ぽっちゃり体型の元こぶ平の林家正蔵さんですが、激やせしたことで話題になっているようです。

 

そんな林家正蔵さんはなぜ、激やせしたのでしょうか?

 

ということで今回は、林家正蔵さんが激やせした理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

林家正蔵の痩せた画像!こぶ平が痩せた理由は病気とガセが出た理由は?

林家正蔵が痩せたが画像比較!

林家正蔵さんは役者としてどうしても出たかった作品が「ドクターX」であり、ドクターX の役作りのために痩せたのでした。

 

実際に小太りの林家正蔵さんと比べてみると…

林家正蔵 痩せ
(画像引用元:https://iwiz-chie.c.yimg.jp,https://img.cinematoday.jp

痩せ過ぎて頬のハリが無くなり、小太りということで「こぶ平」と名付けられた時と比べれば偉い違いですね。

 

そんな、従来のこぶ平のイメージを覆して、どうしても出たかった作品「ドクターX」で初登場で患者役でインパクトを残すために痩せたのでした。

痩せた方法は?病気は嘘?

林家正蔵さんは、基本的に夕方5時以降は食事を控えるなどして体重を落としたりと食事制限で痩せました。

 

他にもヒロミさんのジムでトレーニングをしたりと、運動で激やせしていったようです。

 

ただ、あまりにも痩せぶりに「病気では?」と噂もされてしまったようです。

 

また、師匠である林家こん平さんが病気ということもあり、こぶ平だった林家正蔵さんと誤解して病気を勘違したのかもしれませんね。

 

実際にネット検索で「こぶ平」と「こん平」が混同してヒットするので勘違したのでしょう。

スポンサーリンク

林家正蔵 プロフィール

林家正蔵 痩せ
(画像引用元:http://image.news.livedoor.com

本名      海老名 泰孝
名称      林家こぶ平(1978年~2005年)、9代目林家正蔵(2005年~)
生年月日    1962年12月1日
出生地     東京都台東区
活動期間    1978年~
活動内容    落語家

 

1978年に三平に弟子入りした林家正蔵さんは、小太りということで「こぶ平」と名付けられて1980年には林家こん平の門下になります。

 

1988年には古今亭志ん朝以来の最年少で真打に昇進し、第5回浅草芸能大賞新人賞受賞しています。

 

2005年3月には九代目・林家正蔵を襲名し、こん平が多発性硬化症で落語家としての活動が難しくなったこともあり、林家一門の“総帥”としてふるまう機会が増えます。

 

また、1970年から子役としてテレビドラマに出演したことを皮切りに俳優として活動をしており、1980年代以降は数々のドラマに出演したり、アニメの声優と演者として幅広く活動しています。

 

さらにマルチタレントとしてバラエティ番組への出演も多く、交配のヒロミ等に弄られる”イジられキャラ”として確立して人気を獲得しています。

林家正蔵が痩せた画像が病気みたい!こぶ平の激やせ理由は食事制限!

元こぶ平こと林家正蔵さんですが、どうしても出たかったドクターXでインパクを残すために激やせしたようです。

 

そのおかげで、従来の”小太りのこぶ平”のイメージを覆し、病気と心配されるほど印象を残したのでした。

 

しかし、クランクアップしたら思いっきりトンカツ食べると語っており、やはりそのままだと心配するので、早く思いっきり食べて小太りの林家正蔵さんに戻ってくれることを期待しています。

林家正蔵が西田ひかるの最初の男?こぶ平の恋愛遍歴?彼女を品定め?

せばな~