声優事務所「響」に所属している若手女性声優へ向けた誹謗中傷被害が話題となっています。

 

そんな、誹謗中傷を受けた響に所属している女性声優は誰なのでしょうか?

また、どんな誹謗中傷を受け、どんな方が誹謗中傷をしたのでしょうか?

 

ということで今回は、誹謗中傷を受けた被害者と加害者は誰で、どんな誹謗中傷を受けたか調査したいと思います。

スポンサーリンク

響・進藤あまねに枕営業・下手と誹謗中傷したの誰!声優へのヤバいツイッター発言

誹謗中傷を受けたのは響・進藤あまね

誹謗中傷を受けた声優事務所「響」に所属している若手女性声優は、進藤あまねさんという方のようです。

 

進藤あまねさんは「バミューダトライアングル」「りばあす」「BanG Dream!」とメインキャラを演じたりと、人気作に抜てきされています。

 

また、以前から誹謗中傷の情報が流れていたため、「響の若手女性声優」というだけで、すぐに特定されていました。

どんな誹謗中傷を受けた?加害者は誰?

誹謗中傷では一部のアンチが「歌下手」「消えろ」だけでなく、「枕営業」といわれのない噂まで流すことをしていたのです。

進藤あまね 誹謗中傷
(画像引用元:https://pbs.twimg.com)

進藤あまね 誹謗中傷
(画像引用元:https://pbs.twimg.com)

進藤あまね 誹謗中傷
(画像引用元:https://pbs.twimg.com)

 

「ゴクウブラック」という方だったりと、一部のアンチが執拗に誹謗中傷を繰り返していたようです…

 

その結果、インスタのコメント欄は2020年5月13日に閉鎖しており、数ヶ月前からかなりアンチからの誹謗中傷が酷くなっていたようです。

スポンサーリンク

進藤あまねに誹謗中傷をした理由は?

進藤あまねさんに誹謗中傷をしたアンチに言い分だと、「歌下手なのにバンドリなどの人気作に抜擢されたから」のようです…

 

進藤あまねさんは大人気コンテンツ「バンドリ」のボーカルに大抜擢されましたが、評価は「歌下手」と言われてしまったようです。

 

そのため、一部のバンドリファンが進藤あまねさんのアンチとなり、「枕営業」だと最悪な噂を流したのでした…

響が若手声優の誹謗中傷に刑事告発

響に所属している若手女性声優への誹謗中傷が深刻化し、東京地検に刑事告発まで発展して話題になりました。

●「枕営業」人気声優への根拠なき中傷
グループの法務部長を務める井上智則氏が経緯を説明する。「響」所属の若手(女性)声優Aさんが中傷の被害者だ。

人気作品の重要な役に起用されたことをもって「権限者と不適切な関係があった」など枕営業を想起させる投稿や、Aさんの顔を用いたアイコラ画像のアップなどがあったという。

同社の声優らはツイッターなどのSNSを、基本的には自身で運用している。フォロー外の投稿・リプライをミュートしても、誹謗中傷が目に入ってしまうことは完全に避けられない。

グループとして看過することはできず、これまでに3段階の対策を実施してきた。

●めざましい効果があった対策第1弾
同社は5月14日の「弊社所属声優に対する迷惑行為について」と題したプレスリリースで、被害の存在を明かし、アカウントの凍結申請や、弁護士を通じた法的手段、および警察に通報・告訴することを通知した。

●対策第2弾をものともしない加害者
しかし、残る「1割」には警告が通用しなかったようだ。懲りもせず、Aさんへの中傷を続けたという。そこで、同社は6月11日に第2弾として追加のプレスリリースを打つ。

「警察への被害届の提出を含む手続・相談および発信者情報開示請求の手続き」をすでに始めたことを通知したのだ。しかしーー。

法的手続きの開始を知らせても、めぼしい効果はなかった。「投稿を止めるどころか、『この投稿は批判である』と自身を正当化し、人格否定や社会的地位をおとしめる発言を続ける人もいました」

●最後の第3弾「東京地検に刑事告発」
後述するが、同社は警察への被害申告や、SNS(ツイッター社)への削除申請も実施している。しかし、かんばしい成果は得られなかった。

同社は、様々な採り得る手段を検討したうえで、最終的に数名の中傷加害者に対して、名誉毀損罪で東京地検に刑事告訴状を提出した(7月6日付け。後に所轄警察署による刑事告訴受理に伴い取下げ)。ならびに、弁護士を通じて投稿者を特定するための情報開示請求を始めた。

Aさんの件は氷山の一角とみられる。誹謗中傷に対しては、事件化したものも含めて、これまでにもいくつかの声優事務所が法的措置の意向を表明している。

引用:「人気作に抜てき」で若手声優にネット中傷 事務所は刑事告訴「人格攻撃見過ごせない」

響・進藤あまねに枕営業・下手と誹謗中傷したの誰!声優へのヤバいツイッター発言まとめ・感想

誹謗中傷の被害を受けた響に所属している女性声優は進藤あまねさんだったようで、以前から一部のアンチが執拗に誹謗中傷していたようです。

 

そのきっかけが、バンドリに抜擢されて「歌下手なのに…」ということで、一部のアンチが過激となり枕営業という最悪な噂を流したのでした。

 

歌下手だとしても言い方があり、言われた進藤あまねさんの気持ちを考えて応援してもらいたかったです。

 

それだけでなく、「枕営業」という噂を流したのは許されざる行為であり、響さんはしっかり声優を守ってもらいたいです。

 

そして、進藤あまねさんはアンチなど気にせず、応援してくれる本当のファンのために成長し、歌下手と言ったアンチをギャフンと言わせてくれることを期待しています。

 

せばな~

スポンサーリンク