脱走した平尾龍磨容疑者が逮捕されましたが、なんと向島の海を泳いで渡ったことが判明しました。

 

そんな向島の海を泳いで渡れることが出来るのでしょうか?

また、どういった経緯で見つかって逮捕されたのでしょうか?

 

ということで今回は、平尾龍磨容疑者について、

  • 平尾龍磨が向島の海を泳いで渡れる理由!
  • 逮捕の経緯や、逮捕の瞬間の画像・動画は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

平尾龍磨が向島の海を泳いで渡った?泳げれるの?逮捕の瞬間の画像・動画は?

愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から平尾龍磨容疑者は脱走しましたが、2018年4月30日に広島市内で確保し、逃走容疑で逮捕されました。

平尾龍磨 泳い
(画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp

平尾龍磨容疑者は2018年4月8日に脱走し、現金や衣類が盗まれる被害が相次いだ広島県尾道市の向島に潜伏しているとみられていました、

 

ところが、島から西に約70キロ離れた広島市南区の路上で発見され、逮捕に至りました。

逮捕のきっかけは?逮捕の瞬間の画像・動画は?

逮捕のきっかけは、30日午前11時25分ごろ、南区にあるインターネットカフェの店員が「似た人がいる」と110番

 

30日正午前に、県警の捜査員が広島市南区の路上で平尾容疑者によく似た男を発見し、捜査員が身柄を確保したのでした。

 

上記が逮捕された瞬間の動画・画像となったおり、リアルな逃走・逮捕劇となっております。

 

逮捕された平尾龍磨容疑者は指紋などから本人と確認して確保されました。

 

そんな平尾龍磨容疑者は島外へは「海を泳いで渡った」と供述しているとのことです。

向島の海を泳いで渡れる?

向島と本州の間にある尾道水道は、最も短い場所で200メートル弱の距離しかありません。

平尾龍磨 泳い
(画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp

 

また、地元の男性住民(68)の話では、

「自分も泳いだことがありますが、潮止まりの時であれば泳いで本州側に渡ることは難しくなく、すでに島から泳いで逃げたのではないかとも思います」

と、潮止まりであれば泳いで渡れることは難しくないとのことです。

 

しかし、旅館の女性担当者に話を聞くと、

「地元の漁師の間でも、潮の流れが早いと有名な場所です。私も昔から、泳ぐのは危ないと教えられてきました。(平尾容疑者が)泳いで本州に渡ったと聞き、かなり驚いています」

と、潮の流れが早く潮止まりでなければ危険という事も判明しています。

 

そのため、潮止まりでなければ泳ぐことは難しい海域のようです。

スポンサーリンク

天気が荒れて危険な潮の流れの中で泳いだ?

平尾龍磨容疑者は向島の防犯カメラには24日夜に写っていたらしく、海を渡ったのは24日夜以降と見られています。

 

そんな海を渡ったと言われている24日は「大雨・洪水・強風・波浪・高潮」の注意報が出ていたのです。

 

となると天気荒れて、潮の流れが早いことで知られる海を夜に泳いだということになります。

 

確かに、天気が荒れていれば海で衣服が濡れたとしても怪しまれませんし、見つかりづらいです。

 

しかし、海を渡ることが一番困難な悪条件に泳ぐとは、それだけ平尾龍磨容疑者の泳ぐ身体能力は半端ないとのことです。

平尾龍磨の逮捕の画像・動画がヤバい!向島の海を泳いで渡れる身体能力!

平尾龍磨容疑者が無事逮捕されてよかったですが、泳いで海を渡ったとは驚きですね…

 

しかも、悪天候に危険な潮の流れが早い海を渡るとは、それだけ身体能力が高かったのでしょう。

 

しかし、脱走したのは悪いことなので、ちゃんと罪を償って服役してください。

ヨシコヨシコ

その身体能力を別ことで役立てろよ…(哀れ)
せばな~