの現在は京都の邸宅裏に巨大寺院を建設しており、建設し終わったら引退すると語っています。

 

また、“後継者”探しもしており、2016年には事務所の代表取締役を務める男性が“細木”に改名しているので後継者も見つかったようです。

 

そんな細木数子さんの現在が昔と比べると痩せたとのことですが、実際に比べてみると…

細木数子 激やせ
(画像引用元:http://image.news.livedoor.com,http://media-groove.com

老いたというのもありますが、確かに痩せてきていますね。

 

さらに、角度によっては随分痩せられた衝撃的な画像もありました…

細木数子 痩せ
(画像引用元:https://i.ytimg.com

細木数子が痩せた理由は?

病気は嘘?

細木数子さんは2016年ごろに久しぶりに動画コンテンツで出演したりと表に顔を出しましたが、その痩せぶりに病気と心配されました。

細木数子 激やせ
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

 

そんな細木数子さんの痩せぶりに、記者が質問したようですが…

――ずいぶんお痩せになられたようですね。

「ずっと前からよ!」

――ご病気を心配する声もあがっておりますが……。

「してないわよ!」

相変わらずの、細木数子節でお元気のようです。

 

しかも、その後に少しだけ表情が優しくなると、「良く書いてよね」と穏やかな顔を見せていたのでした。

余命で終活の影響?

「私の寿命はあと5年。もう死に支度を始めているのよ」

細木数子さんは2014年秋頃の勉強会にて「寿命はあと5年」と語り、終活をしているとのことです。

 

だから実際に巨大寺院を建設したり、後継者を見つけ、ライフワークだった勉強会も2017年7月で終了しています。

 

そして、2014年に余命5年といえば、2019年には終えています。

 

このことから、現在は元気な姿を見せていますが、自身の余命を知り、衰退して痩せてきているのかもしれませんね…

スポンサーリンク

細木数子 プロフィール

細木数子 痩せ
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

別名義     細木先生
生年月日    1938年4月4日
出生地     東京府東京市渋谷区(現:東京都渋谷区)
職業      占師、タレント
活動期間    占師:1982年~、タレント:2003~2008年

 

16歳の頃にはミス渋谷に選ばれるほどの美貌を持ち、1955年には東京駅の高架下で「ポニー」というスタンドコーヒーの店を開いて、高校3年に中退して店を切り盛りしていました。

 

ところが「ポニー」は半年ほどで売却し、新橋のガード近くにクラブ「潤」を開いたが翌年には売却、1958年には銀座に「かずさ」を開きます。

 

1963年には客のプロポーズを受け結婚しますが、3ヶ月で婚家を飛び出し、1966年に離婚しています。

 

1975年には4億円の負債を抱えた島倉千代子の後見人としてこれを解決して成功し、1977年には芸能プロダクション「ミュージック・オフィス」を設立しています。

 

1982年からは占い師として活動して本を出版しており、「六星占術」ブームを巻き起こして人気占いとなります。

 

1990年代は細木本人が大殺界の時期だったのでメディアの露出は自粛していましたが、テレビ番組「料理の鉄人」には「コミュニケーションの場」と、異例のノーギャラで出演していました。

 

それから2004年頃から「ズバリ言うわよ!」「幸せって何だっけ」と2本のレギュラー番組を抱え、態度の悪い人に対して容赦ない指導に人気を呼びました。

 

しかし、「テレビの仕事の充電期間を設けたい」「本業の仕事に専念する」との理由により、2008年3月をもってのレギュラー出演を終了させてメディアの露出を減らしていきました。

細木数子は痩せた理由は余命で終活?激やせで病気は嘘で元気!

細木数子さんは確かに痩せていますが、現在も細木数子節は変わらず、元気なので病気は嘘のようです。

 

しかし、自身の余命を宣言しており、老いて衰退しているのが痩せているあらわれかもしれませんね…

 

ただ、現在も元気な細木数子さんであり、かつては寿命は250年と発言していたように、余命5年の予言は外れて、250年生きるのを的中させるくらい元気でい続けることを祈っています。

 

せばな~