お茶の水女子大学附属中学校に入学した悠仁さまですが、悠仁さまの机の上に刃物が2本置かれた大事件が起きます。

 

そんな、悠仁さまに刃物が2本を置いた不届き者はどんな処罰をくだされるのでしょうか?

また、こんな危険があるのになぜ悠仁さまは学習院以外に通ってしまったのでしょうか?

 

ということで今回は、悠仁さまに起きた事件について、

  • 悠仁さまに刃物が2本を置いた不届き者はどんな罪になる?
  • なぜ悠仁さまは学習院以外に通ってしまったの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

悠仁さまに刃物で不敬罪・大逆罪?お茶の水の入学した理由は?

悠仁さまの机に刃物

2019年4月27日に悠仁さまが通うお茶の水女子大学附属中学校で、悠仁さまが座っている机に刃物が置かれる大事件がわかりました。

 秋篠宮家の長男悠仁さまが通う東京都文京区の中学校で26日、悠仁さまの机の上に刃物が2本置かれていたことが分かった。

学校の防犯カメラには同日昼ごろ、不審な男が侵入する姿が映っていたといい、警視庁は建造物侵入の疑いで調べている。

捜査関係者によると、26日夕、お茶の水女子大学付属中学校の関係者から「不審なものを拾った」と警視庁に連絡があった。同庁が調べたところ、棒状のものにテープで巻き付けられた果物ナイフのような刃物が悠仁さまの机の上に置かれていた。刃物は2本巻き付けられ、悠仁さまの机と隣の机にまたがるように置かれていた。文字などは書かれていなかった。机は一見しただけでは悠仁さまの席とは分からないという。

同校では26日、授業が通常通り、行われていた。刃物が見つかったのは同日午後といい、その直前、悠仁さまの学級はこの教室外での授業だった。同校の防犯カメラには同日昼前、工事業者のような青い服を着た男が1人で侵入する姿が映っていたという。

悠仁さまはお茶の水女子大学付属小学校を卒業して今春、同中学校に入学していた。

引用:悠仁さまの机にナイフ 通う中学校、不審な男の映像

しかも、悠仁さまの机を狙っていることから、悠仁さまの情報を知っているというかなり危険な事が分かっています。

 

そして、日本国民としては令和になる直前で天皇慕う国民感情が高い中での事件ですので、かなり怒りの声が出ているのです。

悠仁さまに刃物で罪は?不敬罪・大逆罪?

悠仁さまに刃物で罪は法令上はたとえ皇族に対して危害を加えるような事が起きても、不敬罪・大逆罪ではなく、一般国民と同じ罪になります。

 

日本にはかつて天皇、皇后、皇太子などに危害を加えると死刑にする「大逆罪」がありましたが、これは無くなりました。

 

次に天皇に準ずる皇族等に敬わない行為に対する「不敬罪」ですが、これは罪状がテロや殺人であっても扱いは一般国民を相手にした場合と同様となります。

 

そのため、今回の悠仁さまに刃物事件は、一般国民と同じ危害を加えようとした罪に問われます。

 

しかし、日本では天皇は国の象徴であり、現在は令和に変わろうと天皇を敬う国民感情がかなり高まってる時です。

だから、たとえ罪が一般国民と同じであろうと、日本国民としてはかなりの怒りの声で、犯罪者は日本にいることは出来ないですし、一生バッシングされるでしょう。

スポンサーリンク

悠仁さまがお茶の水女子大学附属中学校に入学した理由

悠仁さまがお茶の水女子大学附属中学校に入学した理由は、特別視を嫌ったことが有力視されています。

 

愛子様のいじめ問題以来、学習院が皇族を特別扱いが、共に学習院を卒業されている父母として納得出来ない気持ちがあったようです。

 

そして、悠仁さまのお茶の水女子大附属幼稚園入園が、女性研究者を支援する特別入園制度での合格だった事もあまりよくは思っていなかったようです。

 

そのため、特別視されないように特別なルートで入学しないように、また父母は幼稚園からのお友達と離したくないことからお茶の水女子大学附属中学校に入学させたとのことです。

 

他にも長女の眞子さま、次女の眞子さまのように海外留学させるため、お茶の水女子大学附属中学校に入学させたとも言われています。

悠仁さまに刃物で不敬罪・大逆罪はない?お茶の水の入学したのに…

悠仁さまに刃物事件は不敬罪・大逆罪はなく、普通の一般国民と同じ罪に問われるそうです。

 

しかし、日本国民としては令和になる直前で天皇慕う国民感情が高い中での事件ですので、激怒している日本国民は多いです。

 

そのため、個人的には犯人は二度と日本の地を踏めないほど、その報いを受けてもらいたいです。