遥洋子さんが徴用工問題を賛成したりと反日で、在日韓国人と言われています。

 

そんな遥洋子さんは本当に在日韓国人なのでしょうか?

 

ということで今回は、遥洋子さんは在日韓国人なのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

遥洋子が在日韓国人の理由?本名が権洋子で帰化していた?徴用工賛成で反日?

遥洋子さんが在日韓国人と言われるのは、本名「権洋子(クォン・ヤンジャ)」、帰化名「権藤洋子」と言われているからです。

 

遥洋子さんは生年月日をなぜ伏せて、かなり韓国人よりな発言で怪しまれていました。

 

そんな中で1961年2月27日生まれが判明し、生年月日から照らし合わせて元々の名前が「権洋子(クォン・ヤンジャ)」で帰化後の本名が「権藤洋子」と言われたのです。

 

法務省が発行する官報に噂となっている生年月日をから、本名「権洋子」帰化名「権藤洋子」とされる人物の情報が掲載されたようです。

 

このように、本名「権洋子(クォン・ヤンジャ)」、帰化名「権藤洋子」と言われているから遥洋子さんは韓国人と言われています。

徴用工賛成に反日で韓国人?

遥洋子さんは徴用工の判決に賛成で、反日で韓国人だと言われてしまいます

 

しかし、徴用工問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みなのに、また蒸し返して金を揺するのは国際的におかしいです。

 

にも関わらず感情的になっているのに、日本が感情的になっているとわけのわからないことを遥洋子さんは言っているのです。

 

このように、明らかに徴用工問題の判決がおかしいのに、韓国を擁護するので遥洋子さんは韓国人と言われているのでした。

スポンサーリンク

遥洋子 プロフィール

遥洋子 韓国人
(画像引用元:https://i.daily.jp

出身地     大阪府大阪市出
職業      日本の作家、タレント、コラムニスト

 

1984年放送開始のテレビ番組「ときめきタイムリー」に出演し、約8年間に亘って上岡龍太郎とともに司会を務めております。

 

1986年には、テレビ番組「週刊トラトラタイガース」のキャスターとなり、その後14年以上に亘って川藤幸三と共演しています。

 

1997年から3年間、東京大学大学院の上野千鶴子ゼミに特別ゼミ生として通い、フェミニズム社会学を学んでおり、2000年には著作「東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ」がベストセラーとなりました。

 

1994年から放送のテレビ番組 「胸いっぱいサミット!」にレギュラーとして出演し、「ビビット」に準レギュラー出演。

 

ウェブサイト「日経ビジネスオンライン」でコラム「男の勘違い 女のすれ違い」、2010年4月から「遙なるコンシェルジュ『男の悩み 女の嘆き』」の連載を行っています。

遥洋子が在日韓国人の理由は本名が権洋子で帰化してた?徴用工賛成で反日露わに!

遥洋子さんが韓国人と言われるのは伏せていた生年月日から、本名が権洋子で帰化してたと言われたからです。

 

それだけでなく、徴用工問題も明らかにおかしいのに、韓国擁護をする発言が反日だからでした。

 

果たして遥洋子さんは本当に韓国人なのか、生年月日と言わずに国籍を見せてもらいたいです。

 

せばな~