40代とは思えないほどのキレイな肌や抜群のスタイル持っており、モデルやタレントとして活動をしている平子理沙さん。

 

そんな平子理沙さんですが、実は母親もすごい人物で、見た目もかっこよくてファンキーだと絶賛の声が多数寄せられているのです!

 

いったい、平子理沙さんの母親とはどんな人物なのでしょうか?

 

ということで今回は、平子理沙さんの母親はどんな人物なのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

平子理沙 プロフィール

平子理沙 母
(画像引用元:https://scontent.cdninstagram.com

別名義     平子 理彩
生年月日    1971年2月14日
出身地     東京都
血液型     A型
身長      164 cm
活動
デビュー    1990年
ジャンル    ファッション
他の活動    タレント

 

15歳で渡米し、現地の高校ではベストドレッサー賞を3年連続で受賞して19歳に日本に帰国した平子理沙さん。

 

原宿でのスカウトをきっかけに芸能界入りし、2000年にはフジテレビ主催の「第1回日本美人大賞」でグランプリを受賞しています。

 

その後はフジテレビF1中継(F1グランプリ)のレポーターをしたり、雑誌「JJ」でモデルデビューし、「ViVi」等の雑誌に出演してモデル活動もしていました。

 

2008年にはファッションブランド「three unicorns」をプロデュースとプロデュース業もしており、2010年には10年ぶりに歌手活動を再開とマルチに活動をしています。

 

近年は「ヒルナンデス!」等とバラエティ番組に出演してタレントとしての活動も目立っています。

平子理沙の母親・平子禧代子は日本ネイルの第一人者?

モデルとして活躍している平子理沙さんですが、その母親である平子禧代子さんがインスタの写真で2ショット写真を掲載したことで話題となりました。

平子理沙 母親
(画像引用元:https://scontent.cdninstagram.com

この画像にフォロワーからは「かっこいい」「ファンキー」等と母親について賞賛の声が多く寄せられていました。

 

そんな平子理沙さんの母親である平子禧代子さんはネイルアートを日本に広めた第一人者で、現在はロサンゼルスでプール付きの大豪邸に住んでいるようです。

 

実際にAKIMAKIビューティーアカデミー校長の秋葉万季さんは平子禧代子先生に師事を仰いでいます。

 

更に日本ネイリスト協会の創立30周年記念式典では、特別功労者部門功労賞を受賞されたりとやはり凄い方のようです!

 

ちなみに、平子理沙さんは初代ネイルクイーンとなっています。

スポンサーリンク

平子理沙の母親・平子禧代子は日本のネイル功労者でファンキー

モデルとして活躍している平子理沙さんですが、その母親も日本ネイルで先生として広めた功労者と凄い方だったようです。

 

それだけでなく、姿もかっこよくてファンキーと、まさに平子理沙さんの母親という感じですね!

 

今後もたまに母親との2ショットを見せてファンキーな姿を見せてもらいたいです!

 

せばな~