日本だけでなく世界男子フィギュアスケートで活躍しつづけている羽生結弦選手ですが、鍛え上げられた太ももの太さに話題になっているようです。

 

やはり高難易度な技を繰り出すために、鍛えあげているのは当然ですが、いったいどれほど鍛え上げらているのでしょうか?

 

ということで今回は、羽生結弦選手がどれだけ筋肉ムキムキで美しいのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

羽生結弦 プロフィール

羽生結弦 太もも
(画像引用元:http://yzurulove.up.seesaa.net

愛称      ゆづ
生年月日    1994年12月7日
出生地     宮城県仙台市泉区
身長      171cm

 

4歳でスケートを始めた羽生結弦さんは、2004年10月に初出場した全日本ノービス(Bクラス)で優勝し、9歳で初めて金メダルを獲得します。

 

2007-2008シーズンでは中学1年ながら全日本ジュニア選手権で3位で、日本男子史上初の表彰台に上がり、2008-2009シーズンには全日本ジュニア選手権で初優勝を果たしています。

 

2009-2010シーズンには初戦のJGP トルン杯でJGP初優勝、世界ジュニア選手権でも優勝し、日本人男子としては初の中学生で4人目の世界ジュニアチャンピオンとなります。

 

2010-2011シーズン初出場で銀メダルを獲得し、男子選手としては四大陸選手権史上最年少のメダリスト、2011-2012シーズンには世界選手権で、初出場で銅メダルを獲得して日本男子史上における最年少記録となります。

 

2013-2014シーズンにはソチオリンピック金メダルを獲得し、史上二人目の「GPファイナル・冬季オリンピック・世界選手権」の主要3大会を全て制しての3冠達成をします。

 

2015-2016シーズンは史上初めてショートプログラムで100点、フリースケーティングで200点、トータルスコアで300点超えを達成した男子選手となっています。

 

それだけでなく、トータルで330.43点というスコアで再び全ての世界記録を更新し、男子選手としてISUグランプリファイナル史上初となる3連覇を成しとげています。

 

そんな羽生結弦さんは世界記録は2012~2017年の間に11回更新しており、世界ランキングは2013年10月より1位を保持している輝かしい記録を持っています。

羽生結弦の筋肉・腹筋ムキムキ画像は?太ももが太い?

一見細くてか弱そうに見えますが、脱げば筋肉ムキムキの羽生結弦さん。

羽生結弦 筋肉
(画像引用元:http://kintorecamp.huvjjtmj02bn.netdna-cdn.com

4回転ジャンプを5本組み込む構成したりと、高難易度に挑むほどですから、強靭な肉体は必要ですからね。

 

それだけでなく、羽生選手も憧れるエフゲニー・プルシェンコさんが、自身のTwitterで羽生選手との2ショット写真を公開しましたが、その太ももの太さに話題になったのです。

やはりこういった太い強靭な太ももがあるからこそ、何度も4回転ジャンプをしても支えられるのかと、羽生結弦さんの練習のハードさと凄さを感じた気がしました。

スポンサーリンク

羽生結弦の太ももが太い?筋肉・腹筋ムキムキだからこそ美しい演技ができる!

スケート上では美しく儚い綺麗さを感じますが、実際は肉体はバキバキだった羽生結弦さん。

 

しかし、だからこそ羽生結弦さんは高難易度の技を繰り出せて、そしてハードな練習をしてきたんだと改めて凄さを感じました。

 

今後も、世界男子フィギュアスケートのトップとして、活躍し続けることを期待しています!

 

せばな~