2017年6月2日放送の日本テレビ「究極の○×クイズSHOW 超問!真実か?ウソか?」で出題される問題で、気になる問題がありました!

 

「タネに氷を入れるとジューシーなハンバーグができる?」

 

ハンバーグを焼く前に氷を入れるとのことですが、これだと中が冷えて焼きづらそうに見えますが、本当にジューシーに焼けるのでしょうか?

 

ということで今回は、タネに氷を入れるとジューシーなハンバーグができるのかと、他に肉汁をアップさせる方法を紹介します。


スポンサーリンク

タネに氷を入れるとジューシーなハンバーグができる?他に肉汁アップさせる焼き方は?

実際にタネに氷を入れるとジューシーなハンバーグができるようです。

 

ハンバーグでパサパサになる理由としては、焼きすぎて中の水分(肉汁)が抜けてしまうことです。

ハンバーグ 氷を入れる
(画像引用元:http://blog-imgs-89.fc2.com

そこで焼く前に予めハンバーグのタネに氷を入れて、焼いた時にその氷が溶けて水蒸気となり、中から焼き上げて肉汁が入っているふっくらな仕上がりのハンバーグになるようです。

ハンバーグのタネに氷を入れる作り方

このハンバーグのタネに氷を入れる作り方には、他にも牛脂をいれる作り方が多いようです。

 

これは牛脂を入れることで、香りが付き、脂肪分が補われて更にジューシーと肉汁がアップするからです。

 

そして、作り方は通常通りにハンバーグのタネを作り、その中に細かく切った牛脂と氷を入れるだけです。

ハンバーグ 氷を入れる
(画像引用元:http://www.art-fun.net

さらに焼く時に強火で焦げ目が付くぐらいになったら、フタをして蒸し焼きにすると氷が溶けて水蒸気と化し、中までしっかり焼けるようです。

 

ただし、氷の入れ方はには違いがあり、真ん中に氷を押し入れる方法もあります。

ハンバーグ 氷 焼き方
(画像引用元:http://img-cdn.jg.jugem.jp

どちらかが良いのかは、自分で試して自分にあった最適の氷の入れ方を決めてみましょう!

他にハンバーグをジューシーに焼くコツは?

【パン粉】

パン粉をひき肉の量から一割ほど入れることで、肉汁を逃さず、ジューシーに焼きあがります。

更にパン粉が肉汁をある程度吸い取って、口当たりが良くなります。

ただし、入れ過ぎると吸い取り過ぎでパサパサになるので注意です。

 

【ゼラチン】

ゼラチンも入れることで、肉汁がアップしてジューシーに焼きあがります。

 

【少量の水分で蒸し焼き】

どうしても中が上手く焼けず、焼き過ぎでパサパサになる場合があると思います。

その際は、表面が焼けて生地をひっくり返した後に、水また酒を少量入れてフタをして弱火で焼きます

水分が水蒸気と化し、フタをすることで蒸し焼きとなり、焼きすぎなくても中までしっかり焼けて美味しくなります。

スポンサーリンク

ハンバーグのタネに氷を入れると肉汁アップでジューシー!焼き方のコツを覚えて美味しく!

ハンバーグのタネに氷を入れて更に牛脂を入れるだけで、美味しく仕上がるとは良いですね!

 

ただし、これでも上手くいかないということもあり得ます。

 

その際は、他にジューシーに焼き上げる、ボロボロにならない方法・コツを試して自分にあった最適なハンバーグの作り方を模索しましょう!

 

せばな~