堀ちえみさんはリウマチも患って、一時期は顔面がおかしいと話題になるほどでした。

 

そんな堀ちえみさんのリウマチはステージはどうなっているのでしょうか?

また、堀ちえみさんはリウマチの副作用により顔面にどんな影響が出たのでしょうか?

 

ということで今回は、堀ちえみさんについて、

  • 堀ちえみのリウマチのステージやクラスは?
  • 堀ちえみのリウマチでの顔面の影響とは?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

堀ちえみ、リウマチのステージは?薬の副作用による顔画像は?

堀ちえみさんは2016年3月からリウマチの症状が出始めており、現在もリウマチに悩まされていました

 

そして、2017年3月にブログでも自身のリウマチの症状を紹介していました。

ライブに来てくださった皆様は、
私がリウマチと神経痛を患って、
治療中だというのは、
途中のトークで話したので、
ご存知かと思います。

ただ、ブログでは発信していなかったので、簡単にお話させていただきます。

昨年の3月頃から体調が優れず、
だるさと眠気が取れない、
身体が痛い、右手の腫れなどの症状がありました。
それで4月に人間ドックを受けましたところ、血液検査により、リウマチの数値が高いということが判りました。

股関節外来でお世話になっている、
総合病院へ行きまして、
早い段階で治療を受けましたので、
相性の良いお薬もすぐに見つかりました。

それと同時に神経障害性疼痛も見つかり、
両方同時に治療中です。

神経障害性疼痛は、
これも身体がピリピリと痛み、
かなりきつかったのですが、
いいお薬を処方していただき、
今は本当に身体が楽になりました。

引用:リウマチのこと。

堀ちえみのリウマチのステージ・クラスは?

リウマチにはステージとクラスで症状が分けられています。

【ステージ】

ステージⅠ(初期)はX線検査で骨・軟骨の破壊がない状態、
ステージⅡ(中等期)は軟骨が薄くなり、関節の隙間が狭くなっているが骨の破壊はない状態、
ステージⅢ(高度進行期)は骨・軟骨に破壊が生じた状態、
ステージⅣ(末期)は関節が破壊され、動かなくなってしまった状態です。

【クラス】

クラスⅠ(ほぼ正常)は健康な方とほぼ同様に不自由なく生活や仕事ができる状態、
クラスⅡ(軽度障害)は多少の障害はあるが普通の生活ができる状態、
クラスⅢ(制限)は身の回りのことは何とかできるが、外出時などには介助が必要な状態、
クラスⅣ(不能)はほとんど寝たきりあるいは車椅子生活で、身の回りのことが自分ではほとんどできない状態です。

 

堀ちえみさんは早い段階で治療を始めたのでステージⅠ~Ⅱ。

仕事や家事をしながら、リウマチの治療を行っていたのでクラスもⅠ~Ⅱかと思われます。

 

ただ、リウマチがⅠ~Ⅱだとしても、堀ちえみさんは全身の痛みが起きたり、顔がむくんだりとやはり辛いものがあるのです。

堀ちえみがリウマチの薬の副作用で顔面崩壊?

堀ちえみさんはリウマチの薬の副作用のせいか、顔面がおかしいと話題になっていました。

堀ちえみ リウマチ 画像
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

堀ちえみ リウマチ 画像
(画像引用元:https://up.gc-img.net

堀ちえみ リウマチ 画像
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

堀ちえみ リウマチ 画像
(画像引用元:http://hirokunnews.com,https://pbs.twimg.com

上記の画像がテレビに出演した堀ちえみさんで、比べれば明らかに顔面がおかしいです。

 

やはりステージ・クラスがⅠ~Ⅱだからといって、リウマチはかなり重たい病気ということもが分かります。

 

何よりリウマチの薬の副作用と勘違いして、今回もステージ4の舌がんも気づくのが遅れています

 

そのため、堀ちえみさんはリウマチを患ったことで、かなり被害を被っていたのでした。

スポンサーリンク

堀ちえみ プロフィール

堀ちえみ 韓国
(画像引用元:http://hirokunnews.com

出生名     堀智栄美
生年月日    1967年2月15日
出身地     大阪府堺市東区
学歴      堀越高等学校卒業
ジャンル    アイドル歌謡曲
職業      歌手、女優
活動期間    1982年~1987年、1989年~
事務所     松竹芸能

 

1981年第6回ホリプロタレントスカウトキャラバンの優勝をきっかけとして芸能界入りを果たした堀ちえみさん。

 

1982年に「潮風の少女/メルシ・ボク」で歌手デビューし、1983年放送の人気ドラマ「スチュワーデス物語」で主演を演じて女優として活躍します。

 

以降は女優として「スタア誕生」「花嫁衣裳は誰が着る」等で主演として活躍し、1980年代の大映ドラマを象徴するキャラを演じ続けました。

 

1987年に一時引退しますが、1989年に松竹芸能に所属し芸能活動を再開し、外科医の男性と結婚して離婚、2000年に再婚を果たしています。

 

2001年には14年ぶりにCDをリリースし、2005年からは本格的に歌手活動を再開してソロコンサートを開いたりしています。

 

2010年には二度目の離婚をしますが、2011年に3度目の結婚、2017年にはデビュー35周年記念ライブと精力的に歌手活動をしています。

堀ちえみ、リウマチのステージはⅠ~Ⅱ?薬の副作用による顔画像で被害甚大

堀ちえみさんのリウマチのステージ・クラスはⅠ~Ⅱかと思われます。

 

しかし、Ⅰ~Ⅱだからといって被害は甚大で、一時期顔面崩壊したり、薬の副作用と勘違いして舌がんを気づくのが遅れたりしていました。

 

舌がんも大変ですが、現在も抱えているリウマチも大変で、本当に堀ちえみさんは大病に苦労を抱えてすごく大変だと改めて感じました。

スポンサーリンク