西日本の上空で火の玉の目撃が多数いて話題になっています。

 

そんな火の玉はどんなもので、火の玉の正体は何なのでしょうか?

 

ということで今回は、火の玉について、

  • 火の玉の目撃動画は?音がすごい?
  • 火の玉の正体は火球?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

火の玉の正体は火球?西日本や中国地方で目撃動画!

2019年1月3日の朝に西日本の上空で光の玉のようなものが流れ落ちる様子が目撃されて話題になっています。

3日朝早く、“光の玉のようなもの”が上空を流れ落ちる様子がNHKの各地のカメラに映っていました。ネット上では、この様子を目撃した四国や中国地方の住民とみられる「爆音で目が覚めた」「すごい音がした」といった書き込みが多数ありました。

奈良市にあるNHKのカメラでは午前4時50分ごろ、画面上から左に向かって光の玉のようなものが流れ落ちているのが映っていました。

カメラは、西の方向を撮影していて、光の玉のようなものは、流れ落ちる途中でひときわ明るく輝いたあと、そのまま上空の途中で消えたように見えます

光の玉のようなものが見えた詳しい状況はわかっていませんが、ツイッターでは四国や中国地方それに関西の住民からとみられる「隕石が落ちてきた」とか「火球っぽいの流れた」などといった書き込みが相次ぎました。

中でも、香川県内の住民とみられる書き込みでは、「爆音で目が覚めた」「すごい音がした」など光だけでなく、大きな音に驚いた当時の様子がうかがえます

火の玉の目撃動画は?

火の玉は様々な地域から見えて、すごい音をしたとのことで、以下の目撃動画が寄せられています

 

ただ、音に関しては動画にも捉えられておらず、ネットで伝わっての情報しかほとんどありませんでした。

スポンサーリンク

火の玉の正体は火球?

そんな火の玉の正体は、惑星のカケラが燃え尽きる時に光る「火球」とのことです。

国立天文台の縣秀彦普及室長は「小惑星かすい星のかけらが大気圏に突入し、燃え尽きる際に光る『火球』と呼ばれる現象であることに間違いない。今回は明るさからいってかけらは大きいと10センチ程度の可能性があり、比較的大きなものだ」と分析しています。

火球は比較的に大きいものであり、現在は色んな目的で動画を取る方々が多いので、だから様々な人が目撃できたようです。

火の玉の正体は火球?西日本や中国地方で目撃動画!

正月早々アルマゲドンかと話題になった火の玉ですが、すごい音で現代は動画を取る方々が多いので多数目撃情報が寄せられています。

 

そして、正体は火球らしく、未確認物体でないようです。

 

そんな巨大な流れ星ですが、新年早々なかなかおもしろい年明けとなりました。

 

せばな~